なぜ固まる?はちみつの結晶化防止策と戻す方法を解説。実は冷凍も有効。

投稿日:2016年5月12日 更新日:

はちみつが固まる(結晶化)

はちみつを使おうと思ったら、白っぽく固まっていたことってありませんか。

これは、寒い冬などによくある現象で、はちみつの成分が結晶化することによって起こります。

固まったはちみつも特に問題なく美味しく食べられますが、一方で、すこし使いづらくなるのも事実です。
はちみつが白く固まるのを防止する方法は、大きく2パターンあります。

  • 16度以上の暖かい常温に置く
  • 冷凍する

この記事では、はちみつがなぜ固まるのか、その理由をお伝えするとともに、固まるのを防ぐ方法と、固まったはちみつの戻し方を解説します。

はちみつが固まる理由

はちみつは、気温が低くなったり、振動させたりすることによって、固まります。
はちみつの成分である「ブドウ糖」が、こうした条件下で結晶化しやすいためです。

固まりはじめる温度は、だいたい15〜16度くらい。
冷蔵庫に入れたりしなくても、常温で気温が低いだけでも固まります。

また、はちみつの容器を強く振ったりすると、16度以上の場所でも結晶化することがあります。

固まったはちみつは食べられる

ただ、結晶化したはちみつは、食べても人体にまったく害はありません。
固まると使いづらくはなりますが、栄養や風味、品質は同じです。

シャリシャリ食感のはちみつが好きな方もいらっしゃるので、あまり気にせずに使い続けるのもアリだと思います。

ブドウ糖の含有量が低いと固まりにくい

ちなみに、同じはちみつでも、ブドウ糖の含有量が低いものは、比較的固まりにくいです。

はちみつの主要成分は、ブドウ糖と果糖。
ブドウ糖の含有量は、はちみつを採取する花の種類によっても違うようですが、水あめなどでかさ増しした本物ではないはちみつも、固まりにくい性質があります。

はちみつの結晶化を防止する方法

はちみつを暖かい場所で保管すると固まらない

暖かい常温に置く

はちみつが固まるのを防ぐ一番簡単な方法は、16度以上の暖かいところで保存することです。
この温度条件を満たしたうえで、直射日光の当たらないあまり暑すぎないところに、静かに置いておくのが一番確実です。

とは言え、冬場に16度以上をキープし続けるのは、ハードルがかなり高め。
日本の気候だと、ほぼムリなのではないでしょうか。

そこで、代替案としておすすめなのが、冷凍保存です。

冷凍すると固まらない
はちみが固まらない方法(冷凍庫に入れる) 冷凍すると、冷蔵よりも温度が低くなるので、より固まりやすいように思えるかもしれません。

でも、実際は、そうではありません。

はちみつが結晶化する温度帯には下限があって、5度を下回ると、逆に結晶化しなくなっていきます。
冷凍すると、その温度帯を大幅に下回るので、白く固まってしまうことはありません。

冷凍したはちみつ また、はちみつは、糖度が高いので、冷凍庫に入れてもカチコチには凍りません。

右の写真は、冷凍庫から取り出したばかりのはちみつです。

常温で保存したトロッとしたはちみつとくらべると、やや固まりますが、スプーンですくえる程度のかたさです。
使い勝手はやや落ちるものの、白く固まるのが嫌だという場合は、冷凍しておくと安心です。

固まったはちみつを戻す方法

固まったはちみつを湯煎で戻す

ところで、固まって結晶化したはちみつは、温めることで、ふたたび元の液状に戻すことができます。

温め方にはいくつかの方法がありますが、当サイトのおすすめは、ややぬるめの温度で湯煎することです。

この方法は、はちみつ専門店さんなども推奨している方法で、はちみつの栄養面にも配慮した方法になっています。
60度以上になると、はちみつに含まれる酵素やビタミンなどの栄養素が損なわれやすくなるようなので、60度よりも低い温度で温めるのがポイントです。

はちみつを湯煎する方法

具体的には、熱湯をボールに入れ、ボールの中に小さい器を入れます。
そして、手をぎりぎり入れられるくらいまで熱湯を冷まします。
これで、小さい器がだいたい60度くらいに温まっています。

あとは、小さい器にはちみつを入れて温めるだけです。
しばらく置いても溶けない場合は、熱湯を少し足して温め直してみてください。

レンジで加熱するのもアリ

また、湯煎するのが面倒な場合は、レンジで軽く温めるという手もあります。

長く加熱しすぎると高温になって栄養素が損なわれやすくなるので、様子を見つつ加熱するといいですよ。

関連レシピ