濃厚コク旨!チンゲン菜のオイスターソース炒め。中華風の炒め物レシピ。

投稿日:2021年4月7日 更新日:

チンゲン菜オイスターソース炒め

チンゲン菜をふんだんに使った、オイスターソース炒めのレシピをご紹介します。

チンゲン菜をざっくりと切って、ニンニクと一緒に炒め、甘辛く味付けしたらできあがり。
ニンニクの風味とオイスターソースの濃厚な旨みがチンゲン菜を包み込み、後引く旨さに仕上がります。

たっぷりのチンゲン菜をとても美味しくいただけますよ。

レシピ動画

「青梗菜のオイスターソース炒め」のレシピです。

材料

2人分:調理時間4分
チンゲン菜 1袋(200g)
にんにく 1かけ
サラダ油 大さじ1
A
オイスターソース 大さじ1
醤油 小さじ1
みりん 小さじ2

作り方

チンゲン菜の茎をばらす
【工程1】
まず、チンゲン菜(1袋:200g)の根元を少し切り落とし、茎を1本ずつにばらします。


チンゲン菜の切り方(茎をそぎ切り・葉をざく切り)
そして、茎をそぎ切りにし、葉をざく切りにします。

そぎ切りというのは、包丁を斜めに入れて切り分ける方法です。
そぎ切りにすると、厚みのある茎に、火が通りやすくなります。


にんにくを薄切りにする
にんにく(1かけ)は、薄切りにします。

にんにくの芽を取る 面倒でなければ、にんにくの中心にある芽(芯)を取ってから使うと、にんにくの臭みやエグミが和らいで、より美味しく仕上がります。

にんにくの芽の取り方


オイスターソースと醤油とみりんを混ぜる
【工程2】
次に、材料Aを混ぜます。
Aは、オイスターソース(大さじ1)・醤油(小さじ1)・みりん(小さじ2)です。

みりんを加えると、オイスターソースのクセが和らいで食べやすくなります。


サラダ油でニンニクを炒める
(工程3】
続いて、フライパンにサラダ油(大さじ1)とにんにくを入れ、軽く炒めて香りを立たせます。

にんにくは、このあとにチンゲン菜を炒めている間にこんがりと焼けますので、ここでは、ごく軽く炒める程度でいいです。


チンゲン菜の茎を炒める
そして、チンゲン菜の茎を加え、中火で1〜2分ほど炒めます。

炒める時間は、茎の太さや質によって若干変わりますので、これくらいの時間を目安に、あと少しで完全に火が通るというところまで炒めてみてください。


チンゲン菜の茎に葉を加えて炒める
茎にある程度火が通ったら、チンゲン菜の葉を加え、軽く炒め合わせます。


チンゲン菜にオイスターソースなどの調味料をかける
葉がしんなりしたら、混ぜておいたAを回し入れます。


オイスターソースなどの調味料をチンゲン菜に絡める
ヘラなどで全体に絡めながら炒め合わせたら完成です。


チンゲン菜のオイスターソース炒め
チンゲン菜といえば、茎の部分の肉厚な食感が魅力的ですが、このお料理もそうした食感を十分に活かしたレシピになっています。

茎を斜めに切ることで、中までしっかりと火が通り、ボリューミーでありながら、柔らかな口当たりに仕上がります。
また、調味料も絡みやすくなるので、オイスターソースの濃厚な味が染み込んで、コク旨な味を楽しめますよ。

関連レシピ