やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

密閉&低温!お米の保存方法と保存期間。日持ちアップのコツを解説。

投稿日:2015年2月9日 更新日:

お米の上手な保存方法を解説します。

お米は、空気に触れると酸化しやすいうえに、乾燥にも弱く、また、暖かい場所に置くと傷みやすい食材です。

ですから、長く日持ちさせるためには、しっかりと密閉したうえで、涼しい場所で保管することが大切です。
お米の保存に最適な温度は15度以下と言われており、安心して保存したいのなら、冷蔵庫に入れるのが一番おすすめです。

保存が効く米を選ぶ

お米を長期保存したいのなら、お米の選び方も重要です。

  • 白米よりも玄米の方が日持ちする。
  • 袋詰めよりも真空パックが日持ちする。
白米より玄米が長持ち

お米といえば、白米がもっともポピュラーですが、実は、玄米を購入した方が長持ちします。

白米の賞味期限は、保存に適した涼しい場所に置いた場合で、1〜2ヶ月程度。
でも、玄米だったら、3〜6ヶ月は大丈夫です。

精米した米は酸化しやすい

米は、精米した状態で置いておくと、どんどんぬか臭くなり、味も落ちていってしまいます。

玄米は、ぬか層が果皮でコーティングされていますが、白米だと果皮がありません。
そのため、表面に残ったぬかが剥き出しになり、空気に触れて酸化しやすくなります。

なお、ぬかをあえて残した「分づき米」の場合は、ぬか層が多い分、白米よりもさらに日持ちしにくいです。

精米してから保存することにはこうしたデメリットがあるため、わが家では普段から玄米を買っており、白米を食べたい時は、炊く直前に家庭用の精米機で精米しています。

真空パックがおすすめ
また、普通の米袋に入った米(左)よりも、真空パックに入った米(右)の方がずっと日持ちしやすいです。

真空パックであれば、最大1年くらいは長持ちします。

これも、先ほどと同じ理由で、お米が空気に触れやすいかどうかが関係しています。
お米は、空気に触れる機会が多いと、酸化して味が落ちてしまうため、外気を遮断した真空パックの方が、長持ちしやすくなります。

そのため、お米を一度に大量に買う場合は、真空パックのお米を選ぶのがおすすめです。

米袋は意外と空気を通す

ところで、ごく一般的な米袋は、ちゃんと密閉されているように見えて、実はそういう構造にはなっていません。
ビニール製に限らず、米袋には、空気孔として小さな穴が袋のどこかにあいている場合がほとんどです。

米袋に入れたまま放置しておくと、この穴から米の水分が蒸発して乾燥したり、逆に湿気が入ってきたりします。
また、ニオイが強いものが近くにある場合は、それが米に移ってしまうこともありえます。

こうしたことを防ぐためにも、米袋で買ったらそのままにせずに、密閉できる保存袋で覆ったり、ジップロックや保存容器にすみやかに移し替えるのがおすすめです。

米びつは涼しい場所に置く

お米は、白米であっても玄米であっても、常温で保存することができます。

ただし、それはあくまで、涼しい季節限定の話です。
暖かい場所にお米を長期間置くと、傷みやすくなります。

米びつで長期保存はNG

常温で保存するにあたっては、米びつなどの保存容器に収納すると使いやすいですが、一方で、米びつに入れたまま長時間放置すると、酸化して味が落ちますし、ダニなどの虫がつきやすくなります。
ですから、米びつで保存する場合は、冷暗所に置いたうえで、中の米はなるべく早めに使い切ってください。

お米が大量にある場合には、米びつに入れる量はやや控えめにして、残りはしっかり密閉したうえで、このあとにご紹介する「冷蔵保存」にまわすのがおすすめです。

唐辛子で虫除け

ちなみに、お米を米びつに入れてストックする際には、乾燥赤唐辛子を一緒に入れておくと安心です。
唐辛子を入れると、米に虫が付きにくくなります。

右の画像は、市販の米びつ用防虫剤。
唐辛子の形をしたケースの中には、赤唐辛子が入っています。

こうした商品を使ってもいいですし、料理に使う赤唐辛子を数本、米と一緒に入れておくだけでも、効果があります。

冷蔵庫での保存がおすすめ

手元の米をなるべく日持ちさせたいのなら、やはり、冷蔵保存が一番おすすめです。

冷蔵保存する際のポイントは、空気を抜いたうえで、お米をしっかりと密閉することです。
その点に気を付けて保存すると、酸化や乾燥、他の食品からのニオイ移りなどを防ぐことができます。

