大根の面取りとは?ひと手間かけて煮崩れ防止!やり方を動画で解説。

投稿日:2021年2月16日 更新日:

大根の面取り

レシピ動画

大根の面取りのやり方を動画をもとに解説します。

面取りをする意味

面取りとは、大根の切り口の角を、皮をむくような感覚で削って丸くすることです。

面取りをしたふろふき大根
ふろふき大根やおでんなど、大根を長時間煮込む料理によく使われる切り方です。

面取りをする理由は、煮崩れの防止。
大根をコトコト煮込むと、角の尖った部分が煮崩れしやすいのですが、面取りをして丸くしておくことで、型崩れを防ぐことができます。

面取りしないもアリ

ただ、逆に言えば、面取りをする理由は、煮崩れを防ぐ、それだけです。

来客用に大根でおもてなし料理を作るのなら、面取りをちゃんとして、見た目をきれいに仕上げるに越したことはありませんが、家族で食べるだけなら、気にせずにそのまま煮るのもアリです。
多少煮崩れても、家族同士なら、それも愛嬌です。

面取りで残った大根の使い道
面取りで残った大根の味噌汁
ちなみに、面取りをして残った大根は、捨ててしまうのはもったいないので、味噌汁の具材などとして料理に使うといいです。

面取りのやり方

さて、面取りの具体的な手順ですが、面取りは、大根の表面と裏面の両方に行います。

大根を切る
大根の皮をむく

まず、大根を好みの大きさに切り、皮を剥きます。

上の写真では、ふろふき大根やおでんによく使われる厚めの輪切りにしていますが、半月切りでもいいです。


大根の面取りの方法

そして、大根の切り口の角に包丁を当て、皮をむくように角を削ぎます。

ぐるっと一周むいたら、大根をひっくり返して、裏面も同じように包丁を入れます。

詳しいやり方は、冒頭の動画を参考にしてください。

大根に切れ目を入れる
大根を厚めに切って煮込む場合は、面取りをしたあとに、火が通りやすく味が染みやすいように十字の切れ目も入れるのがおすすめです。

関連レシピ