チンゲン菜をレンジでチン。電子レンジなら簡単に蒸せる!加熱時間も解説

投稿日:2020年10月30日 更新日:

チンゲン菜をレンジでチンする方法

レシピ動画

チンゲン菜をレンジで加熱する方法を動画でご紹介します。
電子レンジを使ったチンゲン菜の蒸し方です。

レンジでの加熱時間

加熱時間は、100gにつき、600Wで1分半が目安です。

レンチンする時間の計算ツール

チンゲン菜の加熱時間は、重さだけでなく、電子レンジのワット数によっても当然変わってきます。
加熱時間を簡単に求められるように、計算ツールを用意したので、ぜひ活用してください。

重さ(g)

ワット数

加熱時間 ⇒ 

チンゲン菜を電子レンジで加熱する方法

チンゲン菜を包丁で切る

まず、チンゲン菜を調理しやすい長さに切ります。

チンゲン菜の茎を薄切りにする
そして、火が通りにくい根元の部分を、少し薄めに切ります。

切って加熱するのがおすすめ

チンゲン菜は、丸ごとレンジで蒸すこともできますが、切ってから蒸した方が加熱ムラがおさえられます。


チンゲン菜を電子レンジで加熱する

次に、チンゲン菜を耐熱容器(レンジで使える器)に入れ、ふんわりとラップをかぶせて電子レンジに入れます。

加熱時間は、100gあたり600wで1分30秒です。

重さを量るのがおすすめ

チンゲン菜1株はだいたい100〜150gですが、チンゲン菜も、他の野菜と同じく、個体差があります。
重量に比例して電子レンジでの加熱時間も増えるので、量りをお持ちの場合は、重量を計測して時間を割り出す方が効率的です。

重量とワット数に応じた加熱時間を求める際には、ぜひ冒頭の計算ツールを活用してください。


レンチンしたチンゲン菜を使った料理

レンチンしたチンゲン菜は、食感をほどよく残しつつも柔らかく仕上がり、とても食べやすいです。

レンジで蒸したチンゲン菜に、お好みの調味料で味付けすれば、即席料理のできあがりです。

レンジを使ったチンゲン菜のレシピ

例えば、「チンゲン菜のナムル」などはいかがでしょうか。

レンジでチンしたチンゲン菜のレシピ(チンゲン菜のナムル)
ごま油といりごまと塩を加えるだけで、チンゲン菜の味が引き立ち、とても美味しくいただけます。

あるいは、めんつゆと醤油とサラダ油で和えておひたしにしたり、ツナを混ぜて和え物にするのもおすすめです。

レンジでチンしたチンゲン菜のレシピ(チンゲン菜ツナ和え)
チンゲン菜ツナ和え
レンジでチンしたチンゲン菜のレシピ(チンゲン菜おひたし)
チンゲン菜おひたし

レンジを使うと簡単に調理できますし、鍋で茹でるよりも味や栄養の損失が少ないのも嬉しいところ。
忙しい時にとても便利ですよ。

関連レシピ