ゆで卵をフライパンで水から作る。半熟もOK!簡単&時短な作り方。

投稿日:2019年3月11日 更新日:

ゆで卵のフライパンを使った作り方

フライパンを使った、ゆで卵の時短レシピをご紹介します。

調理のポイントは、少なめの水を使うこと。
そして、卵を水から加熱することです。

卵と水をフライパンに入れ、蓋をして火にかけると、1分ほどで沸騰します。
4分くらい蒸したら火を止めて、半熟だったら3分、固ゆでだったら10分置くだけです。

とても簡単ですよ。

ゆで卵のフライパンレシピ

フライパンで作ったゆで卵

フライパンを使ったゆで卵の簡単レシピです。

卵は水から加熱します。

材料【4個分:調理時間8〜15分】
4個
200ml
作り方
  1. 卵と水をフライパンに入れ、フタをして中火にかける。
    沸騰してから4分加熱する。
  2. 4分経ったら火を止めて、フタを外さずに、フライパンをコンロにのせたままの状態で、半熟の場合は3分、固ゆでの場合は10分置く。
  3. 卵を冷水につけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

ゆで卵を水からフライパンで作る

【工程1】
まず、卵(4個)と水(200ml)をフライパンに入れます。

【調理のポイント】
少量の水を使って、短時間でゆで卵を作ります。

ゆで卵をフライパンで加熱する

次に、フタをして中火にかけます。

そして、沸騰してから4分加熱します。
この間の火加減は中火くらい。
フライパンの中が沸騰している状態を保ち、常に湯気が出るようにしてください。

フライパンのフタが無い場合

このレシピでゆで卵を作るには、蓋が必要不可欠です。
蓋なしはNG。
蓋を閉めてフライパンの内部に熱い蒸気を充満させることで、卵を加熱するためです。

蓋付きのフライパンがない場合は、蓋付きの鍋を代わりに使ってもいいです。
ただし、あまり大きくない鍋を使ってください。
鍋が大きすぎると、鍋の中の蒸気が早く冷めてしまうためです。

もし、手頃な鍋もなければ、別の方法でゆで卵を作ります。
この記事の後半で、ゆで卵の作り方を他にも4種類ご紹介しているので、そちらがおすすめです。


ゆで卵をフライパンで蒸す

【工程2】
4分経ったら火を止めて、フタは外さずに、また、フライパンはコンロにのせたままの状態でしばらく置きます。

置く時間は、半熟の場合は3分。
固ゆでの場合は10分です。


フライパンで蒸したゆで卵を水で冷やす

【工程3】
最後に卵を冷水に浸したら完成です。

【調理のポイント】
アツアツの卵を冷水に浸すと、殻がむきやすくなります。

ちなみに、卵は、新鮮なものを使うよりも、古いものの方が殻がむきやすいです。


フライパンで作ったゆで卵の加熱時間ごとの比較

出来上がりは、こんな感じになります。

上の4切れが固ゆで。
黄身がしっとり仕上がります。
もう少ししっかりめの固ゆで卵にしたい場合は、加熱時間を1分延ばして5分にするといいですよ。
火を止めてから置いておく時間は、10分のままでOKです。

下の4切れが半熟です。
こちらは、とろとろの食感に仕上がります。

フライパンの蓋がない時のゆで卵レシピ

最後に、蓋付きのフライパンもしくは鍋をお持ちでない方のために、ゆで卵のおすすめの作り方を他にもご紹介します。

ゆで卵のフライパン蓋なしレシピ

鍋を使うのが苦でなければ、ごく一般的なゆで卵の作り方をおすすめします。

上のレシピとは違ってある程度の量の水を使うので、湯を沸かす時間はちょっとかかります。
でも、こちらは蓋が不要です。

沸騰させた湯に卵を入れ、半熟だったら7分、固ゆでだったら12分茹でれば完成です。
普通に茹でるのも、やってみると意外とラクですよ。

作り方を見る

ゆで卵のフライパン蓋なしレシピ

鍋を使うのは億劫という場合は、レンジでチンする方法もあります。

リンク先で紹介しているのは、アルミホイルを使ってチンする方法です。

ゆで卵を1個だけ作りたい時に便利です。

ただ、レンジでアルミホイルを使う際には注意が必要なので、その点を理解したうえでお試しください。

作り方を見る

ゆで卵のフライパン蓋なしレシピ

上の写真は、アマゾンで人気1位の「レンジでらくチン ゆでたまご」。
電子レンジを使って、ゆで卵が一度に1〜4個作れる商品で、千円程度で買えます。

レンジで頻繁にゆで卵を作るという方には、いっそのこと、こうしたグッズを買うことをおすすめします。
ちなみに、ゆで卵のレンチングッズは複数の種類がありますが、基本的な仕組みは同じです。

使い方はとても簡単。
11〜13分くらいの加熱時間で、最大4個のゆで卵が作れます。
固ゆでも半熟もOKです。

作り方を見る

ゆで卵のフライパン蓋なしレシピ

最後にご紹介するのは、卵を割ってからチンする方法。

卵を耐熱ボールに割り入れ、水を加えて電子レンジで40〜50秒チンするだけで、半熟卵ができます。

卵を短時間で加熱したいのなら、割ってから調理する方がずっと早いですよ。

おうち料理研究家のみきママのレシピ

作り方を見る

関連レシピ