やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

アスパラの下ごしらえと茹で方。アスパラガスの下処理と茹で時間を解説。

投稿日:2016年3月31日 更新日:

アスパラガスの下ごしらえと茹で方

アスパラの下ごしらえの方法と、下処理したアスパラの美味しい茹で方をご紹介します。

アスパラガスの下ごしらえ

アスパラの根元部分は硬いので、茹でても柔らかくなりづらいです。

ですから、アスパラを調理する際には、あらかじめ根元を切り落としたり、皮をむくなどの下処理をしてから使います。

アスパラガスのゆで方

硬い部分を取り除いたアスパラは、さっと塩茹でするだけですぐにサラダや和え物などに使えて、とても便利です。

アスパラを茹でるにあたっては、切ってから茹でる方法と、切らずに丸ごと茹でる方法の2種類があります。


切ってから茹でる

アスパラはそれなりに長さがあるので、切ってから鍋で茹でるのが一般的です。

短くしてしまえば、小さな鍋で茹でることも可能。

茹で時間は、1〜2分です。


丸ごと茹でる

一方で、丸ごと茹でる場合は、アスパラが入るくらいの大きめのフライパンが必要ですし、茹で時間もやや長めの2分半〜3分半程度かかります。

茹でる際には、根元の方だけを先に湯に浸し、時間差で穂先を加熱すると、全体に均一に火が通りやすくなります。

丸ごと茹でる方がやや面倒ですが、アスパラを切らない分、栄養や旨味の損失が少ないというメリットがあります。

それぞれの手順を詳しくお伝えします。


アスパラの下ごしらえ

最初に、アスパラガスの硬い部分を取り除くための、下処理の方法をご紹介します。


まず、アスパラの根元の硬い部分を切り落とします。

細いアスパラの場合は、根元の端まで使えることも多いですけど、太かったり、外国産アスパラだったりする場合は、根元近くが硬くて食べられないことがあります。
ですから、あらかじめそうした部分を取り除きます。

スーパーで買ったアスパラであれば、1センチくらい切り落とせば、それより上の部分は問題なく使える場合がほとんどです。

硬い部分が分からない場合は折ってみる
アスパラの硬い部分の見分け方

根元が硬いけど、どこまで食べられるか分からない場合は、根元を手で持って、この動画のように折ってみるといいです。

自然に折れた部分から下は、硬いので取り除きます。
上の方は、十分に柔らかいので食べられます。


はかまは基本的に取らなくてOK
アスパラのはかまの取り方

ちなみに、アスパラには「はかま」と呼ばれる三角形の葉のような部分がありますが、この部分は、基本的にはそのまま取らずに使えます。

スーパーに並んでいるアスパラだったら、取っても取らなくても、食感はほぼ変わりません。

ただ、お手元にあるアスパラがかなりワイルドで、はかまがすごく硬くてしっかりしているような場合には、上の動画のように、包丁で一つずつキレイに取り除くのがおすすめです。

