冷凍は食感に難あり!いんげんの保存方法。味と日持ちを両立させる方法。

投稿日:2021年7月28日 更新日:

いんげんの冷凍と保存

いんげん(さやいんげん)は、冷蔵で保存するのが基本です。
ビニール袋に入れて冷蔵庫に置けば、1週間くらい日持ちします。

とは言え、常温保存や冷凍保存もできないわけではありません。

いんげんを常温で保存する場合は、新聞紙などの紙類に包み、風通しの良いカゴやザルなどに入れて、冷暗所に置きます。
いんげんは乾燥しやすいので、常温での賞味期限はせいぜい1〜2日です。

冷凍は食感が劣化

いんげんは、冷凍して保存することで1ヶ月ほど食べられます。
ただ、冷凍保存には大きな難点があって、いんげんの食感が柔らかく変化してしまいます。

そのため、胡麻和えやサラダなどの歯応えをいかした料理に使うのはおすすめできません。
クタッとさせる煮込み料理やスープなどにしか使えないと考えてください。

加熱して冷凍はまだマシ

こうした食感の劣化は、茹でるなどしてから冷凍した場合よりも、生のまま冷凍した場合の方がより顕著に現れます。

生のまま冷凍したいんげんは、柔らかいうえに筋っぽさも感じられて、正直かなりマズいです。

いんげんの冷凍のやり方
ですから、いんげんをどうしても冷凍保存したい場合は、生のままではなく、固茹でするなどして軽く加熱してから、保存袋に入れて冷凍すると少しはマシになります。

この冷凍の仕方は、ごく一般的な「どじょういんげん」でも、厚みのある「モロッコいんげん」でも同じです。

市販の冷凍インゲンもイマイチ

ちなみに、冷凍いんげんをストックしておきたいのなら、市販の冷凍いんげんを使うという手も一応あります。

でも、こちらに関しても、食感や味の面で生のいんげんに大きく劣ります。
市販品と言えども冷凍いんげんの弱点をカバーできているわけではありません。

冷蔵で日持ちさせる

いんげんの冷凍保存

いんげんらしい食感や味を十分に堪能したいのなら、冷凍保存せずに、冷蔵までにとどめるのがダンゼンおすすめです。

いんげんを冷蔵庫で日持ちさせるには、湿気がこもらないように紙類やキッチンペーパーなどで包んだうえで、ビニール袋に入れて口を縛るといいです。
そして、冷蔵庫の野菜室に入れます。

野菜は畑になっている状態で保存すると長持ちすると言われていますが、いんげんの場合は例外です。
さやの下の先端部分に尖ったひげのようなところがあり、そこが傷みやすいので、普通に平置きした方がいいです。

このように冷蔵すると、1週間くらいは日持ちします。


これまでにお伝えしたように、いんげんは冷蔵することで、ある程度日持ちさせることが可能です。

とはいえ、ほかの野菜と同様、鮮度が良い状態で調理してすぐに食べてしまうに越したことはありません。
最後に、いんげんを簡単に美味しく食べられるレシピを載せますので、合わせて参考にしてください。

関連レシピ