大根とシーチキンのサラダレシピ。ツナマヨ&わさび醤油で美味しさUP!

投稿日:2020年6月1日 更新日:

大根とツナのサラダ

大根とツナ缶(シーチキン)を使ったサラダのレシピをご紹介します。

大根を千切りにして、ツナマヨをのせ、わさび醤油をかけた一品です。

ツナとマヨネーズの組み合わせは、安定の美味しさ。
そこに、わさび醤油のツーンとした風味が加わって、深みのある味に仕上がります。

さっぱりとした大根の味とよく合いますよ。

大根とシーチキンのサラダレシピ

大根とツナのサラダ

「大根とツナのサラダ」のレシピです。

材料【2人分:調理時間4分】
大根 200g(1/6本程度)
ツナ缶 1缶(70g)
マヨネーズ 大さじ2(24g)
わさび 小さじ1/2
醤油 小さじ1と1/2
作り方
  1. 大根の皮をむき、千切りにする。
  2. ツナ(オイルごと)とマヨネーズを混ぜる。
  3. わさびと醤油を混ぜる。
  4. 大根を器に盛り、2をのせ、3を回しかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

大根の皮むき
【工程1】
まず、大根(200g:1/6本程度)の皮をむきます。

大根の部位による違い
大根の部位による違い 大根は、どの部分を使うかによって、味や食感が変わります。

大根は頭の方が甘く、根元に近づくに連れて、辛味が強く筋が多くなります。

一般的に生食に向く部分は頭の方と言われていますが、好みもあると思うので、参考にしてください。

大根の皮むき(動画)


大根を千切りにする
次に、大根を千切りにします。

大根を薄切りにする まず、大根を繊維に沿って1〜2ミリの薄切りにします。
薄切り大根を並べる そして、薄切りにした大根を重ねたまま少しずらします。
大根の千切り 続いて、大根をずらした状態でまな板に並べ、再び繊維に沿って、端から1〜2ミリ幅に切ります。

これでお終いです。

大根とツナのサラダをスライサーで作る 包丁が苦手な場合は、スライサーで千切りにするのもアリです。

大根の千切り 包丁・スライサー(動画)


ツナにマヨネーズを混ぜる
【工程2】
次に、ツナ缶(1缶:70g)とマヨネーズ(大さじ2:24g)を混ぜます。

ツナ缶は、オイルごと使ってください。
混ぜるためだけにボールを用意するのが面倒な場合は、ツナ缶のフタを取り、缶の中に直接マヨネーズを入れて混ぜてもいいです。


わさびと醤油を混ぜる
【工程3】
続いて、わさび(小さじ1/2)と醤油(小さじ1と1/2)を混ぜます。


大根とツナ缶のサラダ
【工程4】
最後に、大根を器に盛り、ツナマヨをのせ、ワサビ醤油を回しかけたら完成です。


大根は、刺身のつまとしても使われる食材なので、わさび醤油の風味とよく合います。

そして、ツナマヨをトッピングすることで、旨味とコクが加わって、お料理のグレードがワンランクアップ。
満足度の高い、食べ飽きない味に仕上がります。

カレーやパスタなどの付け合わせにもぴったりのサラダですよ。

関連レシピ