ブロッコリーの茎(芯)のきんぴらレシピ。マヨネーズで炒めてコク旨!

投稿日:2017年11月9日 更新日:

ブロッコリーの茎(芯)のきんぴら

ブロッコリーの茎(芯)を使ったきんぴらの作り方をご紹介します。

調理時間はたったの3分。
フライパンでさっと炒めるだけで完成の、コク旨おかずの簡単レシピです。

茎の皮は厚めに剥く

ブロッコリーの茎は普段捨ててしまいがちな食材ですが、皮を厚めに剥くことで食べやすさが大幅にアップします。

ブロッコリーの茎の切り方 また、細切りにすることで、短時間の加熱でも柔らかく仕上がります。
マヨネーズでコク旨きんぴら

さて、今回ご紹介するのは、ブロッコリーの茎のきんぴらレシピ。
味付けのポイントは、マヨネーズを油代わりにしてブロッコリーの茎を炒めることです。
火を入れることでマヨネーズの酸味は飛んで、コクと旨味だけが残ります。

マヨネーズ特有のクセはなく、ご飯のお供にもぴったり。
和食のメニューとも良く合いますよ。

テレビで話題になった料理

なお、このレシピは、千葉テレビの「モーニング・こんぱす」(2021年9月8日放映)で、お弁当おかずとしてご紹介いただきました。

ブロッコリーの芯のきんぴら

ブロッコリーの茎のきんぴら

「ブロッコリーの茎のきんぴら」のレシピです。

材料【2〜4人分:調理時間3分】
ブロッコリーの茎 80g
マヨネーズ 大さじ1(12g)
砂糖 小さじ1/4
醤油 小さじ1
白ごま 少々
作り方
  1. ブロッコリーの茎の皮を厚めにむき、80g分用意して、細切りにする。
  2. フライパンにマヨネーズを熱し、ブロッコリーの茎を中火で1〜2分炒める。
  3. 火を弱め、砂糖・醤油を加え、炒め合わせる。火を止めて、白ごまを振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ブロッコリーの茎の切り方
【工程1】
まず、ブロッコリーの茎の皮を厚めにむき、細切りにします。

このレシピでは、皮をむいたブロッコリーの茎を80g使いますが、手元にあるブロッコリーの量がこれよりも少なかったり多かったりする場合は、調味料の量を調整して作ってみてください。


ブロッコリーの茎をマヨネーズで炒める
【工程2】
次に、フライパンにマヨネーズ(大さじ1)を熱し、ブロッコリーの茎を中火で1〜2分炒めます。
ちなみに、マヨネーズ大さじ1は、12gです。

【調理のコツ】
ブロッコリーの茎は、マヨネーズで炒めます。

マヨネーズに火を入れると、マヨネーズらしい酸味は飛び、コクと旨味が残って美味しく仕上がります。


炒めたブロッコリーの茎に砂糖と醤油を加える
【工程3】
続いて、火を弱め、砂糖(小さじ1/4)・醤油(小さじ1)を加えます。


ブロッコリーの茎を炒める
炒め合わせます。


炒めたブロッコリーの茎に白ごまを加える
火を止めて、白ごま(少々)を振ったら完成です。


ブロッコリーの茎のきんぴら

ブロッコリーの茎は、固すぎず柔らかすぎず、ちょうどよい食感があります。

細切りにした1本1本に味がしっかりと染み込んでいて、コクと旨味もたっぷり。
口に入れるとごまの風味がふわっと広がって、熱々のご飯との相性も抜群です。

ブロッコリーの茎の使いみちにお困りなら、ぜひこのレシピを試してみてください。
たったの3分で美味しいおかずが作れますよ。

関連レシピ