大根餅のレシピ・作り方。コク旨で美味しい!カリッともっちり仕上げ

投稿日:2016年1月5日 更新日:

大根餅

簡単で美味しい大根餅の作り方をご紹介します。

大根をすりおろさないのがポイントで、千切りにした大根を使うことで、食感をアップさせるレシピになっています。

また、片栗粉と小麦粉を両方使うのも特徴の一つ。
2種類の粉を使い、表面はカリッと、中はモッチリとした口当たりに仕上げます。

桜えびとごま油の風味も加わって、とても美味しくいただけますよ。

材料

2人分:調理時間10分
大根 200g(1/6本程度)
桜えび 大さじ4(8g)
片栗粉 大さじ3
薄力粉 大さじ3
鶏ガラスープの素 小さじ1
ごま油 大さじ2
酢醤油・練りからし 適量
カロリー
1人分237kcal

作り方

大根を千切りにする

まず、大根(200g:1/6本程度)の皮をむき、千切りにします。

参考:大根の千切り


大根もちの生地

次に、千切りにした大根・桜えび(大さじ4:8g)・片栗粉(大さじ3)・薄力粉(大さじ3)・鶏ガラスープの素(小さじ1)をボールに入れ、手でよく混ぜ合わせます。

小麦粉と片栗粉を使う

大根もちの生地には、小麦粉と同量の片栗粉を加えます。

片栗粉を加える、表面はカリッと中はモチっとした生地に仕上がります。


大根もちをフライパンで焼く

生地がまとまったら6等分し、平たい円形にして焼きます。

大根の水気が少なくて生地がまとまらない場合は、水(少々)を足して、まとまるようにしてください。

フライパンにごま油(大さじ1)を引き、生地を並べて強火にかけます。
フライパンが温まったら、弱めの中火にして、片面を4分ほど焼きます。


フライパンで焼いた大根餅

片面がこんがり焼けたら、ひっくり返します。

そして、ごま油(大さじ1)を足し、上の写真のようにヘラで押し付けるようにしながら、もう片面も4分ほど焼きます。

最後に、しばらく強火にし、両面がカリッとするまで焼きます。


タレ(酢醤油)を添えた大根餅

お皿に盛りつけたら完成です。

大根餅の食べ方

焼き上がった大根もちは、酢醤油と練りからしでいただくのがおすすめです。


大根もち

大根の自然な甘みが引き立つ、味わい深い大根もち。
食事としてだけでなく、小腹が空いたときのおやつにもピッタリです。

とても食べやすいので、この調理法だったら、大根がいくらでも食べられますよ。

関連レシピ