やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

なぜ固まる?はちみつの結晶化防止策と戻す方法を解説。実は冷凍も有効。

投稿日:2016年5月12日 更新日:

はちみつを使おうと思ったら、白っぽく固まっていたことってありませんか。

これは、寒い冬などによくある現象で、はちみつの成分が結晶化することによって起こります。

固まったはちみつも特に問題なく美味しく食べられますが、一方で、すこし使いづらくなるのも事実です。
はちみつが白く固まるのを防止する方法は、大きく2パターンあります。

  • 16度以上の暖かい常温に置く
  • 冷凍する

この記事では、はちみつがなぜ固まるのか、その理由をお伝えするとともに、固まるのを防ぐ方法と、固まったはちみつの戻し方を解説します。

はちみつが固まる理由

はちみつは、気温が低くなったり、振動させたりすることによって、固まります。
はちみつの成分である「ブドウ糖」が、こうした条件下で結晶化しやすいためです。

固まりはじめる温度は、だいたい15〜16度くらい。
冷蔵庫に入れたりしなくても、常温で気温が低いだけでも固まります。

また、はちみつの容器を強く振ったりすると、16度以上の場所でも結晶化することがあります。

固まったはちみつは食べられる

ただ、結晶化したはちみつは、食べても人体にまったく害はありません。
固まると使いづらくはなりますが、栄養や風味、品質は同じです。

シャリシャリ食感のはちみつが好きな方もいらっしゃるので、あまり気にせずに使い続けるのもアリだと思います。

ブドウ糖の含有量が低いと固まりにくい

ちなみに、同じはちみつでも、ブドウ糖の含有量が低いものは、比較的固まりにくいです。

はちみつの主要成分は、ブドウ糖と果糖。
ブドウ糖の含有量は、はちみつを採取する花の種類によっても違うようですが、水あめなどでかさ増しした本物ではないはちみつも、固まりにくい性質があります。

はちみつの結晶化を防止する方法

暖かい常温に置く

はちみつが固まるのを防ぐ一番簡単な方法は、16度以上の暖かいところで保存することです。
この温度条件を満たしたうえで、直射日光の当たらないあまり暑すぎないところに、静かに置いておくのが一番確実です。

とは言え、冬場に16度以上をキープし続けるのは、ハードルがかなり高め。
日本の気候だと、ほぼムリなのではないでしょうか。

そこで、代替案としておすすめなのが、冷凍保存です。

冷凍すると固まらない
冷凍すると、冷蔵よりも温度が低くなるので、より固まりやすいように思えるかもしれません。

でも、実際は、そうではありません。

はちみつが結晶化する温度帯には下限があって、5度を下回ると、逆に結晶化しなくなっていきます。
冷凍すると、その温度帯を大幅に下回るので、白く固まってしまうことはありません。

また、はちみつは、糖度が高いので、冷凍庫に入れてもカチコチには凍りません。

右の写真は、冷凍庫から取り出したばかりのはちみつです。

常温で保存したトロッとしたはちみつとくらべると、やや固まりますが、スプーンですくえる程度のかたさです。
使い勝手はやや落ちるものの、白く固まるのが嫌だという場合は、冷凍しておくと安心です。

固まったはちみつを戻す方法

ところで、固まって結晶化したはちみつは、温めることで、ふたたび元の液状に戻すことができます。

温め方にはいくつかの方法がありますが、当サイトのおすすめは、ややぬるめの温度で湯煎することです。

この方法は、はちみつ専門店さんなども推奨している方法で、はちみつの栄養面にも配慮した方法になっています。
60度以上になると、はちみつに含まれる酵素やビタミンなどの栄養素が損なわれやすくなるようなので、60度よりも低い温度で温めるのがポイントです。

はちみつを湯煎する方法

具体的には、熱湯をボールに入れ、ボールの中に小さい器を入れます。
そして、手をぎりぎり入れられるくらいまで熱湯を冷まします。
これで、小さい器がだいたい60度くらいに温まっています。

あとは、小さい器にはちみつを入れて温めるだけです。
しばらく置いても溶けない場合は、熱湯を少し足して温め直してみてください。

レンジで加熱するのもアリ

また、湯煎するのが面倒な場合は、レンジで軽く温めるという手もあります。

長く加熱しすぎると高温になって栄養素が損なわれやすくなるので、様子を見つつ加熱するといいですよ。

冷蔵庫はNG!はちみつの保存方法を解説。基本は常温、冷凍も便利。

はちみつは、保存性がとても優れた食品です。水分が少ないうえに糖度が高いため、常温のまま保存することができます。常温保存に適したはちみつですが…


ミントの上手な保存方法。冷凍・乾燥・冷蔵の仕方。

ミントの生葉の上手な保存方法をご紹介します。ミントの冷蔵・冷凍・乾燥の方法と合わせて、はちみつ漬けやミントティーのレシピもお伝えします。


じゃがいもの保存方法と保存期間!冷凍・冷蔵・常温の使い分け。

じゃがいものおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。じゃがいもは、野菜の中では、比較的「常温」での保存に向いた食材です。涼しい季節であれ…


さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

さつまいもの栄養についてお伝えします。さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。


開封後は冷凍がベスト!パン粉の保存方法。冷凍・冷蔵の賞味期限も解説。

パン粉を長持ちさせたいのなら、冷凍庫で保存するのが一番おすすめです。パン粉は、冷凍してもカチカチにならないので、冷凍庫から出してすぐに使うこ…


きのこの保存方法。冷凍保存すると旨味がアップします。

えのき・しめじ・しいたけ・舞茸などのキノコ類は、買ってきたら冷蔵庫に入れるのではなく、冷凍保存するのがおすすめです。冷蔵した場合と同じように…


きくらげの戻し方。水に浸けるのがベスト!お湯で早く戻す方法も紹介。

きくらげ(木耳)のおすすめの戻し方を2パターンご紹介します。水で戻す方法と、ぬるま湯で戻す方法です。1つめは、水で戻す方法。きくらげを戻すと…


ゆずの保存方法。大量保存もかんたん!果汁や皮を冷凍・冷蔵する方法。

柚子の上手な保存方法をご紹介します。柚子を大量に長期保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。特に手間がかからないのは、柚子を丸ごと冷凍する方…


おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。


梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。


らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。


紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ


新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方


そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。


バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。


人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ


蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。


牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。


ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方


ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ


えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。


トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。


ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。


ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。


とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…


梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作っていますが、いろいろ試した中で、初めてでも失敗しない簡単な漬け方をお伝え…


らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とても簡単です。らっきょうをきれいに洗い、根元を切るなどして下ごしらえをし…


紅しょうがの作り方。塩気控えめで食べやすい!新生姜の梅酢漬けのレシピ

紅しょうがの作り方をご紹介します。塩気と辛みを抑えた、食べやすい紅しょうがのレシピです。紅生姜の漬け方のポイントは、3つあります。1つめは、…


新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみの、甘酸っぱい薄切り生姜。ほど良い酸味が食欲を刺激する、和食のお供にぴ…


そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです。


バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかった、王道のバナナマフィンのレシピです。バナナの濃厚な甘みに、レモンの爽…


人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…


蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的な、人気のプレーン蒸しパンのレシピです。作り方は簡単で、小麦粉に卵・牛…


牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…


ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…


ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシピです。ささみカツは、豚肉を使ったトンカツよりも脂が少なく、さっぱりめ…


えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…


トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…


ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…


ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…


最新記事

そら豆はこの食べ方が一番旨い!さやごとグリル焼き。旨みを凝縮する焼き方


鶏そぼろのめんつゆレシピ。丼や弁当にも使える!簡単で美味しい作り方。


しば漬けで絶品!タルタルソースのレシピ。酸味と旨みで美味しさアップ。


濃厚コク旨!チンゲン菜のオイスターソース炒め。中華風の炒め物レシピ。


こんがりとろ甘!焼きバナナのフライパンレシピ。バターのコクで旨さUP


そら豆はこの食べ方が一番旨い!さやごとグリル焼き。旨みを凝縮する焼き方

そら豆の味を堪能するのにぴったりな、めちゃめちゃ美味しい食べ方をご紹介します。そら豆のグリル焼き。魚焼きグリルでそら豆を素焼きにして、シンプ…


鶏そぼろのめんつゆレシピ。丼や弁当にも使える!簡単で美味しい作り方。

めんつゆを使った、鶏そぼろのおすすめレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、とても美味しい鶏そぼろ。めんつゆで味をととのえるので、しっかりとした…


しば漬けで絶品!タルタルソースのレシピ。酸味と旨みで美味しさアップ。

フライやチキン南蛮などにおすすめの、タルタルソースのレシピをご紹介します。風味付けにしば漬けを使うのがポイントで、ごく一般的なタルタルソース…


濃厚コク旨!チンゲン菜のオイスターソース炒め。中華風の炒め物レシピ。

チンゲン菜をふんだんに使った、オイスターソース炒めのレシピをご紹介します。チンゲン菜をざっくりと切って、ニンニクと一緒に炒め、甘辛く味付けし…


こんがりとろ甘!焼きバナナのフライパンレシピ。バターのコクで旨さUP

こんがり甘い、焼きバナナのレシピをご紹介します。作り方は簡単で、バナナを、バターと砂糖と一緒にフライパンで加熱したらできあがり。バナナを縦半…