やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

大根の皮のレシピ。栄養を逃さず摂れる人気の料理を一挙紹介!

投稿日:2019年6月18日 更新日:

捨ててしまいがちな大根の皮を使った、栄養満点の食べ方をご紹介します。

大根の皮は、実は、栄養が豊富。
大根に含まれている栄養素としてはビタミンCが有名ですが、ビタミンCが多く存在するのは皮付近です。

また、皮には、大根の他の部分と同様に、辛味成分の「イソチオシアネート」や消化酵素の「ジアスターゼ」なども含まれています。
「イソチオシアネート」には解毒作用や血液サラサラ効果、「ジアスターゼ」には消化を促す働きが期待できると言われています。

大根は皮ごと生食が一番

ところが、こうした大根の重要成分は、どれも熱に弱いという性質があります。
そのうえ、ビタミンCに至っては、水にも弱い。
ビタミンCは水溶性なので、水に浸けるとその多くが流出してしまいます。

ですから、栄養面から言えば、大根は、茹でたりせずに生のまま皮ごと食べるのが一番です。

そこで、この記事では、皮ごとの大根を使って辛くない大根おろしを作る方法をお伝えします。
短時間加熱のレシピなども紹介
また、そうは言っても大根の辛みが気になるという方のために、さっと短時間だけ加熱してきんぴらや漬物などを作るレシピも合わせてご紹介します。

生食と短時間加熱。
どちらの方法も押さえておけば、レシピの幅が広がるので、大根の皮を飽きずに美味しく食べられますよ。


大根の皮を加熱せずに使う

大根を皮ごと加熱せずに使う方法です。

大根皮ごと大根おろし栄養満点!

大根の皮を有効活用したいのなら、皮ごと大根おろしにしていただくのが一番です。

加熱が不要ですし、水にもさらさないので、皮に含まれる栄養を逃さず取れます。

辛くない大根おろしの作り方

ただ、大根おろしの辛味が苦手な方もいらっしゃると思います。
特に大根の皮や先端部分には辛味成分の「イソチオシアネート」が豊富に含まれるため、その部分を摺りおろすと辛みを強く感じます。

そこで、ここでは、辛味が出にくい大根おろしの作り方をご紹介します。

材料
皮つき大根 適量
鬼おろし※ 1つ

※鬼おろしが無い場合は、下の文中参照。

手順
  1. 皮付きの大根を食べる直前に鬼おろしを使っておろす。
    汁も捨てずに活用する。

調理のポイントは、鬼おろしを使って大根をおろすことです。

鬼おろしを使うと辛みを抑えられる

大根は、細胞を細かく傷つければ傷つけるほど、辛味成分「イソチオシアネート」が活性化するので、辛味が出やすくなります。

すでにお伝えした通り、この成分には、解毒作用や血液サラサラ効果が期待できるので、わざと辛味を引き出すのもアリです。
ただ、辛くて食べにくいという場合は、大根の細胞をなるべく傷つけないようにしながらおろすことで、辛味が抑えられます。

その際には、鬼おろしを使うのがおすすめです。
鬼おろしは目が粗いので、細胞をあまり傷つけることなく、粗めにおろせます。
ごく一般的な金属やセラミックのおろし器を使った場合とくらべると、辛さはずっと控えめ。
鬼おろしは千円くらいで入手できるので、大根おろしの辛味が苦手な方は、1つ買っておくと便利ですよ。

また、ごく普通のおろし器を使う場合も、やり方次第で、辛みを少し抑えることができます。
あまり強くこすらずに、優しく円を描くようにおろすのがポイントです。
鬼おろしと比べると効果は薄いですが、ぜひ試してみてください。

辛み成分は時間が経つと減る

ちなみに、辛味成分「イソチオシアネート」は、時間が経つとぐっと減ってしまいます。
栄養のことを考えると、食べる直前に摺りおろすのがおすすめですが、辛くて食べられないという場合は、少し寝かせるという選択肢もあります。

