枝豆の栄養。栄養成分と期待できる効果。栄養をムダにしない食べ方も。

投稿日:

枝豆の栄養

枝豆に含まれる栄養について、お伝えします。

枝豆は、熟す前に収穫した大豆です。
ですから、含まれる栄養成分についても、多くの部分が大豆と共通しています。

たとえば、たんぱく質。
大豆には「畑の肉」と呼ばれるほど良質のたんぱく質が含まれていますが、それは枝豆も同様です。
枝豆のたんぱく質の含有量は、卵にも匹敵します。

この記事では、枝豆に含まれるこうした栄養成分について解説します。

枝豆の栄養価

枝豆の栄養価
枝豆には、たんぱく質の他にも様々な栄養が含まれています。

脂質やビタミンB1・B2に加え、カルシウムなどのミネラルも豊富です。
また、大豆にはない、ビタミンCもたっぷり含まれています。

ダイエットにもおすすめ

さらには、食物繊維も多いので、腸内環境の改善にもおすすめです。
カロリーと糖質も低く、ダイエットにもいいですよ。

オルニチンで肝臓機能アップ

また、枝豆はビールのおつまみとしてよく食べられますが、栄養の観点からも、これはとても理にかなった食べ方と言えます。

枝豆には、オルニチンという成分も豊富に含まれており、この成分がアルコールの分解に効果的。

オルニチンが含まれる食材としては、しじみがよく知られていますが、この成分には、アルコールの分解を促進して、肝臓を元気にしてくれる効果が期待できるので、お酒との相性がいいんです。

二日酔いにも効くと言われていますし、また、夏バテや疲労を回復してくれたりする働きもあるとされています。

新鮮なうちに食べるのがおすすめ

ただ、オルニチンやビタミンなどの栄養成分は、枝豆を長いこと冷蔵保存すると、どんどん失われていきます。
また、栄養だけでなく、枝豆特有の甘みも同様です。

それらが失われる理由は、枝豆は収穫後も呼吸し続けているため、代謝が進むにつれて、栄養や甘みのもとになる成分が消費されてしまうためです。

こうしたことから、枝豆は、できるだけ新鮮なうちに食べるのが一番おすすめです。

保存するなら冷凍

そうは言っても、すぐには食べきれない場合もあると思います。

そうした場合は、冷凍保存してしまう方が、栄養の損失が少ないです。

冷凍枝豆の栄養 生のまま冷凍してもいいですし、あるいは、水を使わずに蒸し焼きなどにしてからでも構いません。

ちなみに、市販の冷凍食品の枝豆は、旬の枝豆をすぐに冷凍しているので、意外にも栄養価が高いようです。


栄養を逃さない枝豆の食べ方

枝豆の栄養成分を無駄なく摂取したいのなら、入手後なるべく早くに調理するということに加えて、茹でずに加熱することも大切です。

おすすめは、「茹でる」よりも、「蒸し焼き」や「焼き枝豆」。
これらの調理法であれば、ビタミンやミネラルが水に溶け出さないので、栄養の損失が抑えられます。


枝豆の蒸し焼き

枝豆を蒸し焼きにする時間は、5分ほどです。

栄養を逃さない枝豆の食べ方(蒸し焼き) 枝豆をフライパンに入れ、コップ1杯の水を加え、フタをして5分を目安に蒸し焼きにします。

5分後には水分が完全に飛ぶので、茹でるよりも栄養を逃さずに摂れます。


詳しい手順は「枝豆を蒸し焼きにする方法」をご覧ください。


焼き枝豆

よりしっかり栄養を摂りたいのなら、焼き枝豆がおすすめです。
こちらは、水を一切使わずに調理するので、ビタミンやミネラルが水に流れ出る心配がまったくありません。

栄養を逃さない枝豆の食べ方(焼き枝豆) 調理時間は、こちらも5分。

フライパンに枝豆を広げ、フタをして、少し焦げ目が付くまで5分ほど焼きます。


詳しくは、「焼き枝豆の作り方」を参考にしてください。

関連レシピ