やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

枝豆の栄養。栄養成分と期待できる効果。栄養をムダにしない食べ方も。

投稿日:

枝豆の栄養

枝豆に含まれる栄養について、お伝えします。

枝豆は、熟す前に収穫した大豆です。
ですから、含まれる栄養成分についても、多くの部分が大豆と共通しています。

たとえば、たんぱく質。
大豆には「畑の肉」と呼ばれるほど良質のたんぱく質が含まれていますが、それは枝豆も同様です。
枝豆のたんぱく質の含有量は、卵にも匹敵します。

この記事では、枝豆に含まれるこうした栄養成分について解説します。

枝豆の栄養価

枝豆の栄養価
枝豆には、たんぱく質の他にも様々な栄養が含まれています。

脂質やビタミンB1・B2に加え、カルシウムなどのミネラルも豊富です。
また、大豆にはない、ビタミンCもたっぷり含まれています。

ダイエットにもおすすめ

さらには、食物繊維も多いので、腸内環境の改善にもおすすめです。
カロリーと糖質も低く、ダイエットにもいいですよ。

オルニチンで肝臓機能アップ

また、枝豆はビールのおつまみとしてよく食べられますが、栄養の観点からも、これはとても理にかなった食べ方と言えます。


枝豆には、オルニチンという成分も豊富に含まれており、この成分がアルコールの分解に効果的。

オルニチンが含まれる食材としては、しじみがよく知られていますが、この成分には、アルコールの分解を促進して、肝臓を元気にしてくれる効果が期待できるので、お酒との相性がいいんです。

二日酔いにも効くと言われていますし、また、夏バテや疲労を回復してくれたりする働きもあるとされています。

新鮮なうちに食べるのがおすすめ

ただ、オルニチンやビタミンなどの栄養成分は、枝豆を長いこと冷蔵保存すると、どんどん失われていきます。
また、栄養だけでなく、枝豆特有の甘みも同様です。

それらが失われる理由は、枝豆は収穫後も呼吸し続けているため、代謝が進むにつれて、栄養や甘みのもとになる成分が消費されてしまうためです。

こうしたことから、枝豆は、できるだけ新鮮なうちに食べるのが一番おすすめです。

保存するなら冷凍

そうは言っても、すぐには食べきれない場合もあると思います。

そうした場合は、冷凍保存してしまう方が、栄養の損失が少ないです。

冷凍枝豆の栄養
生のまま冷凍してもいいですし、あるいは、水を使わずに蒸し焼きなどにしてからでも構いません。

ちなみに、市販の冷凍食品の枝豆は、旬の枝豆をすぐに冷凍しているので、意外にも栄養価が高いようです。


栄養を逃さない枝豆の食べ方

枝豆の栄養成分を無駄なく摂取したいのなら、入手後なるべく早くに調理するということに加えて、茹でずに加熱することも大切です。

おすすめは、「茹でる」よりも、「蒸し焼き」や「焼き枝豆」。
これらの調理法であれば、ビタミンやミネラルが水に溶け出さないので、栄養の損失が抑えられます。


枝豆の蒸し焼き

枝豆を蒸し焼きにする時間は、5分ほどです。

栄養を逃さない枝豆の食べ方(蒸し焼き)
枝豆をフライパンに入れ、コップ1杯の水を加え、フタをして5分を目安に蒸し焼きにします。

5分後には水分が完全に飛ぶので、茹でるよりも栄養を逃さずに摂れます。


詳しい手順は「枝豆を蒸し焼きにする方法」をご覧ください。


焼き枝豆

よりしっかり栄養を摂りたいのなら、焼き枝豆がおすすめです。
こちらは、水を一切使わずに調理するので、ビタミンやミネラルが水に流れ出る心配がまったくありません。

栄養を逃さない枝豆の食べ方(焼き枝豆)
調理時間は、こちらも5分。

フライパンに枝豆を広げ、フタをして、少し焦げ目が付くまで5分ほど焼きます。


詳しくは、「焼き枝豆の作り方」を参考にしてください。

関連記事

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞれ、「鍋」「フライパン」「電子レンジ」を使います。鍋で茹でる方法は、3…

枝豆の保存方法。生のまま冷凍が一番おすすめ。

枝豆の賢い保存方法をご紹介します。買った枝豆はすぐに冷凍庫に入れるのがおすすめです。医学博士の白澤卓二さんによると、枝豆は生のまま冷凍庫で保…

焼き枝豆のお薦めレシピ。フライパンを使った栄養たっぷりの作り方。

フライパンを使った焼き枝豆のおすすめレシピをご紹介します。管理栄養士の濱裕宣さんが考案した「枝豆の蒸し焼き」です。この蒸し焼きは、枝豆の味が…

キャベツの芯は栄養たっぷり!おすすめレシピや人気の使い道を紹介。

キャベツの芯は、葉の部分と同様に、栄養がとても豊富です。そのうえ、味にクセがないので、調理次第でいくらでも美味しく食べられます。キャベツの芯…

アボカドの栄養と効果。今でしょ講座で話題!医師が薦める食べ方。

栄養素の宝庫と言われているアボカド。なんとなく体に良さそうなイメージがありますが、具体的な健康効果についてはご存じない方も多いと思います。そ…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。そろそろ梅雨入りかなという…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作って…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とて…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみ…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。低糖質なメニュー195品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ195品をご紹介します。どれも低糖質なう…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理220品。

作り置きにおすすめの人気レシピを220品ご紹介します。当サイトでは、テ…

最新記事

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

ちくわ大葉チーズのレシピ。人気のしそチーズ巻き!おつまみやお弁当に。

ちくわと大葉(しそ)とチーズを使った、超簡単おかずレシピをご紹介します…

キウイヨーグルトのレシピ。はちみつと食べ合わせると栄養効果アップ!

キウイとヨーグルトを使ったデザートのレシピをご紹介します。キウイを食べ…

キウイの剥き方と切り方。包丁で簡単!皮むきのやり方を動画で解説。

キウイの皮の剥き方と、皮むきしたキウイの切り方をご紹介します。キウイの…

ズッキーニとツナのレシピ。マヨネーズ&シーチキンで作る定番サラダ。

ズッキーニとツナを使ったサラダのレシピをご紹介します。薄切りにしたズッ…