ピーマンの肉詰めは冷凍保存しても美味しい!冷凍方法は超簡単。

投稿日:2019年3月6日 更新日:

ピーマンの肉詰めの冷凍・保存

ピーマンの肉詰めは、実は、冷凍保存しても美味しいんです。
冷凍前とくらべると、ピーマンの食感はやや柔らかくなりますが、味はほとんど変わりません。
レンジで加熱するだけで、肉汁たっぷりのピーマンの肉詰めが簡単に食べられますよ。

焼いてから冷凍

ピーマンの肉詰めは、焼く前に生のまま冷凍するのではなく、焼いたり煮たりするなどして加熱調理したあとに冷凍します。

一度火を通してから冷凍した方が、ピーマンのエグミが出にくいですし、レンジで軽く温めるだけですぐに食べられます。

この記事では、ピーマンの肉詰めを冷凍保存する方法をはじめ、保存期間の目安、おすすめ冷凍レシピ、冷蔵方法などをお伝えします。

ピーマンの肉詰めの冷凍保存

ピーマンの肉詰めの冷凍保存

小分けにしてラップ

ピーマンの肉詰めを冷凍保存する際には、焼くなどして加熱調理したあとに、1個ずつ、もしくは数個ずつ、ラップでぴったり包むのがおすすめです。
ラップで包んだら、保存袋に入れて冷凍庫へ。

小分けにしておくと、必要な分だけを手軽にレンチンできるので、お弁当のおかずにする時などにとても便利です。

保存期間の目安は1ヶ月

ピーマンの肉詰めを冷凍保存した場合の日持ちは、1ヶ月くらいが目安です。
場合によっては足が早いこともあるので、食べる前に様子をみてください。


煮汁も一緒に冷凍

ピーマンの肉詰めの冷凍保存

煮汁に浸かったピーマンの肉詰めも美味しいですよね。
こういう肉詰めは、煮汁と一緒に冷凍することができます。

一度に食べる分ずつ小分けにして、ピーマンの肉詰めと煮汁を一緒に保存袋に入れ、中の空気をしっかり抜いて冷凍庫へ。
一袋にあまりたくさん詰めすぎると、解凍に時間がかかるので、ほどほどの量にする方が使い勝手がいいです。

日持ちは、こちらも1ヶ月くらいです。

冷凍ピーマン肉詰めの解凍方法

冷凍したものを食べる時は、冷蔵庫に移して自然解凍するか、レンジで解凍するなどして温めます。

冷凍におすすめのピーマンの肉詰めレシピ

次に、冷凍保存にぴったりなピーマンの肉詰めのレシピを2品ご紹介します。

ピーマンの肉詰めの冷凍保存

ピーマンの肉詰めといえば、ピーマンが剥がれて失敗したという経験はありませんか。
このレシピは、肉の詰め方や焼き方などに気を配ることで、ピーマンから肉だねがはがれ落ちにくくなっています。

濃厚な味付けなので、ご飯とよく合いますし、お弁当のおかずとしても美味しくいただけます。

15分
ピーマンサラダ油片栗粉豚ひき肉玉ねぎおろしにんにく醤油塩こしょう砂糖みりんオイスターソース

作り方を見る

ピーマンの肉詰めの冷凍保存

続いてご紹介する肉詰めは、ピーマンを丸ごと使い、さっと煮るのが特徴です。

煮汁に浸してしばらく置くと、味が染みて美味しくなるので、作り置きにぴったりなんです。

お味の方は、基本的には和風ですけど、ケチャップのコクや旨味をいかしているので、食べ飽きない美味しさ。
子供でも食べやすい肉詰めです。

20分
ピーマン豚ひき肉玉ねぎ片栗粉トマトケチャップこしょう砂糖みりん醤油

作り方を見る

ピーマンの肉詰めの冷蔵保存

ピーマンの肉詰めの保存

最後に、ピーマンの肉詰めの冷蔵保存の仕方を簡単にご紹介します。

煮汁がある場合は、煮汁にひたした状態でタッパーなどに入れ、冷蔵庫で保存。
煮汁がない場合は、1個ずつラップで包んでおくと使いやすいです。

日持ちは5日くらい

冷蔵した場合の日持ちは、4〜5日くらいと考えてください。

関連レシピ