大根の皮を加熱して使う

次に、生のままだとやっぱり食べにくいという方のために、短時間だけ加熱する簡単レシピをご紹介します。

すでにお伝えした通り、大根の主要な栄養素は加熱に弱いですけど、ちょっとの加熱であれば、栄養面での損失を抑えることができます。

ちなみに、調理で残った、乾燥していない生の状態の大根の皮は、保存袋にまとめて冷蔵ストックしておくと便利です。

日持ちは1週間ほど。
ある程度たまったら、一気に料理してしまうといいですよ。

大根の皮のきんぴら

大根の皮のきんぴら

大根の皮のきんぴら

1品めは、大根の皮を使った人気料理。
大根の皮が残ったらきんぴらにするという方はとても多いです。

リンク先では、甘みとごまの風味を効かせた食べやすいきんぴらを紹介しています。

作り方はとても簡単。
大根の皮をごま油で炒め、調味料で味付けするだけです。

お弁当おかず
5分
大根の皮ごま油白いりごま砂糖みりん醤油

作り方を見る


大根の皮の漬物

大根の皮の漬物

大根の皮った漬けもの

大根の皮を漬物にするのもおすすめです。

大根の皮をピーラーでむいた時には、ぜひこの漬物を作ってみてください。

お味の方は甘酸っぱい醤油味。
ご飯ととても良く合います。

調理のポイントは、大根をレンジで軽くチンすること。
そうすることで、30分くらいで味がしっかり染み込みます。

料理愛好家の平野レミさんのレシピ
3分
大根の皮醤油ごま油砂糖ラー油

作り方を見る


大根の皮の味噌汁・フライ

その他にも、大根の皮はいろいろなお料理に使えます。

たとえば、一番手っ取り早いのが、味噌汁の具材にする方法。
味噌汁に入れると、皮の辛味も感じにくいです。

また、大根の栄養がやや損なわれますが、かき揚げなどのフライにしても美味しいです。

大根の皮を干して使う

最後に、大根の皮を乾燥させて料理に使う方法をご紹介します。

干した大根の皮は、湿気ないように保存ビンなどに入れると、常温で1ヶ月くらい日持ちします。

大根の皮の干し方

大根の皮の干し方

大根の皮は、盆ザルに広げれば、2日くらいでカラカラに乾燥します。
置いておくだけなので、手間もかからずラクチンです。

リンク先では、大根の皮の簡単な干し方を紹介しています。

干した大根の皮は、市販の切り干し大根よりも食感がかなりしっかりしているので、そのまま漬物などにすると食べづらいです。
加熱すればある程度柔らかくなるので、煮物などに使うのがおすすめです。

