やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

投稿日:

昆布の保存方法について解説します。

昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。

  • 乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさらに安心。
  • 昆布の表面の白い粉は、カビではなく美味しさの元になっている成分なので、取り除かずに保存する。
  • 戻した昆布や生食用の昆布を長期保存したい場合は、冷凍が便利。

詳しくお伝えします。

昆布の常温保存

乾燥させた昆布は、常温でもかなり日持ちする、便利な食材です。

常温での日持ちは1年ほど。
室内の比較的涼しい場所(冷暗所)を選び、しっかりと密閉して乾燥状態をキープすれば、カビが生えることもありませんし、腐る事もありません。

また、袋に記載された賞味期限までに食べきるのが基本ですが、仮に賞味期限が切れたとしても、すぐに食べられなくなるわけでもありません。

高温多湿は避ける

ただ、その反面、高温多湿にはとても弱いです。
気温の高い場所や日の当たるところに放置したり、あるいは十分に密閉されないまま湿気させてしまうと、風味がガタッと落ちてしまいます。

そのため、昆布を保存する際には、気温の低い場所を選びつつ、湿気対策を怠らないことが大切です。

昆布をしっかり密閉できるのなら、買ってきた袋のままでもいいですし、ビンなどの保存容器に入れ替えてもOK。

長期保存したい場合は、乾燥剤を一緒に入れておくとより安心です。

昆布の冷蔵・冷凍保存

このように、昆布は、常温保存が可能な食材です。
とは言え、冷蔵や冷凍するメリットも実は十分にあって、常温よりもさらに安心して保存することができます。

室内の温度や湿気に左右されない

冷蔵庫や冷凍庫に入れると、低温で安定的に保存できるので、気温が上がりやすい夏季でも昆布の劣化が抑えられます。

また、冷蔵庫の庫内は常に乾燥した状態になっています。
そのため、昆布が湿気にくいという良さもあります。

こうしたことから、庫内に隙間があるのなら、通年を通して、冷蔵もしくは冷凍しておくのがおすすめです。
その際には、昆布を袋や容器などに入れてしっかり密閉したうえで保存してください。

冷蔵と冷凍の違い

なお、使い勝手の面では、冷蔵した昆布も冷凍した昆布も同じです。
乾燥状態の昆布は冷凍庫に入れてもカチコチに凍るわけではないので、冷蔵した場合と同様にすぐに料理に使えます。

ただ、保存性の面では、冷凍庫の方がやや優れています。
冷凍庫の方が低温で保存できる分、昆布の質をより保ちやすくなります。

昆布の白い粉


ところで、昆布の表面に白い粉がたくさん付いていることがありますが、これはカビではありません。
「マンニット」と呼ばれる糖類で、昆布の旨味の元となっている成分の1つです。
これをカビだと勘違いして取り除くと、せっかくの昆布の風味が薄まってしまうので、注意が必要です。

本物のカビとマンニットの違い

なお、本物のカビの場合は、少し黒っぽかったり青っぽかったり緑っぽかったりする部分が混ざっていて、こんなに綺麗な白色ではないので、容易に区別できると思います。

また、本物のカビである場合は、昆布が湿気っていて、カビが生えやすい条件が整っている場合が多いです。

戻した昆布の保存


最後に、戻した昆布の保存方法についてお伝えします。

出汁を取るなどして戻した昆布は、常温では保存できません。
また、ラップや保存袋で密閉して冷蔵庫に入れたとしても、日持ちはせいぜい3〜4日です。

戻した昆布を長期で保存したい場合は、ラップで包んだうえで保存袋に入れて、冷凍するのがおすすめです。
そうすると、1ヶ月ほど日持ちするようになります。

だし用の板状昆布にかぎらず、乾燥刻み昆布を戻したものや、生食用として売られている切り昆布の場合も、まったく同じです。

戻した乾燥刻み昆布
生食用切り昆布

柔らかい昆布だったらどのような形状でも、使いやすいように小分けにしたうえで密閉して冷凍すれば、1ヶ月間いつでもすぐに使えます。

冷凍した昆布を加熱調理する場合は、解凍は不要。
凍ったままの状態で鍋に入れて、調理することができます。

たとえば、冷凍した昆布を使うと、「昆布の佃煮」も簡単に作れます。

あらかじめ調理しやすく刻んでから冷凍しておけば、わざわざ解凍してから切る必要がないため、大変便利です。


昆布の佃煮の味付けなどについては、リンク先を参考にしてください。
リンク先のレシピでは冷凍していない生の昆布を使っていますが、冷凍した昆布でもまったく同じように作れます。


