オリーブオイルの保存方法。調味料のプロのおすすめです。

投稿日:2015年10月8日 更新日:

オリーブオイル 保存

栄養と風味を逃がさない、オリーブオイルの上手な保存法をご紹介します。

オリーブオイルの最大の弱点は、光に当てること。

オリーブオイルの入ったビンを、料理の後にキッチンに置きっぱなしにするのはNGです。

(一部情報元:TV「林修の今でしょ!講座」2015年10月6日放映)

オリーブオイルの保存法

オリーブオイル 保存

オリーブオイルを上手に保存するために知っておくべきことは2つあります。

オリーブオイルを保存するコツ
  1. 光をなるべく当てない。
  2. 涼しいところに置く。

このコツを踏まえて、先に結論を言うと、オリーブオイルは次のように保存するのがおすすめです。

オリーブオイルの保存方法
  1. ビンをアルミホイルで包む。
  2. 冷暗所(例えばシンクの下)で保管する。

オリーブオイルは光に弱い

調味料に詳しい、料理研究家の青木敦子さんによると、オリーブオイルは光に当ててはいけません。

オリーブオイルに光を当てると、空気中の酸素と油の成分が結合して酸化し、せっかくの優れた栄養分が、体に良くない成分に変わってしまいます。

ですから、それを防ぐためにオリーブオイルの瓶にアルミホイルをかぶせます。

そうすることで、栄養や風味をなるべく劣化させずにオリーブオイルを保存できます。

【ポイント】
オリーブオイルの瓶にアルミホイルをかぶせて保存する。

オリーブオイルは冷蔵庫で保存しない

オリーブオイルは涼しい環境で保存するのがおすすめですが、寒すぎてもダメなんです。

オリーブオイルは、10度以下になると早くも固体化してしまいます。

そのため、冷蔵庫で保管するのは適しません。
固まってしまうとすぐには使えませんし、冷蔵庫から出し入れする度に、固体と液体を繰り返していると、質が落ちてしまいます。

オリーブオイルのおすすめの保存場所は、シンクの下です。
温度が低すぎない冷暗所で保管するのが最も適しています。

【ポイント】
オリーブオイルは冷暗所(例えばシンクの下)で保管する。

以上、オリーブオイルの上手な保存方法でした。

アルミホイルで巻いて、シンクの下で保管するだけ。
特別な保存容器などは必要ありません。

試してみてください。

関連レシピ