セリの下処理。洗い方・切り方・加熱方法まで!下ごしらえの方法を解説。

投稿日:2020年12月21日 更新日:

セリの下処理と洗い方

せりの下処理(下ごしらえ)の方法を動画とともに解説します。

せりの洗い方や切り方、加熱方法などについてです。

セリの洗い方

セリの洗い方

レシピ動画

こちらは、セリの洗い方を解説した動画です。

ひとくちにセリと言っても、食卓に届くまでの道のりは様々です。
スーパーなどで販売されているハウス栽培や露地栽培のセリもありますし、田んぼの脇などで採った野生のセリもあります。

汚れ具合は、せりが販売されていたものか、採取してきたものかによってもかなり違います。
ただ、いずれにしても、一番汚れているのは、根元の部分です。

根も料理に使う場合

セリの根っこは、独特の風味に加えて甘みもあるので、鍋料理などによく使われます。
根っこも使う場合は、まずは、根に絡んだ泥などを丁寧に落とします。

せりの根っこ切る 逆に、根っこを使わない場合は、先に切り落としてから洗う方が短時間できれいになります。

根付きのせりを水に浸す
根元などの汚れがひどい部分は、しばらく水にひたし、泥をふやかして落としやすくします。


せりの根の洗い方(根っこの汚れをかき出す)
次に、根っこを傷めないように注意しながら、竹串(もしくは楊枝)などの先の尖ったもので、汚れをかき出します。

この工程は、かなり地道な作業になりますが、根っこまで食べるのなら、少し時間をかけて下ごしらえしてみてください。


せりの茎をゆすり洗いする
根の部分がきれいになったら、水を替え、流水で茎全体をゆすり洗いします。


セリの葉をゆすり洗いする
最後に、再び水を替え、流水に当てながら、葉の方をゆすり洗いしたらお終いです。

洗ったセリは、ざく切りにするなどして、そのまま鍋などの具材に使うことができます。

セリを茹でる

セリの茹で方

レシピ動画


セリを鍋で茹でて使う場合は、この動画をご覧ください。

たっぷりの湯を沸かし、塩(湯1リットルにつき小さじ1)を加えます。
そして、茎の部分だけを湯に浸して5秒、全体を湯に浸して5秒、トータルで10秒茹でます。

短時間でさっと茹でると、食感や風味が残りやすくて美味しいですし、色もきれいです。

より詳しく:セリの茹で方


せりを冷水に浸す
茹で上がったら、冷水にさっと浸します。

セリの切り方

せりの切り方(ざく切り)
茹でたセリは、根元をそろえて端から食べやすい長さに切れば、すぐに和え物やサラダ、味噌汁やスープなどの具材として使えます。

セリご飯 セリを細かく刻んで、水気をしっかり絞ったうえで、混ぜご飯にするのも美味しいものです。

セリご飯」のレシピは、リンク先を参考にしてください。

関連レシピ