さんま漁師に人気のレシピ。さんまのムニエルの作り方。

投稿日:2015年9月19日 更新日:

サンマのムニエル

サンマ漁師の鎌田和昭さんがすすめる、「サンマのムニエル」のレシピをご紹介します。

鎌田さんは、サンマの水揚げ量で全国3位を誇る岩手県大船渡市で、30年以上に渡りサンマ漁に携わるベテランです。

なお「サンマのムニエル」は、漁師の間で一番人気がある料理で、漁の間にまかないとしてよく食べるそうです。

(一部情報元:TV「ジョブチューン」2015年9月19日放映)

「さんまのムニエル」の作り方

サンマのムニエル

「サンマのムニエル」のレシピです。

材料
サンマ 1尾
小麦粉 適量
バター 10g
醤油 適量
白ワインビネガー 大さじ1
作り方
  1. サンマの頭・尻尾・内臓を取り、食べやすい大きさに切る。(内臓の簡単な取り方は、コチラの記事をご覧ください。)
  2. 1の表面全体に小麦粉をまぶす。
  3. 温めたフライパンにバターを引き、2を焼く。醤油・白ワインビネガーで味をつけたらできあがり。

サンマのムニエル

ワインビネガーのさっぱりとした酸味と、バター醤油のこってりとした味のコントラストが、とても印象的です。
サンマと良く合いますよ。

ところで最後に、美味しいサンマの見分け方もご紹介します。

鎌田さんによると、口の先が黄色いサンマは新鮮な証拠。
また、頭から腹にかけて厚みがあるサンマは、脂がのっていて美味しいそうですよ。

関連レシピ