以上、昆布の保存方法についてお伝えしました。

  • 乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさらに安心。
  • 昆布の表面の白い粉は、カビではなく美味しさの元になっている成分なので、取り除かずに保存する。
  • 戻した昆布や生食用の昆布を長期保存したい場合は、冷凍が便利。

昆布を保存するにあたっては、この3点を押さえておくといいですよ。

人気レシピ集食材

昆布のレシピ(7品)

関連記事

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。

冷蔵庫はNG!はちみつの保存方法を解説。基本は常温、冷凍も便利。

はちみつは、保存性がとても優れた食品です。水分が少ないうえに糖度が高いため、常温のまま保存することができます。常温保存に適したはち…

早くて旨いのはコレ!昆布だしの取り方。煮出しと水出しを上手に使い分け

昆布だしの取り方を解説します。昆布出汁の引き方は、大きく2パターンに分かれます。「煮出し」と「水出し」です。出汁の美味しさを重視す…

開封後は冷凍がベスト!パン粉の保存方法。冷凍・冷蔵の賞味期限も解説。

パン粉を長持ちさせたいのなら、冷凍庫で保存するのが一番おすすめです。パン粉は、冷凍してもカチカチにならないので、冷凍庫から出してす…

密閉&低温!お米の保存方法と保存期間。日持ちアップのコツを解説。

お米の上手な保存方法を解説します。お米は、空気に触れると酸化しやすいうえに、乾燥にも弱く、また、暖かい場所に置くと傷みやすい食材で…

落花生の保存。おすすめは炒らずに冷凍!採れたては塩茹でして冷凍。

落花生(ピーナッツ)の保存法をご紹介します。店頭で目にする落花生の多くは「乾燥させた生落花生」か「炒った落花生」のどちらかですが、…

冷凍もOK!数の子の保存方法。賞味期限をのばす方法を解説。

数の子を長持ちさせるための保存方法を解説します。数の子の賞味期限は、種類によってかなり変わってきます。食べやすいように味付けされた…

おすすめ記事

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

さつまいもの素揚げの簡単レシピ。コツをおさえて美味しさ凝縮!

さつまいもの素揚げのおすすめレシピをご紹介します。さつまいもを少し太めのスティック状に切って、さっと揚げるだけの簡単レシピ。油で揚…

ほっこり温まる!熊本のだご汁。たっぷり野菜のすいとんレシピ。

ほっこり身体が温まる、熊本の人気郷土料理、「だご汁(だんご汁)」のレシピをご紹介します。だご汁は、小麦粉と水を練ってのばした団子を…

熊本天草の定番おやつ!がね揚げの作り方。甘くて旨いさつまいもの天ぷら

さつまいも好きにおすすめの、熊本天草の郷土料理「がね揚げ」のレシピをご紹介します。がね揚げは、さつまいもを使った昔ながらの天ぷらで…

一口サイズで食べやすい!エリンギの肉巻きレシピ。豚バラ肉でコク旨。

エリンギと豚バラ肉を使った肉巻きのレシピをご紹介します。ご飯がすすむ、王道の甘辛い肉巻きレシピ。エリンギの弾力のある食感としっかり…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

切る向きでこんなに違う!白菜の千切りの方法。縦と横を上手に使い分け。

白菜の千切りの切り方を解説します。千切りとは、食材を「線」のように細く、1〜2ミリくらいの幅に切り分ける方法です。千切りにした白菜…

昆布の保存。常温でもOKだが冷凍なら更に安心。表面の白い粉は旨味の元

昆布の保存方法について解説します。昆布を保存する際のポイントは、次の3点です。乾燥状態の昆布は常温で保存できるが、冷蔵・冷凍ならさ…

火の通り&味しみがUP!白菜のそぎ切りのやり方。鍋や煮物に便利。

白菜のそぎ切り(削ぎ切り)の切り方を解説します。そぎ切りは、その名の通り、食材を削ぐように切り分ける方法です。包丁を斜めに入れると…

まろやかな味わい!南蛮酢のレシピ。酸味と甘みを抑えた優しい味付け。

かんたんで美味しい南蛮漬のレシピをご紹介します。「南蛮酢」とは、南蛮漬けに使われる甘酸っぱいタレのこと。市販品もありますが、自宅で…

ラクにスルッと!白菜の葉の取り方。葉1枚1枚を簡単に剥がすコツ。

白菜の葉を株から1枚ずつ剥がす方法を解説します。白菜の葉は、根元に切れ込みを入れて、そこから外すのが簡単です。この外し方は、キャベ…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

