ムダなく風味よく!柚子の絞り方。絞り汁を上手に絞る4つのポイント。

投稿日:2022年2月2日 更新日:

レシピ動画

柚子の上手な絞り方を解説します。
柚子の絞り汁をムダなく簡単にとる方法についてです。

ポイントは、次の4つです。

  • 外皮がかたい場合は、レンジで軽く加熱して柔らかくすると、絞りやすくなる。
  • 半分に切り分ける際に、横向きに包丁を入れると、果汁がムダに流れ出ない。
  • 手で絞るときには、外皮を下に向けて絞ると、外皮から滲み出たエキスが絞り汁と一緒に摂れるため、風味や栄養効果がアップする。
  • レモン絞り器だと絞りにくい場合は、果肉をザルに広げてヘラで押し付けると、より簡単に絞れる。

それぞれについて詳しく解説します。

柚子の絞り方

柚子をレンジで加熱して絞りやすくする まず最初は、柚子のかたい外皮を柔らかくする方法についてです。

使用する柚子がかたい場合は、そのまま電子レンジに入れて、500〜600Wで20〜30秒ほど軽く温めると、外皮が少しソフトになって絞りやすくなります。

黄柚子は柔らかい場合がほとんどですが、青柚子の果汁を絞る時には便利です。


柚子の果汁を無駄にしない切り方

柚子の絞り汁をムダにしない切り方
続いては、柚子の汁をムダにしない切り方についてです。

まず、柚子を横半分に切ります。
この時、包丁を最後まで下ろさずに、途中で止めます。

包丁を下まで入れない
まな板に流れ出た柚子の絞り汁 柚子の果汁は、包丁で半分に切るだけで、まな板の上にかなり流れ出てしまいます。

そのため、途中で包丁を止めて、果汁の流出を抑えます。


柚子を横向きに切る
そして、柚子を横向きにして、包丁を最後まで入れます。

このように切ると、柚子の果汁が流れ出ません。


柚子の風味や栄養がアップする絞り方

風味と栄養がアップする柚子の絞り方
次に、柚子の風味や栄養がアップする搾り方について解説します。

柚子を手で握って絞る場合は、半分に切り分けたうえで、外皮を下に向けて絞るのがおすすめです。

皮を下にすると風味&栄養UP

このようにして絞ると、種が落ちにくくなるうえに、果汁が外皮を伝って下に落ちるため、外皮から滲み出た風味や栄養も一緒に摂ることができます。

柚子の外皮には、精油成分の「リモネン」や「リナロール」が含まれています。
こうした成分が絞り汁に加わると、香りが良くなるだけでなく、血行促進効果やリラックス効果なども期待できます。


果汁を無駄にしない絞り方

レモン絞り器で柚子を絞る
手で握って果汁を絞る方法はとても手軽ですが、やはり、多少の絞り残しは生まれます。

もし、柚子の果汁をきれいに絞り取りたい場合は、まずは、レモン絞り器を試してみてください。
レモン絞り器を使うと、手では絞りきれなかった部分までガッツリと絞ることができます。


ゆずの房をザルにのせてヘラで押し付けて絞る
ただ、柚子は、レモンとくらべて種が多くて果肉部分がスカスカですし、そのうえ、絞っている間に房が外皮から剥がれやすいです。
そのため、レモン絞り器だと少し絞りにくいと感じることもあるかもしれません。

そういう場合は、こちらの方法を試してみてください。
ザルとヘラを使った方法です。

まず、柚子の房を外皮から取り出します。

柚子の房の取り方 柚子の房は、房と皮の間に親指を入れて、皮の内側をぐるっと一周なぞるようにすると、すべてが一気にするっと取れます。

そして、房をザルの上にのせて、ヘラで押し付けて果汁を絞ります。

このザルを使う方法は、意外と無駄なく果汁が取れます。

さらに根こそぎ果汁を取りたいという場合は、最後に、残った柚子の薄皮を手でぎゅっと握って絞るといいです。
ここまですれば、かなりきれいに絞り取れます。


絞り汁の保存

絞った柚子の果汁は、冷蔵や冷凍することで、ある程度日持ちさせることが可能です。

柚子の絞り汁の保存期間は、冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月ほどと考えてください。

長期保存すると風味が落ちるので、これくらいの日数を目途にしてなるべく早めに使い切るのがおすすめです。

柚子の汁の保存 なお、冷凍する場合は、製氷皿に小分けにすると便利です。

絞り汁の使い方

また、絞った柚子の汁には、幅広い使い道があります。

柚子絞り汁のレシピ(柚子ジュース)柚子ジュース」にして飲んだりするほか、ゼリーなどのお菓子に使ったり、ポン酢やドレッシングに加工したり、あるいは鍋料理や焼物などの風味付けに使ったりと、利用法はいくらでもあります。

爽やかな風味がクセになるので、ぜひ積極的に活用してください。

なお、残った外皮は、「柚子ピール」にして食後のちょっとしたおやつにするのがおすすめです。
さらに、残った種は、「柚子化粧水」に加工して、捨てずに活用することもできますよ。

関連レシピ