大根の皮

作り方を見る

以上、大根の皮の食べ方をご紹介しました。

大根の皮を捨ててしまうのはもったいない。
ぜひ色々と試してみてください。

関連記事

大根の栄養成分と効果。皮ごと生がおすすめ!栄養をムダにしない食べ方。

大根の栄養についてお伝えします。大根に含まれる栄養成分の効果と、おすすめの食べ方についてです。

さつまいもの栄養と効果。皮ごと食べると栄養アップ!食べ方も解説。

さつまいもの栄養についてお伝えします。さつまいもに含まれる栄養の健康効果と、さつまいもの上手な調理法についてです。

大根の皮むきのコツ!基本は包丁。ピーラーを使った簡単なむき方も紹介。

大根の皮むきの方法をご紹介します。包丁を使った「基本のむき方」は上の動画を、ピーラーなどの器具を使った「簡単なむき方」は下の動画を…

セロリの栄養と効能。カリウムや香り成分がポイント!血圧低下や精神安定に

セロリに含まれる栄養と健康効果を解説します。セロリには、高血圧予防に効果的なカリウムが豊富に含まれており、また、セロリの香り成分に…

大根の皮の干し方。乾燥させると栄養アップ!1ヶ月保存OK。

捨ててしまいがちな大根の皮を干す方法をご紹介します。大根を切って干すと、水分が抜けるので、旨味が増します。また、カルシウムや鉄分な…

ゴーヤの栄養。苦みにも栄養あり!ゴーヤの栄養成分を逃さない食べ方。

ゴーヤに含まれる栄養とその効果、また、栄養を効率よく摂る方法をご紹介します。ゴーヤの主要な栄養成分はビタミンCです。他にも、カロテ…

ダブルの抗酸化力!甘夏(夏みかん)の栄養を解説。皮も食べると効能UP

甘夏(夏みかん)に含まれる栄養成分と、その効果効能について解説します。甘夏は、夏みかんの一種です。甘夏を含めた夏みかん全般は、果物…

鮮度が大事!とうもろこし(スイートコーン)の栄養。タンパク質等が豊富

とうもろこしの主成分は、タンパク質や糖質(炭水化物)で、野菜の中ではやや高カロリーです。また、ビタミンB群やカリウムなどのミネラル…

おすすめ記事

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

いんげんとオリーブオイルのトルコ風煮物!ターゼファスリエのレシピ。

さやいんげんとオリーブオイルを使った煮物のおすすめレシピをご紹介します。トルコやギリシャなどで親しまれている「いんげんのオリーブオ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮ることで、まるで桃のような柔らかい食感に仕上がります。ワインな…

ひよこ豆のサラダレシピ。インドのチャナ・カチュンバルが旨い!

ひよこ豆を使った、エスニックなサラダのレシピをご紹介します。インドのサラダ、チャナ・カチュンバル(英語:chana kachumb…

ライタのレシピを本場インドから紹介!きゅうりとヨーグルトの人気サラダ

ライタのレシピを本場インドからご紹介します。ライタ(Raita)とは、ヨーグルトを使ったサラダのこと。ヨーグルトの中に刻んだ生野菜…

熊本スイーツの定番!いきなり団子のレシピ。さつまいも&あんこが好相性

熊本を代表する人気の郷土菓子、「いきなり団子」の作り方をご紹介します。輪切りにしたさつまいもとあんこを具材にした、シンプルでありな…

ギリシャサラダのレシピ。フェタチーズたっぷり!本格グリークサラダ。

ギリシャサラダ(グリークサラダ)のレシピを、現地ギリシャの情報を交えて詳しくお伝えします。ギリシャサラダとは、ギリシャ産の「フェタ…

ガツンと旨いニラだれ!ニラポン酢の簡単レシピ。万能調味料の作り方。

濃厚で風味豊かな、美味しいニラポン酢のレシピをご紹介します。ニラポン酢とは、ニラをポン酢に漬けたニラだれのこと。ポン酢と合わせるこ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を、きび砂糖のコクのある甘みで補った、風味豊かなパウンドケーキ…

ファラフェルの簡単レシピ!中東生まれのひよこ豆コロッケの作り方。

ファラフェル(Falafel)のレシピをご紹介します。ファラフェルとは、イスラエルやアラブ諸国・トルコなど中東一帯で食べられている…

ナンプラーだとこんなに旨い!なすの焼き浸し。タイ料理のお手軽レシピ。

なすとナンプラーを使った、焼き浸しの簡単レシピをご紹介します。身近な食材だけで作る、タイ風のエスニック料理。なすをフライパンでこん…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベーキングパウダーを加え、ヨーグルトと卵で風味付け。レーズンとく…

ドライトマトとセミドライトマトの作り方。乾燥で旨味UP!保存方法も解説

「ドライトマト」と「セミドライトマト」の簡単で効率の良い作り方をご紹介します。セミドライトマト(ソフトドライトマト)とは、半乾燥さ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。トルコは、肉料理がとても美味しい国。特に、羊肉(ラム肉)の味…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ料理は、オリーブオイルやレモンやハーブで風味付けされているも…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えします。ムサカとは、ギリシャやトルコやブルガリアなど、東地中海…