こんなに簡単!白菜丸ごとの切り方。切れ目を入れて手で裂くとラクチン。

白菜丸ごと1株の、上手な切り方を解説します。丸ごとの白菜はかなりサイズが大きいため、切ってから料理に使うのが一般的です。白菜を切る…

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方と戻し率。基本の水戻しから時短まで。

刻み昆布(乾燥切り昆布)の戻し方を解説します。刻み昆布とは、乾燥させた昆布を細切りにしたもののことで、切り昆布と呼ばれることもあり…

冷凍すれば長持ち!昆布だしの保存方法。冷蔵庫での日持ちは3〜4日。

昆布だしの保存方法を解説します。昆布だしは、常温での保存には向きません。また、冷蔵庫で保存したとしても、賞味期限は3〜4日ほどです…

白菜は洗わない?白菜を洗う必要性と簡単な洗い方。内側は意外ときれい。

白菜は、まったく洗わないで使うのは不衛生ですが、一方で、部位によって汚れの付き方に差があります。中側と外側とでは泥などの付き具合が…

鮭(生鮭・塩鮭)の焼き方。グリルが一番旨い!フライパンは片付けが楽。

鮭の美味しい焼き方を解説します。用意する鮭は、塩鮭でも生鮭でもOKです。鮭の切り身を焼いて食べるのなら、魚焼きグリルを使うのが一番…

賢く使い分け!白菜の切り方。鍋や煮物など料理に合ったカット方法を解説

白菜の切り方を解説します。白菜は、芯(軸)の部分と葉の部分とでは、火の通りやすさも食感もかなり違います。芯の部分は、火が通って柔ら…

旨味が濃いのはコレ!しいたけのフライパンを使った焼き方。塩が秘訣

フライパンを使った、しいたけの上手な焼き方をご紹介します。しいたけを焼く方法としてはトースターやグリルなどもありますが、その中で、…

1/4株を丸ごと切れる!白菜のざく切り。一番簡単なやり方を解説。

白菜のざく切りの切り方を解説します。ざく切りとは、食材を3〜5センチ角くらいの大きさのぶつ切りにする方法です。白菜を食べやすいサイ…

最新記事

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

爽やかな甘味!柚子のはちみつ漬けレシピ。蜂蜜たっぷりで食べやすさUP

苦味を抑えて風味よく!柚子ピールのレシピ。白いわたごと使うのがコツ。

こってり甘辛!せりと豚肉の炒め物レシピ。さっと炒めてシャキシャキ食感

せり(芹)の風味と食感をいかした、ご飯によく合う炒め物の作り方をご紹介します。せりと豚肉を具材にした、味噌炒めのレシピです。スーパ…

手軽に美味しく長期保存!柚子の砂糖漬け。余った柚子の使い切りレシピ。

柚子の砂糖漬けのレシピをご紹介します。生の柚子をそのまま食べると酸味と苦味が気になりますが、砂糖に漬けることで食べやすさが大幅にア…

極上和風仕上げ!菜の花スープのレシピ。海苔の風味が好相性。

菜の花を使った風味豊かなスープの作り方をご紹介します。菜花と焼き海苔を具材に使ったスープのレシピ。お好みで、柚子の皮か、生姜か、小…

爽やかな甘味!柚子のはちみつ漬けレシピ。蜂蜜たっぷりで食べやすさUP

柚子の蜂蜜漬けのおすすめの作り方をご紹介します。柚子を生のまま漬けるレシピになっていて、苦味や酸味が少なく、とても食べやすいのが特…

苦味を抑えて風味よく!柚子ピールのレシピ。白いわたごと使うのがコツ。

柚子ピールのおすすめの作り方をご紹介します。柚子の皮には特有の苦味があり、その苦味には個体差も結構あります。でも、このレシピだった…