ほうれん草のナムル。にんにくの風味がウマい!韓国風の簡単おかずレシピ。

投稿日:2020年1月28日 更新日:

ほうれん草のナムル

ほうれん草を使った人気の定番料理、「ほうれん草のナムル」のレシピをご紹介します。

にんにくの風味がほんのりときいた、食欲をそそる一品です。

作り方は簡単で、ほうれん草をさっと茹でて、にんにくを加え、ごま油・醤油などで味付けするだけでOK。
5分ほどの短時間で、ご飯にも良く合う、風味豊かな韓国風おかずが作れます。

レンジでチンもOK

なお、この記事では、ほうれん草の加熱法を2パターンお伝えします。
鍋を使った茹で方と、レンジを使ってチンする方法。

ほうれん草を鍋で茹でる
ほうれん草にはシュウ酸というアクがあるので、アクをしっかり取り除きたい場合には、鍋で茹でるのがおすすめです。

一方で、時短で済ませたい場合には、レンチンも便利。
状況に応じて使い分けてください。

ほうれん草のナムルのレシピ

ほうれん草のナムル

「ほうれん草のナムル」のレシピです。

材料【3人分:調理時間5分】
ほうれん草 1束(200g程度)
A
おろしにんにく 小さじ1/3
醤油 小さじ1
ごま油 大さじ1/2
白すりごま 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
少々
カロリー
1人分54kcal
作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(分量外:湯1Lにつき小さじ1)を加え、ほうれん草の茎の部分を30秒ほど茹でる。全体を湯に浸し、さらに20〜30秒茹でる。
    冷水に浸し、軽く水気を絞り、食べやすい長さに切る。
  2. ほうれん草をボールに入れ、Aを加え、和えたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

鍋に湯を沸かす

【工程1】
まず、鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加えます。

塩の量は、湯1リットルにつき、小さじ1くらいです。

【調理のコツ】
塩を少量加えて茹でると、色鮮やかに仕上がります。
レンジでチンしてもOK

ほうれん草をレンジでチンして茹でる場合の手順は、次の通りです。

ほうれん草のレンジを使った茹で方
まず、きれいに水洗いしたほうれん草(1束)をラップで包みます。

そして、電子レンジ(600w)で2分加熱。
ラップを外し、冷水に浸したらお終いです。

ほうれん草の洗い方
ほうれん草をレンジでチンする方法


ほうれん草の茹で方

次に、きれいに洗ったほうれん草の茎だけを湯に浸し、30秒ほど茹でます。

【調理のコツ】
ほうれん草は、茎と葉で火の通りやすさが違うので、時間差で茎から先に茹でます。

茎から先に茹でると、全体が均一に仕上がります。


ほうれん草の茹で方

30秒経ったら、全体を湯に浸し、20〜30秒茹でます。

ほうれん草の茹で方


ほうれん草を冷水に浸す

ほうれん草が茹で上がったら、すぐに冷水に浸し、水の中で根元を揃えます。

【調理のコツ】
茹でたほうれん草を水に浸すと、シュウ酸と呼ばれるアクがしっかり取れます。

また、色止めの効果もあります。


ほうれん草の水気を絞る

続いて、ほうれん草の根元を持ち、水気を軽く絞ります。


ほうれん草の切り方

そして、食べやすい長さに切ります。

ほうれん草の切り方


ほうれん草のナムルの味付け

【工程2】
次に、ほうれん草をボールに入れ、調味料Aを混ぜます。

調味料Aは、おろしにんにく(小さじ1/3)・醤油(小さじ1)・ごま油(大さじ1/2)・白すりごま(大さじ1)・砂糖(小さじ1/2)・塩(少々)です。


ほうれん草のナムル

器に盛ったら完成です。

茹でたほうれん草は、簡単に味付けするだけで、とても美味しく仕上がります。
今回のようにニンニクの風味を加えてもいいですし、あるいは、かつお節とだし醤油でシンプルにいただくのもおすすめです。

ほうれん草のおひたし
かつお節とだし醤油を使った「ほうれん草のおひたしのレシピ」は別記事で詳しく紹介しています。

そちらもぜひ参考にしてください。

もやしや大根を加えるのも人気

なお、今回のレシピでは、野菜はほうれん草だけを使っていますが、もちろん野菜の種類を増やしてもOKです。

ほうれん草のナムルに加える野菜としては、もやし・大根・えのきなどが人気がありますよ。

関連レシピ