また、繊細なお料理にアスパラを使う場合も、はかまを取ってから調理することがあります。

アスパラのはかまの取り方



次に、アスパラの根元の硬い皮をむきます。

皮は、ものにもよりますが、だいたい4〜5センチくらいむけば大丈夫です。

この工程は、包丁でもできますが、ピーラーを使った方がずっとラクです。
アスパラをまな板の上にのせてしっかり固定したうえで、ピーラーでむいてみてください。



続いて、調理しやすい長さに切ります。

サラダや和え物、また炒めものやカレーの具材にするのなら、4等分くらいが使いやすいです。

バーベキューや天ぷら、肉巻きだったら、丸ごとや2等分など少し大きめに切るのもアリです。


アスパラの茹で方


続いては、アスパラガスの茹で方についてです。

切ったアスパラガスと丸ごとのアスパラガス、それぞれについてお伝えします。

切ったアスパラガスの茹で方


切ったアスパラの場合は、小さな鍋でも茹でられます。

塩ゆですると色がきれい

アスパラの塩茹での手順は次の通りです。

まず、鍋に湯を沸かし、塩を加えます。

湯の量は、アスパラが完全に浸るくらい。
塩の量は、湯1リットルにつき、小さじ1くらいがおすすめです。

【調理のコツ】
塩を少量加えると、アスパラが色良く茹で上がります。

茹で時間は1〜2分


次に、アスパラを加え、たまに混ぜながら、1〜2分ほど茹でます。

ごく普通の太さのアスパラだったら、1分だと硬めに、2分だと、ほど良く食感も残しつつ柔らかくなります。
お好みで調整してみてください。



最後に、茹で上がったアスパラをザルに上げたらお終いです。

茹でたアスパラは、水に浸すと水っぽくなってしまうので、「おかあげ(水に浸さずに、ザルにのせて自然に冷ますこと)」するのがおすすめです。


丸ごとのアスパラガスの茹で方


続いては、アスパラを切らずに、丸ごと茹でる方法です。

まず、アスパラが入るくらいの大きなフライパン(もしくは鍋)を用意してください。

そして、切った場合と同じように、湯を沸かし、塩を加えます。

湯はアスパラが完全に浸るよりも少し多め。
塩の量は、湯1リットルに対して小さじ1程度です。



次に、アスパラを手で持って、根元の部分だけを湯に浸し、30秒ほど茹でます。

持ち方によっては結構熱くなるので、トングなどで持つのもありです。

【調理のコツ】
アスパラを丸ごと茹でる場合は、根元の太くて硬い部分に火が入りにくいので、根元の方から先に茹でます。

根元の方と穂先を時間差で茹でることで、全体が均一に柔らかくなります。


茹で時間は合計2分半〜3分半


次に、アスパラ全体を湯に浸し、2〜3分茹でます。

アスパラを丸ごと茹でる場合は、切った場合とくらべるとやや火が通りにくいので、少し長めに茹でます。



最後に、アスパラをザルに上げたらお終いです。

丸ごと茹でたアスパラは、切ってから茹でるよりも水っぽくなりにくいので、味が濃く感じられます。
そのうえ、栄養の流出も抑えられます。

大きいフライパンをもしお持ちであれば、ぜひ試してみてください。
茹でたあとに切り分けることもできるので、どんな料理にも対応できますよ。


アスパラのゆで方(レンジ)

ところで、当サイトでは、「電子レンジを使ったアスパラガスの茹で方」も紹介しています。

レンジは時短

レンジを使うと、お湯を沸かす必要がないので時短になりますし、そのうえ、水分を加えないので味と栄養が薄まることもありません。
それらの点では、レンジの方が鍋よりも優れています。

鍋は安定的な仕上がり

ただし、鍋で塩茹でした方が格段に色良く仕上がりますし、また、太さや形に応じた加熱時間の微調整もしやすいので、アスパラを安定的にキレイに柔らかく仕上げるためには、鍋の方がおすすめです。

忙しいときはレンジ、時間に余裕があるときは鍋、というように使い分けるといいですよ。

レンジでの加熱時間は、1束(100g)あたり600wで1分30秒が目安。
2本だったら、40秒〜1分くらいです。

リンク先も合わせて参考にしてください。

作り方を見る

関連記事

冷凍はまずい!アスパラの保存。冷蔵で保存期間をのばす方法を解説

アスパラガスの保存方法をご紹介します。冷凍と冷蔵の仕方と、それぞれの保存期間についてです。アスパラガスは、一般的には冷凍できると言…

アスパラのレンジを使った茹で方。茹で時間は1分半!弁当向けレシピも。

アスパラガスを電子レンジでチンする方法をご紹介します。アスパラをレンジで茹でる(蒸す)方法です。アスパラを何分加熱するかは、重さに…

アスパラのバター炒めのレシピ。アスパラガスの簡単コク旨おかず!

アスパラのバター炒めのレシピをご紹介します。アスパラガスをバターで炒めて、塩こしょうで味付けした、ぱぱっと作れる定番おかず。ジュー…

アスパラとウインナーソーセージ炒めの簡単レシピ。塩胡椒だけでコク旨!

ウインナーソーセージとアスパラを使った、炒め物の簡単レシピをご紹介します。ウインナーとアスパラをフライパンで炒めて、塩こしょうで味…

アスパラの肉巻きレシピ。人気の豚バラ巻き!お弁当にも合う豚肉おかず。

アスパラの肉巻きのレシピをご紹介します。豚バラとアスパラガスを使った簡単おかずのレシピです。醤油とみりんで甘辛く味付けをした、濃厚…

小松菜の洗い方と下ごしらえ。洗いやすさアップ!下処理の方法を解説。

小松菜の洗い方をはじめとした、下ごしらえ(下処理)の方法を解説します。

アスパラの切り方。作る料理に応じたアスパラガスの切り方を動画で紹介。

アスパラガスの切り方を動画でご紹介します。お伝えするアスパラの切り方は、全部で4パターン。作る料理に応じて、それぞれの方法を使い分…

水菜の茹で方。茹で時間は10秒。シャキシャキおひたしも簡単に作れる!

