油の温度の見分け方。温度計なしで確認!170度の目安も動画で紹介。

投稿日:

油の温度の目安

油の温度の見分け方を解説します。
温度計を使わずに、揚げ油の温度を確認する方法です。

油の温度を確認するにあたっては、次の2つのことを目安にするのがおすすめです。

  • 菜箸を水で濡らして水気を拭き取り、油に入れて、泡の出方を見る。
  • 衣を油に入れて、浮き上がり方を見る。

この記事では、「130〜140度」「150〜160度」「170〜180度」「190〜200度」の4段階に分けて、揚げ油の温度の測り方を解説します。

菜箸で確認する方法

130〜140度
150〜160度
170〜180度
190〜200度

まず最初は、菜箸を使った油の温度の見方です。

下準備としては、菜箸を水で湿らせて、水気を拭き取ればOK。
その状態で揚げ油に入れると、細かい泡が出てきます。

油の温度によって泡の大きさや勢いが異なり、その違いは、上の動画を見ていただくと分かりやすいです。
130〜140度だと、泡のサイズが小さくて、勢いもそれほど強くありません。
でも、温度が上がるにつれて勢いが増し、190〜200度になると、泡が力強く出てきます。

衣で確認する方法


もう1つの見分け方は、少量の衣を油の中に入れてみる方法です。

上の動画をご覧いただくと、油の温度が高いほど衣が早く浮き上がってくることが、ご確認いただけると思います。

130〜140度だと数秒がかかりますが、190〜200度になると、一瞬で上がってきます。
このように、衣が浮き上がってくるまでの時間が油の温度によって異なるため、この方法もとても便利です。

揚げ油の温度に応じた使い分け

続いて、油の温度に応じた使いみちについて解説します。

130〜140度


まずは、130〜140度。

こちらは、揚げ油としては温度が低すぎるため、揚げ物には使われません。
使われることが多いのは、中華料理の油通しです。

油通しというのは、食材を高温の油に短時間浸す作業のこと。
料理の下ごしらえの一つで、発色や食感を良くしたり、旨味を閉じ込めたりするために行われます。

野菜類は200度近い高温で油通しすることもありますが、肉類は、130〜140度くらいの油に通すことが多いです。


150〜160度(低温)


150〜160度は、揚げ油としては少し低めの温度です。

この温度帯は、唐揚げを2度揚げするときや、厚みのある食材を揚げるときによく使われます。

唐揚げを作る際には、サクサクとした食感に仕上げるために、最初は150〜160度の低温で加熱して十分に火を通し、一度油から引き上げて数分休ませてから、最後に170〜180度くらいでサッと揚げることが多いです。

また、れんこんやごぼうなどの根菜類を揚げるときも、150〜160度くらいの油でじっくりと加熱すると美味しく仕上がります。


170〜180度(中温)


170〜180度は、一般的な揚げ物によく使われる温度です。

とんかつ・コロッケ・フライドポテト・フライドチキンなど、揚げ物全般を調理するのに適しています。


190〜200度(高温)


190〜200度は、揚げ油としては高温な部類です。

こちらは、水気を多く含む食材を揚げるときによく使われます。
白身魚やエビなどの魚介類、なすなどの水分の多い野菜類などを揚げるのに適しています。


以上、揚げ油の温度の見分け方と、温度に応じた油の使い分け方についてお伝えしました。

温度計がない場合、正確な温度を計測することは勿論できません。
でも、ある程度、あたりを付けることはできます。
今回ご紹介した2つのやり方を覚えておくと大変便利ですよ。

関連レシピ