里芋の蒸し方。蒸し器がなくても代用可能!蒸す方法と蒸し時間を解説。

投稿日:2020年11月2日 更新日:

里芋の蒸し方(蒸し器を使って蒸す方法)

レシピ動画

蒸し器を使った里芋の蒸し方をご紹介します。

蒸し時間は、皮をむいて小さく切ってから蒸す場合と、皮ごと丸ごと蒸す場合とで、若干異なります。

里芋の蒸し時間

皮をむいて切った里芋を蒸す場合は、10〜20分ほど加熱。
小さめに切れば、その分、早く蒸し上がります。

丸ごとだったら、15〜30分。
小さい里芋だったら15分ほど、大きい場合は30分ほどかかる場合もあります。

里芋を切ってから蒸す
切ってから
蒸し時間:10〜20分
里芋を丸ごと蒸す
丸ごと
蒸し時間:15〜30分
蒸し器なしの場合
蒸し器なしの場合の里芋の蒸し方
蒸し器がない場合は、手持ちの鍋やフライパンに蒸し板をのせもいいです。

蒸し板もない場合は、鍋に水を張って、その上にザルをのせる、もしくは中に皿を入れて蒸すこともできます。

要するに、蒸し器なしの場合も、鍋の水が里芋に直接触れないようにしたうえで、フタを閉じられるようにすればOKです。

里芋の蒸し方

里芋の蒸し方

まず、水を張った蒸し器に、きれいに洗った里芋(好みの量)を並べて強火にかけます。

あまりぎゅうぎゅうに詰めすぎると、里芋に火が通りにくくなるので、少し間隔をあけて重ならないように並べるのがおすすめです。

水から蒸すと甘みが出やすい

里芋は、さつまいもなどと同じく、湯気の上がった蒸し器に入れるのではなく、蒸し器に入れてから火にかける方が甘みが出やすいです。

時短なら切ってから蒸す

里芋は、皮付きのまま丸ごと蒸してもいいですし、皮をむいて切ってから蒸してもいいです。

切った里芋
皮をむいてから小さめに切って蒸すと、蒸し時間が短くて済みます。

里芋を蒸し器で加熱

そして、蒸し器から蒸気が十分に上がってから、切った里芋の場合は10〜20分、丸ごとだったら15〜30分を目安に蒸します。

竹串(楊枝でもいい)を刺してみて、すっと通るようになったら、蒸し上がりです。

蒸し器で蒸した里芋の皮むき
蒸した里芋は、皮むきもとても簡単です。

里芋のお腹あたりに軽く切れ目を入れれば、そこからツルンと皮がむけます。

蒸し里芋をアレンジ

また、蒸した里芋は、塩や味噌をつけるだけで美味しく食べられます。

蒸した里芋の美味しい食べ方(きぬかつぎ)
味噌だれを作るのなら、「きぬかつぎ」のレシピを参考にしてください。

蒸し里芋のアレンジ料理(里芋コロッケ)
蒸した里芋が残ったら、「里芋コロッケ」のタネにするのもおすすめですよ。

関連レシピ