レーズンパンのレシピ。ラム酒漬けレーズンでほんのり甘く。

レーズンパン

レーズンパンのレシピをご紹介します。
甘さ控えめで、食事にも合わせやすいレーズンパンです。

砂糖に頼ることなく、アーモンドやラム酒漬けレーズンを加えることで、ほんのりとした優しい甘さに仕上げます。

材料

9個分:調理時間15分/発酵除く
強力粉 300g
アーモンドプードル 大さじ3
ラム酒漬けレーズン 大さじ3
小さじ3/4
ドライイースト 小さじ1

作り方

  1. レーズン以外の材料を大きめのボールに入れます。
  2. 水(適量)を少しずつ加えながら生地をまとめ、10分くらいこねて、耳たぶより少しかための生地を作ります。
  3. ラム酒漬けレーズンを加え、生地によく馴染ませます。
  4. ボールにラップをかぶせて、生地が2倍くらいに膨らむまで常温にしばらく置いて発酵させます。
    (生地を指でつついてみて、跡がくぼんだままになったら発酵完了。ちなみに、10月下旬のごく標準的な陽気の今日は、2時間かかりました。)
  5. 生地を9等分して丸め、クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。
    天板をオーブンに入れ、加熱せずにそのまま常温でしばらく発酵させます。
    (再度生地が2倍に膨らんだら発酵完了。今日は1時間かかりました。)
  6. 天板ごとオーブンから取り出し、オーブンを180度に温めます。
  7. 天板ごとオーブンに入れ、25分ほど焼いたら完成です。

季節にもよりますが、寒くて仕方ないという時以外は、多少時間がかかっても常温で放置して発酵させるのが私のやり方。
テキトーが好きです。

レーズンはラム酒漬けにすると甘みが増すので、常備しておくとパンやお菓子をつくるのに便利です。
ほんのりとした素材の甘みが感じられるパンが焼けました。

YouTubeのレシピ動画を、最新から順番に時系列でご覧いただけます。

関連レシピ