水菜のレンジ蒸し。加熱時間は2分!簡単で栄養も逃さず摂れる調理法。

投稿日:2020年10月5日 更新日:

水菜レンジ

レシピ動画

水菜(京菜)のレンジを使った蒸し方をご紹介します。

加熱時間は、水菜1束(200g)あたり、600wで2分が目安。
1/2束だったら、600wで1分です。

レンジを使って水菜を蒸すと、茹でるよりも味が濃く感じられますし、栄養も湯に溶け出すことがないので無駄なく摂れます。

水菜の味がしっかりと感じられる和え物やサラダが、簡単に作れますよ。

水菜のレンジを使った蒸し方

水菜を洗う

まず、水菜をきれいに洗い、水気をしっかり取り除きます。

水気を取ってから加熱すると、水っぽくならず、水菜の味が薄まりません。


水菜を切る

続いて、水菜を好みの長さに切ります。

水菜を切らずに丸ごとラップで包んで加熱することもできますが、切ってから加熱する方が「加熱ムラ」をおさえられるので、おすすめです。


水菜を耐熱ボールに入れてラップをする

水菜を切ったら、耐熱容器(レンジで使える器)に入れ、ふんわりとラップをかぶせ、電子レンジに入れます。

加熱時間は、水菜100gにつき600wで1分が目安です。

1/2束(100g程度)だったら1分。
1束(200g程度)だったら2分加熱します。


レンジでチンした水菜

レンチンした水菜は、食感はほど良く柔らかで、味は生で食べたときと同様に濃厚。
おひたしにしてもいいですし、すりごまを混ぜて胡麻和えにしても美味しいです。


レンジを使った水菜のレシピ

最後に、レンジを使った水菜のおすすめレシピをご紹介します。

レンジを使った水菜のレシピ(おひたし)

めんつゆと醤油で味付けし、かつお節をたっぷりのせたらできあがり。
めんつゆの優しい甘みが水菜に染み込んで、とても食べやすい味に仕上がります。

電子レンジを活用すると、素材の味を活かしたこうしたお料理が、簡単に作れますよ。

3分
水菜めんつゆ醤油かつお節

作り方を見る

レンジを使った水菜のレシピ(ナムル)

水菜をレンチンして、ごま油などで味をととのえたら完成です。

水菜は味がややあっさりとしているので、調味料でメリハリを付けるのがポイント。
ごま油を少し多めに加えることでコクをアップさせ、鶏ガラスープの素をちょい足しすることで旨味を補います。

さっぱりとしつつも、味わい深く仕上がります。

4分
水菜いりごま鶏ガラスープの素ごま油醤油

作り方を見る

レンジを使った水菜のレシピ(胡麻和え)

水菜をレンジで加熱して柔らかくしたところに、すりごま・砂糖・醤油などで味付けしたらできあがり。
ほんのりとした甘辛な味がすりごまに染み込んで、ごまの香ばしい風味とともに、たっぷりの水菜を美味しくいただけます。

4分
水菜すりごま砂糖醤油

作り方を見る

関連レシピ