水菜の茹で方と茹で時間を解説します。水菜は、葉が柔らかいうえに茎もとても細いので、ごく短時間で茹で上がります。茹で時間は、トータル…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

幅広い料理に使える!しいたけの下ごしらえ。下処理の方法を動画で解説。

生しいたけの下ごしらえのやり方を解説します。しいたけを料理に使う際に必要な、下処理の手順についてです。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

冷凍も便利!しいたけの保存方法と保存期間。生椎茸を日持ちさせるコツ

しいたけを安心して長期で保存したいのなら、冷凍保存するのがおすすめです。冷凍すると食感が劣化する野菜が多いなか、しいたけをはじめと…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

賢く使い分け!しいたけの切り方6パターン。それぞれの名前と使い方。

しいたけでよく使われる切り方と、その名前と使い方を解説します。「花切り」や「四つ割り」、「そぎ切り」や「薄切り」など、合計6パター…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

天日干しが一番!干し椎茸の作り方。室内乾燥でも旨味と栄養がアップ。

生の椎茸を乾燥させて、干し椎茸を作る方法を解説します。椎茸の干し方には電子レンジやオーブンなどを使う方法もありますが、せっかく手作…

花切りから亀模様まで!しいたけの飾り切り。お洒落に可愛く見栄えをUP

しいたけの飾り切りの切り方を詳しく解説します。お伝えするのは2種類の飾り切り。「花切り」と「亀」です。花切り亀「花切り」は、しいた…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷水がベスト!干し椎茸の戻し方と戻す時間。早く戻すのならレンジもあり

干し椎茸(乾しいたけ)の「戻し方」と「戻す時間」について解説します。干し椎茸を美味しく食べたいのなら、冷水を使って戻すのがダンゼン…

干し椎茸の賞味期限と保存方法。基本は常温。戻した後は冷凍もあり。

干し椎茸(乾しいたけ)は、常温保存に向いた食品です。開封前はもちろんのこと、開封後であっても、乾燥した状態の干し椎茸は、常温で保存…

旨味も栄養も豊富!干し椎茸の戻し汁の使い方。保存方法やレシピも紹介。

干し椎茸の戻し汁を有効活用する方法をご紹介します。干し椎茸を戻したあとに残った戻し汁は、そのまま飲むとあまり美味しくありません。そ…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

最新記事

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

マヨネーズと味噌で味変!ほうれん草おひたしのアレンジレシピ。

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

旨味溢れる!刻み昆布の炊き込みご飯レシピ。乾燥切り昆布で滋味深く。

刻み昆布をたっぷりと使った、旨味豊かな炊き込みご飯のレシピをご紹介します。乾燥タイプの刻み昆布(切り昆布)を使うレシピになっていて…

マヨネーズと味噌で味変!ほうれん草おひたしのアレンジレシピ。

マヨネーズの風味をいかした、ほうれん草の味噌和えのレシピをご紹介します。茹でたほうれん草を食べやすく切って、マヨネーズと味噌とかつ…

芯まで美味しい!レタスしゃぶしゃぶ鍋のレシピ。鶏ガラ&豚肉でコク旨。

レタス1玉をペロッと美味しく食べられる、レタス鍋の作り方をご紹介します。レタスを芯まで残さず使い、豚肉とねぎとえのきを合わせた、し…

甘辛味噌でコク旨!かぼちゃと豚肉炒めのレシピ。ご飯との相性も抜群。

豚肉とかぼちゃを使った、手軽でおいしい炒め物のレシピをご紹介します。甘辛い味付けが食欲をそそる、ご飯によく合うおかずのレシピです。…

定番の美味しさ!ほうれん草の胡麻和えレシピ。ごまの風味でコク旨。

ほうれん草の胡麻和えのおすすめレシピをご紹介します。だしを使った人気の基本レシピになっていて、作り方はとても簡単です。だしに醤油を…