春菊のナムルのレシピ。ごま油で食べやすさアップ!作り置きにも便利。

投稿日:2020年2月6日 更新日:

春菊のナムル

春菊(菊菜)のナムルのレシピを動画でご紹介します。

さっと湯がいた春菊を、ごま油や醤油などで味付けしたシンプルな一品。
調味料を加えることで春菊の風味がふんわりとマイルドになって、食べやすさがグッとアップします。

そのまま食べても美味しいですし、お好みで、すりごまや粉唐辛子を振りかけるのもおすすめです。

茹で時間を短くするのがコツ

調理のポイントは、春菊の茹で時間。
苦味が出にくいように、短時間で軽めに火を通します。

このナムルは、ご飯との相性がとても良いので、作り置きしておくと便利ですよ。

春菊のナムルのレシピ

春菊のナムルの作り方

「春菊のナムル」のレシピです。

材料【4人分:調理時間5分】
春菊 1束
ごま油 大さじ1/2
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1/3
少々
すりごま 好みで大さじ1
粉唐辛子 好みで少々
作り方
  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、春菊の茎だけを30秒ほど茹でる。
    全体を湯に浸し、さらに20〜30秒茹でる。
  2. 春菊を冷水に浸し、軽く水気を絞り、4センチくらいの長さに切る。
  3. 春菊をボールに入れ、ごま油・醤油・砂糖・塩・すりごま(好みで)を混ぜ、器に盛る。
    粉唐辛子(好みで)を振ったらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

春菊の洗い方
【工程1】
春菊の洗い方から説明します。

春菊(1束)は流水でゆすり洗いをします。
水を2〜3回替えながら、表面に付着した泥がきれいに落ちるまで洗ってください。

春菊の茎の切り方 春菊の茎が硬い場合は、あらかじめその部分だけを切り落としておくと、口当たりが良くなります。

春菊の洗い方


湯に塩を加える
次に、鍋にたっぷりの湯を沸かします。

そして、塩(湯1リットルあたり小さじ1)を加えます。

【春菊ナムルのコツ】
春菊を塩茹ですると、アクが抜けやすくなり、色良く仕上がります。

春菊の茎の茹で方
続いて、春菊の茎だけを湯に浸し、30秒ほど茹でます。

春菊の葉の部分を手で持ちながら、湯に浸けます。

【春菊ナムルのコツ】
春菊は茎から先に茹でます。
葉の部分よりも茎の方が、火の通りが悪いためです。

春菊の葉の茹で方
30秒経ったら、全体を湯に浸し、さらに20〜30秒茹でます。

春菊の苦味を抑える方法

春菊には、独特の苦味があり、好き嫌いが分かれます。
苦味をなるべく抑えたい場合は、葉の茹で時間を10秒ほどに短縮するのがおすすめです。
加熱時間を短くすると、苦味のもとになるポリフェノールが出にくくなります。

春菊の茹で方
春菊の苦味を抑える方法


春菊を水にさらす
【工程2】
茹で上がったら、春菊を冷水に浸します。

冷水に浸しながら、春菊の茎の切り口を揃えておくと、あとできれいに切れます。

【春菊ナムルのコツ】
茹でた春菊を冷水につけると、色の鮮やかさが失われにくくなり、また、苦味も和らぎます。

春菊の切り方
そして、水気を軽く絞り、端から4センチくらいの長さに切ります。

春菊の切り方


春菊ナムルの味付け
【工程3】
次に、春菊をボールに入れ、ごま油(大さじ1/2)・醤油(小さじ1)・砂糖(小さじ1/3)・塩(少々)・すりごま(好みで大さじ1)を混ぜます。

塩気は、塩の量で調整してください。


春菊ナムルの盛り付け
最後に、おひたしを器に盛ったら完成です。

すりごまと粉唐辛子は、お好みで。

これらを加えずにシンプルな味付けにすると、春菊の風味がより一層楽しめます。


赤唐辛子を使った春菊ナムル

一方で、粉唐辛子を軽く振ると、ピリッとした辛さがアクセントになって、おひたしの味にメリハリが生まれます。


すりごまを使った春菊ナムル
また、すりごまを混ぜると、全体的にマイルドな味になるので、子供でも食べやすくなります。

どれも美味しいので、ぜひ試してみてください。


春菊のナムルの日持ち

ところで、この春菊のナムルは、作り置きにも向いています。
日持ちは、冷蔵保存で3〜4日くらいと考えてください。

より長持ちさせたい場合は、いちおう冷凍保存することも可能です。

小分けにしてラップで包み、保存袋に入れて冷凍すると、1ヶ月ほど日持ちします。
食べる時は、自然解凍かレンジで解凍。

ただ、冷凍しない方が美味しく食べられるので、一度にあまり大量に作らずに、数日以内で食べ切れる分だけ作る方がおすすめです。

関連レシピ