真空パックの米を買ったのなら、そのままの状態で冷蔵庫の野菜室へ。
ごく普通の米袋に入った米を買ったのなら、保存袋に入れ替えて中の空気をしっかり抜いて保存します。

冷蔵での日持ち

冷蔵での保存期間は、保存袋に詰め替えた場合で、白米なら1〜2ヶ月、玄米なら3〜6ヶ月が目安です。
真空パックだったら、白米で半年、玄米で1年くらい日持ちします。

ただし、袋に賞味期限が印字されている場合は、それまでに食べ切るのがおすすめです。


ご飯の保存方法

ところで、生米ではなく、炊いたご飯を保存する場合は、リンク先の記事を参考にしてください。

残ったご飯は、ラップなどでぴったりと密閉したうえで、冷凍してしまうのが一番おすすめです。

冷蔵するよりも冷凍した方が、炊きたての美味しさをキープできますよ。

ぶどうの保存方法。冷凍してお手軽スイーツ!冷蔵庫での保存期間も解説。

ぶどうは常温での保存が向いていないので、買ったらすぐに冷蔵庫に入れます。冷蔵庫での保存期間は1週間程度。ただし、パックごと保存すると下の方か…


落花生の保存。おすすめは炒らずに冷凍!採れたては塩茹でして冷凍。

落花生(ピーナッツ)の保存法をご紹介します。店頭で目にする落花生の多くは「乾燥させた生落花生」か「炒った落花生」のどちらかですが、この記事で…


里芋を長持ちさせるコツ!泥付きが日持ちする。保存方法と保存期間を解説

里芋は、涼しい季節だったら常温保存ができます。里芋を常温保存するのなら、新聞紙(もしくは紙など)で包むなどして、段ボールなどの通気性の良い入…


セロリの保存方法。冷凍できるが食感は劣化!長期なら保存食がおすすめ。

セロリの冷凍保存・冷蔵保存について解説します。セロリは常温保存に向かない食材なので、買ったらすぐに冷蔵庫に入れます。その際には、葉と茎を切り…


ひじきは冷凍できる!煮物にして冷凍保存もOK。冷蔵保存期間も解説。

ひじきの保存について解説します。ひじきの冷凍と冷蔵についてです。


じゃがいもの保存方法と保存期間!冷凍・冷蔵・常温の使い分け。

じゃがいものおすすめの保存方法と保存期間をご紹介します。じゃがいもは、野菜の中では、比較的「常温」での保存に向いた食材です。涼しい季節であれ…


とうもろこしの保存。冷凍はイマイチ!冷蔵で早めに食べ切るのがお勧め

とうもろこしを保存する方法をご紹介します。お伝えする保存方法は2パターン。冷凍と冷蔵、それぞれについて解説します。とうもろこしは、わりと足が…


ぎんなんの保存方法。高温多湿はNG!長期保存なら冷凍がおすすめ。

銀杏(ぎんなん)の保存方法と賞味期限について解説します。銀杏の旬は、9〜12月です。この時期の銀杏はとても美味しくいただけますが、一方で、収…


おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。


梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。


菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。


スナップエンドウの胡麻和え!人気の定番和え物の風味たっぷりレシピ。


バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。


人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ


蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。


牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。


ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方


ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ


えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。


トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。


ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。


ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。


とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならそのまま。皮なしならラップで包んで。普通のゆで方よりもずっと甘いですし、栄…


梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作っていますが、いろいろ試した中で、初めてでも失敗しない簡単な漬け方をお伝え…


菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほろ苦い風味と、からしのツーンとした辛みは、相性が抜群。菜の花はアブラナ…


スナップエンドウの胡麻和え!人気の定番和え物の風味たっぷりレシピ。

スナップエンドウの和え物のレシピをご紹介します。すりごまを使った、人気の胡麻和えのレシピです。胡麻の他にかつおぶしも加えることで、旨味と風味…


バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかった、王道のバナナマフィンのレシピです。バナナの濃厚な甘みに、レモンの爽…


人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキのレシピで…


蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的な、人気のプレーン蒸しパンのレシピです。作り方は簡単で、小麦粉に卵・牛…


牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹介します。レシピのポイントは、水なしで、牛乳だけで寒天を溶かすことです…


ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとくるみをたっ…


ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシピです。ささみカツは、豚肉を使ったトンカツよりも脂が少なく、さっぱりめ…


えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッと巻いて、フライパンでこんがりと加熱。焼き上がった肉巻きを、醤油やみり…


トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味は、時に感…


ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているものが多く、…


ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海の国々で食…


最新記事

こんがりとろ甘!焼きバナナのフライパンレシピ。バターのコクで旨さUP


旨みたっぷりな作り置き!鶏肉の塩麹煮。鶏もも肉の常備菜レシピ。


カリッと旨い!ホットケーキミックスのピザ。簡単トースターレシピ。


油で揚げると激ウマ!手羽先の素揚げレシピ。パリッとジューシーな食感。


ガツンとコク旨!肉味噌の作り方。混ぜて炒めるだけの簡単レシピ。


こんがりとろ甘!焼きバナナのフライパンレシピ。バターのコクで旨さUP

こんがり甘い、焼きバナナのレシピをご紹介します。作り方は簡単で、バナナを、バターと砂糖と一緒にフライパンで加熱したらできあがり。バナナを縦半…


旨みたっぷりな作り置き!鶏肉の塩麹煮。鶏もも肉の常備菜レシピ。

常備菜に便利な、鶏肉の塩麹煮のレシピをご紹介します。塩麹の旨みがたっぷりと染み込んだ、鶏もも肉の甘辛煮。できたての熱々が美味しいのはもちろん…


カリッと旨い!ホットケーキミックスのピザ。簡単トースターレシピ。

カリッとしていて香ばしい、ホットケーキミックス(HM)ピザのレシピをご紹介します。ピザと言えば、小麦粉の発酵生地を使うのが王道ですが、ホット…


油で揚げると激ウマ!手羽先の素揚げレシピ。パリッとジューシーな食感。

手羽先の素揚げのレシピをご紹介します。表面はパリッとしていて、中はジューシーな一品。油で揚げることで、鶏肉の旨みをギュッと閉じ込めて、コクの…


ガツンとコク旨!肉味噌の作り方。混ぜて炒めるだけの簡単レシピ。

こってり濃厚な味わいが魅力の、万能肉味噌のレシピをご紹介します。豚ひき肉をごま油で炒めて、味噌やにんにくや砂糖などで甘辛く味付けした一品。し…