家事えもんのマカロニサラダのレシピ。お弁当にぴったり。

投稿日:2016年4月22日 更新日:

お弁当のマカロニサラダ

お弁当におすすめのマカロニサラダのレシピをご紹介します。

家事えもんこと、タレントの松橋周太呂さんが考案した「もちもちマカロニサラダ」です。

マカロニサラダはお弁当に入れるとパサつき、食感が硬くなりがちです。

でもマカロニを通常よりも1分ほど長めに茹でるだけで、冷めてもモッチリ柔らかい食感をキープすることができます。

調理時間は7分です。

(一部情報元:日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」家事えもんのかけ算レシピ 2016年4月21日放映)

もちもちマカロニサラダの作り方

お弁当のマカロニサラダ

「もちもちマカロニサラダ」のレシピです。

レシピの全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【1人分:調理時間7分】
マカロニ(※) 15g
ニンジン 10g
ブロコリー 10g
マヨネーズ 15g
適量
コショウ 適量

※茹で時間4分のマカロニを使用。

作り方
  1. ニンジンはピーラーで薄く細長くむき、ブロッコリーは適当な大きさに切る。
  2. マカロニを通常よりも1分長く茹でる。(5分茹でる。)
    茹で上がる1分前に、ニンジンとブロッコリーを加え、さっと火を通す。
  3. 2をザルに上げて流水にさらし、水気を切る。
  4. ブロッコリーとマカロニをボールに入れ、マヨネーズ・塩・コショウで味付けする。
  5. ニンジンにマヨネーズをつけ、端からクルクル巻いて花型にする。
  6. 4を盛りつけ、その上に5を飾ったらできあがり。

写真をもとに、レシピを説明します。

お弁当のマカロニサラダの作り方

お弁当のマカロニサラダ
【工程1】
まず野菜を切ります。

ニンジン(10g)はピーラーで薄く細長く切り、ブロッコリー(10g)は適当な大きさに切ります。


お弁当のマカロニサラダ
【工程2】
次にマカロニ(15g)を通常よりも1分長く茹でます。
茹で時間4分のマカロニを使うので、5分茹でることになります。


お弁当のマカロニサラダ
マカロニが茹で上がる1分前になったら、ニンジンとブロッコリーを加え、さっと火を通します。


お弁当のマカロニサラダ
【工程3】
マカロニが茹で上がったら、ニンジンとブロッコリーも一緒にザルに上げ、流水にさっと晒してしめます。そして水気を切ります。


お弁当のマカロニサラダ
【工程4】
続いて水気を切ったブロコリーとマカロニをボールに入れ、マヨネーズ(15g:大さじ1強)・塩(適量)・コショウ(適量)で味付けします。


お弁当のマカロニサラダ
【工程5・6】
最後に、ニンジンで飾り付けをします。

茹でたニンジンにマヨネーズを少量つけ、端からクルクルと巻き、花型にしてトッピングしたらできあがり。


お弁当のマカロニサラダ
味付けがシンプルな、さっぱりとしたマカロニサラダが出来ます。

食感は冷めても柔らかく、見た目も可愛いくていいですよ。

ちなみに上のお弁当のおかずとご飯は、すべて家事えもんのレシピで作っています。
作り方はこちらの記事をご覧ください。

関連レシピ