やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ピーマンの栄養。健康効果を分かりやすく解説!丸ごと食べると栄養満点。

投稿日:

ピーマンの栄養についてお伝えします。
ピーマンに含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

ピーマンとは


ピーマンは、唐辛子を人工的に品種改良して作られた野菜です。

唐辛子の原産地は中南米ですが、15世紀に香辛料としてヨーロッパに伝来。
その後、辛味がなくなるように改良され、新しい品種としてピーマンが誕生しました。

ちなみに、パプリカも、ピーマンと同じく、唐辛子をルーツに持つ野菜です。

独特の苦みと香りを残すように作られたのがピーマンで、少し甘みを持たせるように作られたのがパプリカ。
どちらも、ナス科目トウガラシ属に属しています。

ピーマンの栄養と効果効能

そんな歴史を持つピーマンですが、かなり栄養価の高い野菜です。

ビタミンCが豊富なほか、ニオイ成分である「ピラジン」や、ポリフェノールの一種である「クエルシトリン」なども含まれています。

それぞれの成分には次のような特徴があります。

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、免疫力の向上に役立つほか、老化の抑制やガン予防などの効果も期待でます。

ピラジン

ピラジンは、ピーマンの苦味と青臭いニオイのもとになっている成分。
ピーマンの特徴を形作っている主要な成分と言えますが、このピラジンには血液をサラサラにする働きがあります。

脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立つほか、血行が良くなることで薄毛対策にも効果が期待できると言われています。

クエルシトリン

クエルシトリンもピーマンの苦味のもとになっている成分です。
ドクダミなどにも含まれる成分で、血流を改善する働きがあるため、高血圧予防などの効果が期待できます。


緑ピーマンと赤ピーマンの栄養の違い

ピーマンの栄養を知るうえで、押さえておきたいのが、緑ピーマンと赤ピーマンの違いです。
熟すことでカプサンチンが増加

緑ピーマンが完熟すると赤ピーマンになりますが、両者をくらべると、赤ピーマンの方が、基本的には栄養が豊富。
赤く熟すことで、ビタミンCは約2.3倍に増え、βカロテンは約2.8倍に増えます。
また、赤の色素であるカプサンチンも増加します。

βカロテンとカプサンチンには、どちらも抗酸化作用があり、老化の抑制や生活習慣病の予防に効果が期待できます。

熟すことでピラジンが減少

一方で、赤く熟すことで、減少する成分もあります。

代表的なのは、先ほどお伝えしたピラジンという成分。
苦味とニオイのもとになっている成分ですが、熟す過程で大幅に減少します。

この成分が減ることでピーマンの食べやすさはアップしますが、それと同時に、この成分が持つ血行を良くする働きも失われます。

ピーマンの食べ方

ピーマンの食べ方として最もおすすめなのは、ワタと種とヘタを取らず、丸ごと食べる方法です。

ワタ・種・ヘタには外側の皮よりも栄養が豊富に含まれていますし、また、ピーマンを傷付けずに調理することで、栄養の流出を防ぐこともできます。

ピーマンの丸ごと炒め

ピーマンの丸ごと炒め

例えば、ピーマンを丸ごと炒めて、醤油やみりんなどで味付けするだけで、美味しいピーマン炒めのできあがり。
ピーマンをまったく切らずに調理するので、苦味成分が細胞の外に溶け出さず、とても食べやすい味に仕上がります。

ピーマンに含まれるβカロテンは、油で炒めると吸収率が大幅にアップするという性質があるので、そうした点でもおすすめできます。

詳しいレシピをリンク先でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

2分
ピーマンだし醤油・かつお節

作り方を見る

ピーマンの丸ごと煮浸し

ピーマンの丸ごと煮浸し

また、炒め物ではありませんが、ピーマンを丸ごと煮浸しにするという手もあります。

めんつゆやゴマ油などで味付けしたシンプルな煮浸しレシピ。
ほんのりとした甘みがあり、とても美味しくいただけます。

作り置き
18分
ピーマンおろししょうがめんつゆ醤油みりんごま油

作り方を見る

栄養を逃さないピーマンの切り方

縦切り
横切り

そうは言っても、作る料理によっては、丸ごとだと使いにくい場合も多いと思います。
そういう場合には、ピーマンを縦方向に切ることで、栄養の流出をある程度抑えることができます。

ピーマンには縦方向に繊維が入っており、それに逆らわずに切ることで、細胞に傷がつきにくくなります。
そのため、細胞の中から苦味成分が排出されるのを防げるというわけです。

また、縦方向に切ることで繊維が断ち切れにくくなるので、ピーマンのシャキシャキした食感が残りやすいというメリットもあります。

ピーマンを切ってから調理に使う場合は、ぜひこの方法をお試しください。

関連記事

ピーマンの切り方。苦くないコツは繊維に沿って縦切り!栄養面も解説。

ピーマンの苦くない切り方をご紹介します。ピーマンを細切りにする場合、切り方は大きく2つに分かれます。1つは、ピーマンの頭からお尻に沿って縦方…

ピーマンのへたの取り方。コツをおさえれば超簡単!ヘタ取りを動画で解説

ピーマンのへたの簡単な取り方を動画でご紹介します。お伝えするヘタ取りの方法は3種類。1つめは、もっとも基本的かつ簡単な方法です。ピーマンを縦…

ピーマンの丸ごと煮浸し。苦味がなくて食べやすい!栄養満点レシピ。

ピーマンの煮浸しの簡単レシピをご紹介します。丸ごとのピーマンを弱火で煮込み、めんつゆや醤油、ごま油などで味付けしたシンプルな一品。ピーマンが…

ピーマンの丸ごと炒めのフライパンレシピ!ヘタやワタも食べられます。

ピーマンの丸ごと炒めのレシピをご紹介します。ピーマンを切らずに、そのままフライパンで炒めるシンプルなお料理。醤油やごま油で味をととのえて、最…

ドルマのおすすめレシピ!人気トルコ料理、ピーマンドルマの作り方。

ドルマ(Dolma)のおすすめレシピを本場トルコからご紹介します。ピーマンを使ったドルマ、「ビベル・ドルマス(Biber Dolmasi)」…

おすすめ記事

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

皮ごと使って風味良く!みかんジャムの作り方。マーマレード手作りレシピ

みかんジャムのレシピをご紹介します。外皮や薄皮も一緒に使った、風味豊か…

旬の風味を堪能!いよかんマーマレードの作り方。苦味を抑えた簡単ジャム

いよかんジャムのおすすめの作り方をご紹介します。苦味をすこし抑えめにし…

牛肉とエリンギ炒めのレシピ。にんにくでコク旨!かんたん甘辛おかず。

牛肉とエリンギの甘辛炒めのレシピです。ニンニクとごま油で風味付けするこ…

かぼちゃとひき肉の煮物レシピ。豆板醤とにんにくでピリ辛あんかけ風。

ひき肉とかぼちゃを使った、ご飯によく合う煮物のレシピをご紹介します。甘…

さつまいも蒸しパン。バターのコクが好相性!小麦粉を使った簡単レシピ。

シンプルで美味しい、さつまいも蒸しパンのレシピをご紹介します。バターを…