なすの角切りのやり方。さいの目切り&あられ切り!基本の切り方を解説。

投稿日:

レシピ動画

なすの角切りの切り方を解説します。

1センチの角切りは「さいの目切り」とも呼ばれており、さいの目切りにしたなすは、料理に幅広く活用されるほか、お盆のお供え物「水の子」にも使われます。

また、5ミリの角切りは、別名「あられ切り」と呼ばれます。
こちらは、山形の郷土料理「だし」などによく使われます。

この記事では、こうした基本の角切りのほかに、なすを少し大きめの1.5〜2センチ角に切る簡単な方法も合わせてご紹介します。

基本の角切り(さいの目切り)

まず最初は、なすを5ミリ〜1センチくらいの小さめの角切りにする方法についてです。

なすのヘタとガクを切り落とす

なすのヘタを利き手の方に向けて、まな板の上に横向きに置きます。
そして、包丁を使ってヘタの部分を切り落とし、ガクも一緒に取り除きます。


なすを縦にして端から切る

次に、なすを縦向きに置き、端から1センチ(あられ切りにする場合は5ミリ)幅に切ります。

さいの目切りはすべて1センチに切る

さいの目切り(1センチ角)にする場合は1センチ幅に、あられ切り(5ミリ角)にする場合は5ミリ幅に切ってください。

ちなみに、上の写真は、5ミリ角に切っています。


なすの切断面を下にして縦に置き、端から切る

続いて、切ったなすの断面を下にして、縦向きにして置きます。
そして、端から1センチ(あられ切りにする場合は5ミリ)幅に切ります。


なすを90度回転させて端から切る

最後に、切ったなすを90度回転させて横向きにして置き、端から1センチ(あられ切りにする場合は5ミリ)幅に切ります。


角切りにしたなすを水に浸ける

切ったなすは、すぐに水(もしくは塩水)に5分ほどさらすと、茶色く変色するのを防ぐことができます。

なすの角切りレシピ

なすの角切りを使った料理(山形のだし)
なすを小さめの角切りにするお料理といえば、「山形のだし」が有名です。

だしは、山形発祥のとても素晴らしい郷土料理。
なすの他にきゅうりやみょうがや大葉も一緒に刻み、お醤油をかけるだけで、ご飯によく合うおかずの完成です。
リンク先の作り方もぜひ参考にしてください。

きゅうりのさいの目切り

ちなみに、お盆のお供え物である「水の子」を作る場合は、なすの他に、さいの目切りにしたきゅうりや米を使います。

きゅうりの角切り(さいの目切り)
きゅうりの切り方については、リンク先で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

大きめの角切り

続いて、なすを1.5センチ〜2センチくらいの大きめの角切りにする方法を解説します。

なすを大きめの角切りにする

なすを大きめの角切りにする場合は、先に、輪切りにするといいです。

1.5センチの角切り

なすを輪切りにする
1.5cmの輪切り
なすを4等分に切る
4等分

たとえば、1.5センチ角に切る場合。
この場合は、まず、なすのヘタとガクを取り除き、1.5センチ幅の輪切りにします。
そして、なすの断面を下にして置き、4等分くらいに切ります。

2センチの角切り

なすを輪切りにする
2cmの輪切り
なすを2〜3等分に切る
2〜3等分

2センチ角に切るのなら、2センチ幅の輪切りにします。
そして、なすの断面を下にして置き、2〜3等分くらいに切ります。

いずれにしても、なすが完全にキューブ状に切れるわけではなく、いちょう切りや半月切りのように切れます。
大きめの角切りにする場合は、冒頭でご紹介した切り方で切るよりは、こちらの方が、ねらった大きさに簡単に切り分けやすいです。

なすの角切りレシピ

なすの角切りを使った料理(ぶたあえ:豚和え)
なすの大きめの角切りを使ったおすすめ料理としては、「豚和え」があります。

こちらは、熊本県天草地方の郷土料理で、豚肉を使っていないのに豚和えという面白いネーミングです。

豚の代わりに使っているのはたこ。
たことなすを使った、甘辛い味噌炒めです。
リンク先もぜひ参考にしてください。

関連レシピ