キャベツの芯抜き。芯の取り方を動画で紹介!料理に使える切り方も。

投稿日:2020年3月30日 更新日:

キャベツの芯の取り方

キャベツの芯(茎)のくりぬき方を動画でご紹介します。

キャベツの芯を取るのなら、包丁を使うのが一番簡単です。
100均やネットなどで専用グッズも販売されていますが、それらに頼らなくても、包丁が案外ラクですし、お金もかかりません。

この記事では、包丁を使ったキャベツの芯の取り方をお伝えします。

キャベツの芯抜きのコツ

キャベツの芯の抜き方は次の通りです。

キャベツの芯のくり抜き方
まず、キャベツの芯のすぐ脇から中心に向かって、包丁を入れます。
芯の中心に向けて、包丁の刃を少し斜めに入れるのがポイントです。

そして、包丁を一度引き抜いて、キャベツを回しながら、包丁の刃を入れる場所を少しずつ変えて、ぐるっと一周切れ目を入れます。


キャベツの芯の取り方
あとは、キャベツの芯を手で取り出すだけです。

包丁の切れ目が芯の中心部分まで無事貫通すれば、芯は、引っ張らなくても自然に取れます。

芯がなかなか取れない場合は、もう一周、包丁でぐるっと切れ目を入れてみてください。


キャベツの芯の切り方

キャベツの芯の切り方

ところで、くり抜いたキャベツの芯は、料理に使うことができます。

その際には、火が通りやすいように切るのがポイント。
キャベツの芯の切り方としては、千切り・薄切り・みじん切りなどが一般的です。

千切りにしたキャベツの芯のスープ 例えば、キャベツの芯を千切りにすれば、スープや味噌汁の具材にしてもすぐに火が通ります。

薄切りにしたキャベツの芯の炒め物 また、薄切りなら、ザーサイ風の炒め物なども美味しいです。

キャベツの芯の栄養とレシピ」については別記事で詳しく紹介していますので、リンク先も参考にしてください。

作り方を見る

関連レシピ