味見がとにかく大事!数の子の塩抜き。戻し方などの下ごしらえを解説。

数の子の塩抜きの仕方など、下処理の方法を解説します。数の子を上手に戻すには、水ではなく塩水を使ったうえで、急がずに時間をある程度か…

キッチンペーパーで簡単!数の子の薄皮(半透明の膜)の取り方・むき方。

数の子の表面を覆っている薄皮の、簡単な取り方を解説します。数の子には大きく2種類あり、食べやすいように味が付いている「味付け数の子…

切り干し大根の戻し方。基本は水で時短ならレンジ。戻さない方が良い場合も

切り干し大根(千切り大根)の戻し方を解説します。乾燥した状態の切り干し大根を柔らかくするには、水を使うのが基本です。ごく一般的な千…

水ではなく熱湯で!ドライトマトの戻し方と使い方。酢を加えて旨味キープ

ドライトマトの上手な戻し方を解説します。ドライトマトには、大きく2種類があります。1つは、カラカラに乾燥させたもの。もう1つは、半…

人参の茹で時間早見表。切り方別にすぐに分かる!甘くて美味しい茹で方。

人参の美味しい茹で方と茹で時間を解説します。人参は、水の状態で鍋に入れて、じわじわと温度を上げていくと、中心部分まで均一に火が入り…

しいたけの薄切り・千切り・みじん切り!簡単なやり方と人気の使い方。

しいたけの「薄切り」・「千切り」・「みじん切り」の切り方と、その使い方を解説します。薄切りは、しいたけを端から1〜2ミリの厚さに切…

しいたけを洗うデメリット。汚れはなるべく拭き取る。味が落ちない洗い方も解説

しいたけは、基本的には、調理の前に洗う必要はありません。むしろ、できるかぎり洗わないのがおすすめです。というのは、しいたけを洗って…

しいたけの石づきの取り方と活用法。食べるのはNG!でも出汁は取れる。

しいたけの石づきの取り方と使い道を解説します。石づきとは、しいたけに限らずキノコ全般にあり、原木や地面に接していた生え際の根元部分…

焼き芋のトースターレシピ!さつまいもの甘みとねっとり食感が人気。

焼き芋のトースター(オーブントースター)を使った簡単レシピをご紹介します。さつまいもは、中心部が70度くらいになるようにじっくりと…

最新記事

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

レンジでとろ旨!トマトと卵の洋風おかずレシピ。マヨネーズで簡単に。

電子レンジで簡単に作れる、トマトと卵の洋風おかずのレシピをご紹介します。トマトを角切りにして卵と混ぜて、マヨネーズやコンソメで味付…

手軽にジューシー!切り干し大根の卵焼き。台湾風の平たいオムレツレシピ

切り干し大根を使った台湾風の卵焼きレシピをご紹介します。台湾では菜脯蛋(ツァイプータン)と呼ばれていて、現地の屋台でもお馴染みのお…

おしゃれに変身!柿の飾り切り。お弁当やおもてなしに使えるフルーツカット

柿を使った、おしゃれな飾り切りのやり方をご紹介します。「うさぎ」と「とさか」と「花」の3パターンです。「うさぎ」と「とさか」は、短…

清涼感のある味と香り!チャービルのサラダレシピ。手軽で美味しい使い方

チャービル(セルフィーユ)の爽やかな風味をいかした、シンプルなサラダのレシピをご紹介します。チャービルと合わせる野菜は、きゅうりと…

すべらず簡単!柿の切り方と剥き方。種を避けて切る方法も解説。

柿の基本的な切り方と剥き方を解説します。「種なし柿」の切り方はもちろんのこと、「種あり柿」を、種を切らずに上手に切り分ける方法もご…