4分煮るだけ!ゴーヤと油揚げの煮物レシピ。めんつゆを使った作り方。

投稿日:2020年8月13日 更新日:

ゴーヤと油揚げの煮物

ゴーヤと油揚げの煮物のレシピをご紹介します。

めんつゆを使った簡単レシピで、調理時間は6分。

ゴーヤと油揚げをフライパン(もしくは鍋)に入れて、めんつゆやごま油で味付け。

ゴーヤの煮物のレシピ 中火にかけて、汁気が少なくなるまで煮たら完成です。

ゴーヤの食べやすさが大幅アップ

ゴーヤと油揚げはかなり相性が良く、煮汁が染みた油揚げと一緒にゴーヤを食べることで、苦味が和らいで、食べやすさが大幅にアップします。

めんつゆとかつお節の旨味とともに、ペロッと美味しくいただけますよ。

ゴーヤの煮物レシピ

ゴーヤと油揚げの煮物

「ゴーヤと油揚げの煮物」のレシピです。

材料【2人分:調理時間6分】
ゴーヤ 1/2本(120g程度)
油揚げ 1枚
鰹節 1/2パック
A
めんつゆ(3倍濃縮※) 大さじ1
醤油 小さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
砂糖 小さじ1/4
100ml

※他の濃度のめんつゆを使う場合は、下の文中参照。

ゴーヤを半月切りにする
【工程1】
まず、ゴーヤ(1/2本:120g程度)のワタとタネを取り、1センチくらいの厚さの半月切りにします。

ワタとタネの取り方は、冒頭の動画を参考にしてください。


油揚げの油をキッチンペーパーでふく
油揚げは、あらかじめキッチンペーパーで表面の油を取って使います。

キッチンペーパーで挟み、手で押さえることで、油を軽く吸い取ります。

油揚げの油抜きは不要

油揚げは、調理の前に熱湯をかけて油抜きして使うことが多いですけど、ここでは省略します。
最近の油揚げは、良質な油で揚げられているので、油抜きは必ずしも必要ではありません。
むしろ、油抜きをすすめないメーカーもあるくらいです。

油揚げの油抜きについて


油揚げを短冊切りにする
キッチンペーパーで油を取ったら、油揚げを短冊切りにします。

短冊切りとは、油揚げを縦半分に切り、それを端から1センチ幅くらいに切り分ける切り方です。


フライパンにゴーヤと油揚げを入れる
【工程2】
次に、フライパン(もしくは鍋)にゴーヤを並べ、油揚げをのせ、調味料Aを回しかけます。

調味料Aは、めんつゆ(3倍濃縮:大さじ1)・醤油(小さじ1/2)・ごま油(大さじ1/2)・砂糖(小さじ1/4)・水(100ml)です。

他の濃度のめんつゆを使う場合

なお、めんつゆを他の濃度のもので代用する場合は、めんつゆと水の量を変更します。
濃度に応じた分量は、下の表をご覧ください。

濃度 めんつゆ
ストレート 大さじ3 70ml
2倍濃縮 大さじ1と1/2 90ml
3倍濃縮 大さじ1 100ml

めんつゆを他の濃度で代用する方法


ゴーヤと油揚げを煮る
そして中火にかけ、汁気が少なくなるまで4分ほど煮ます。

煮ている間は、基本的には、混ぜずにそのままにします。
ただ、煮汁に浸かっていない油揚げがあったら、それだけは動かして、煮汁につけてください。


ゴーヤと油揚げを混ぜる
4分ほどたって煮汁が少なくなったら、全体を混ぜます。


ゴーヤと油揚げの煮物に鰹節をかける
最後に、火を止め、鰹節(1/2パック:1.3g程度)をかけたら完成です。


ゴーヤと油揚げの煮物
さっと煮て柔らかくなったゴーヤに、煮汁をたっぷりと吸った油揚げがとても良く合います。

最後に鰹節をふるのもポイントで、鰹節の風味が加わることで、ゴーヤと油揚げの味馴染みがさらにアップ。
全体の味が一つにまとまって、より美味しくいただけます。

なお、この煮物は作り置きすることも可能です。
日持ちは、冷蔵保存で2〜3日程度と考えてください。

冷やして食べるのもおいしいですよ。

関連レシピ