じゃがいもの千切りの切り方。スライサーやピーラーを使ってもOK。

投稿日:2019年10月30日 更新日:

じゃがいもの千切り

じゃがいもを千切りにする方法をご紹介します。

「千切り」とは、食材を細長く切り分ける切り方です。
幅は1〜3ミリくらい。
よく使われるお料理は、サラダやガレットなどです。

千切りと細切りの違い
じゃがいもの細切り
ちなみに、「千切り」と似た切り方に、「細切り」があります。

こちらの写真は「細切り」。
千切りよりも幅が少し太くて、3〜5ミリくらいです。

太さが違うだけなので、一緒に覚えるといいですよ。

スライサーを使ったじゃがいもの千切り
じゃがいもの千切りや細切りは、包丁を使ってもいいですし、簡単に済ませたい場合は、スライサーなどでも作れます。

スライサーで千切りを作る方法も合わせてお伝えします。

じゃがいもの千切りの仕方

じゃがいもの千切りの仕方

最初に、じゃがいもを包丁で千切りにする方法をご紹介します。

じゃがいもの皮むき
なお、じゃがいもの皮むきについては、リンク先で詳しく紹介しています。

包丁を使ってもいいですし、ピーラーでむくこともできます。


じゃがいもを薄い輪切りにする

まず、じゃがいもを1〜3ミリくらいの薄切りにします。

細切りにする場合は、少し厚めの3〜5ミリくらいにスライスします。


じゃがいもを千切りにする

次に、薄切りにしたじゃがいもを少し寝かせて、端から1〜3ミリくらいに切っていきます。
こちらが千切りです。

細切りにする場合は、3〜5ミリくらいに切っていきます。



千切りができました。

千切りにしたじゃがいもは、サラダやガレット、炒め物などによく使われます。

千切りにしたじゃがいもを使ったガレット
じゃがいものガレット」のレシピは、リンク先を参考にしてください。

じゃがいもだけで作る、シンプルで飽きの来ないガレットを紹介しています。


スライサーを使ったじゃがいもの千切り

スライサーを使ったじゃがいもの千切り

ところで、スライサーがあれば、大量のじゃがいもの千切りも簡単です。

こちらの動画も参考にしてください。
千切り器は、ダイソーなどの100均でも買えますよ。

関連レシピ