冷凍・冷蔵を使い分け!鮭の保存。塩鮭や生鮭を日持ちさせる方法を解説。

投稿日:

鮭の冷凍・保存・賞味期限

鮭の保存方法を解説します。

鮭の切り身の賞味期限は、生鮭であっても塩鮭であっても、せいぜい2〜3日です。

しっかりと塩をした塩鮭であれば少しは長持ちしますが、スーパーに並んでいる塩鮭は、塩気控えめの甘塩鮭が主流。
そのため、塩鮭の日持ちも、生鮭と同じぐらいと考えておくのが無難です。

冷凍なら長期保存OK

もし2〜3日中に鮭を使う予定がないのであれば、すみやかに冷凍保存してしまうのがおすすめです。
鮭を冷凍すれば、賞味期限を1ヶ月ほどにのばすことができます。

この記事では、鮭の冷凍・冷蔵方法について詳しくお伝えします。

鮭の冷凍

鮭冷凍
まずは、鮭を冷凍して保存する方法についてです。

鮭は、冷凍することで、長期保存することができます。
冷凍した場合の日持ちは1ヶ月。

冷凍の手順は、「塩鮭」・「下味の付いた鮭」・「生鮭」の場合で、それぞれやり方が異なります。

塩鮭の冷凍手順
塩鮭の冷凍方法 「塩鮭」の切り身だったら、まず最初に、鮭に付いた水気をキッチンペーパーできれいに拭き取ります。

そして、使いやすいように一切れずつラップでぴったりと包み、何枚かまとめて保存袋に入れて、冷凍します。

下味の付いた鮭の冷凍手順

「下味の付いた鮭」の場合は、調味料が付いた状態で1切れずつラップで包み、さらに保存袋に入れます。

もし汁気がかなり多い場合は、ラップで包まずに、小分けにして直接保存袋に入れることもできます。

生鮭の冷凍手順

「生鮭」だったら、まずは、塩鮭と同じように、水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

そして、あまり味を付けたくない場合は、塩(少々)を振って5分ほど置き、再び水分が出てきたら、もう1度キッチンペーパーで拭き取ります。
最後に酒(少々)をまぶして、一切れずつラップでぴったりと包み、さらに保存袋に入れます。

生鮭の冷凍 一方で、しっかり味付けしたい場合は、お好みの調味料とともに保存袋に入れ、中の空気をしっかり抜けばOKです。

たとえば、醤油ベースの甘辛い味付けにしたいなら、別記事「冷凍できる鮭の漬け焼き」を参考に味付けをしてみてください。


解凍方法

凍った鮭の解凍方法としては、一晩ほどかけて、冷蔵庫で自然解凍するのが一番おすすめです。

冷凍した塩鮭 常温での解凍は、傷みやすいので、解凍後にすぐに調理するのならアリ。

レンジでの解凍は、誤って火が入る可能性があるので失敗しやすく、あまりやらない方がいいです。


解凍後の焼き方

解凍した鮭は、フライパンでもグリルでもお好みの方法で焼くことができます。

グリルだったら、あらかじめグリルを温めたうえで、強火で両面を6〜10分ほど焼けばOK。

冷凍した鮭の切り身を焼く フライパンだったら、クッキングシートがあればそれを敷いて、中火で両面を6〜8分焼きます。

ただし、鮭を凍ったまま焼くのはNGです。
凍ったまま焼くと、中心部分まで火が入りにくく、表面だけがパサついたり焦げたりしてしまいます。

なお、冷凍した鮭を解凍して焼く方法は、別記事「冷凍鮭の解凍と焼き方」で詳しく解説しています。
合わせて参考にしてください。

鮭の冷蔵

鮭の冷蔵保存
続いて、鮭を冷蔵して保存する方法について解説します。

生鮭でも塩鮭でも、鮭を買ったら、すみやかに冷蔵庫に入れるのが基本です。
鮭は、傷みやすいので常温保存はできません。

水分を拭き取って冷蔵

鮭を冷蔵するにあたって、ほんのひと手間かけると、より美味しく食べられます。

それは、鮭をパックから取り出して、鮭に付着した水分(ドリップ)をキッチンペーパーなどできれいに拭き取り、ラップで包むなどして密閉することです。

スーパーなどで売られている鮭は、冷凍ものを解凍して陳列している場合がほとんどなので、解凍する際に出た水分が鮭に付着しています。

この生臭みのある水分が付いたまま保存すると、鮭に臭いが移ってしまいます。
そのため、きれいに拭いてから、乾燥しないようにラップでぴったり覆って、冷蔵することをおすすめします。

味付け鮭はパックのまま冷蔵

ちなみに、西京漬けや塩麹漬けなど、すでに味が付いている鮭の場合は、パックのまま冷蔵庫に入れればOKです。

チルド室で鮮度をキープ

鮭を冷蔵庫に入れる際には、場所にもこだわりたいところです。

生鮭の保存に一番適したスペースは、冷蔵庫の中でも一番温度が低い「チルド室」です。
ぎりぎり凍らない程度の低温で保存すると、鮮度が落ちにくいです。

とは言え、鮭も、他のほとんどの食品と同様に、時間の経過とともに味も落ちてしまうので、パックに記載された賞味期限を目処にして、早めに食べ切るのが一番です。


以上、鮭の保存方法についてお伝えしました。

鮭を保存する際には冷蔵するのが基本ですが、長期保存したい場合は、冷凍が便利。
上手に使い分けるといいですよ。

関連レシピ