白菜とベーコン炒めのレシピ。フライパンで蒸し焼きにして美味しさUP!

投稿日:2020年11月30日 更新日:

ベーコン白菜炒め

白菜とベーコンを使った炒め物のレシピをご紹介します。

白菜とベーコンを少し多めのオリーブオイルで炒め、白菜の芯がとろっと柔らかくなるまで蒸し焼きにするレシピ。
味付けは、塩こしょうのみととてもシンプルですが、ベーコンの旨味と白菜の優しい甘みが際立って、飽きずに美味しく食べられます。

冷蔵で3〜4日ほど日持ちするので、作り置きおかずとしてもおすすめですよ。

白菜とベーコンの炒め物

レシピ動画

「とろっと旨い!白菜とベーコン炒め」のレシピです。

材料

2人分:調理時間8分
白菜 1/8株
ベーコン ハーフ4枚
オリーブオイル 大さじ1
塩こしょう 適量

作り方

白菜の芯と葉を切る
ベーコンを切る

まず、白菜(1/8株:300g程度)の芯をそぎ切りにし、葉を食べやすい大きさに切ります。
そして、ベーコン(ハーフ4枚)を短冊切りにします。

ちなみに、そぎ切りとは、包丁を寝かせて斜めに切る方法です。
そぎ切りにすると、厚みのある芯の部分に火が通りやすくなります。


フライパンにオリーブオイルを引いて白菜の芯を広げてベーコンを乗せる
蓋をして火にかける

次に、フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を引き、白菜の芯を広げ、その上にベーコンをのせます。
そして、フタをして火にかけます。
フライパンが温まったら、弱めの中火で3〜4分蒸し焼きにします。

ベーコンは、白菜の芯に十分に火が通るまでに焦げてしまいやすいので、最初は、白菜の芯の上にのせて加熱します。

途中でたまに混ぜる
蓋を取って白菜とベーコンを混ぜる
蒸し焼きにしている間は、たまにフタを取って混ぜます。

白菜の葉を加える
ベーコンと白菜に塩コショウをふる

3〜4分蒸し焼きにして白菜の芯に十分に火が通ったら、白菜の葉を加え、たまに混ぜながらしんなりするまで炒めます。

最後に、塩こしょう(適量)で味を調えたら完成です。
味付けは塩こしょうだけなので、特に塩気については、ここでしっかり決めてください。


白菜ベーコン炒め

白菜の葉と茎をそれぞれ別のタイミングで加えるので、どちらもちょうど良い柔らかさに仕上がります。

また、白菜を蒸し焼きにすることで、素材の味が引き出され、甘みのある味わいに。
ベーコンのしっかりとした旨味も加わって、とても美味しくいただけますよ。

作り置きOK!

日持ち:冷蔵保存で3〜4日ほど

関連レシピ