味付け卵の簡単レシピ。殻付きの塩卵!コンビニ風ゆで卵の作り方。

投稿日:2017年9月21日 更新日:

味付け卵の作り方

味付け卵の簡単レシピをご紹介します。

殻付きのゆで卵に塩味をほどよくきかせた塩卵。
コンビニやスーパーでよく目にする、お馴染みのゆで卵の作り方です。

持ち運びやすいのでお弁当にも向いていますし、また、保存しやすいので常備菜としてもおすすめです。
作り置きする場合の日持ちは冷蔵で5日くらいと考えてください。

(一部情報元:TBSテレビ「ビビット」和田明日香さんの味付け卵 2017年9月21日放映)

コンビニゆで卵のレシピ

殻付きの塩卵

「殻付き味付け卵」のレシピです。

全工程は、後ほど写真をもとに説明します。

材料【4個分:調理時間12分/一晩置く】
4個
塩水
大さじ7
500cc
作り方
  1. 常温に戻した卵を鍋に入れ、かぶる位の水を注いで火にかける。
    沸騰してから9〜10分茹でる。
  2. 塩水の材料をタッパーに入れ、塩を溶かす。(塩はとても多いので、完全には溶けません。)
    茹で上がった1を殻付きのまま塩水に浸し、冷蔵庫に一晩入れる。
    卵を塩水から取り出したらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

コンビニゆで卵の作り方

卵を茹でてゆで卵を作る

【工程1】
まず、常温に戻した卵(4個)を鍋に入れ、かぶる位の水を注いで火にかけます。

そして、沸騰してから9〜10分茹でます。

ちなみに、この味付け卵は、冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵でも、同じくらいの茹で時間で作れます。
冷たい卵を使う場合は、沸騰までの時間は少しかかりますが、レシピ通りに沸騰してから9〜10分茹でれば、固茹でくらいになります。
茹で時間を短くして、半熟にするのもいいですよ。


ゆで卵に塩をして塩卵を作る

【工程2】
次に、塩(大さじ7)と水(500cc)をタッパーに入れ、塩をなるべく溶かします。
塩はとても多いので、完全には溶けません。でも大丈夫です。

続いて、茹で上がった卵を、熱いうちに殻付きのまま塩水に浸します。(上の写真)

そして、フタをして冷蔵庫に一晩入れます。

【調理のポイント】
アツアツの殻付き卵を濃い塩水に入れると、味が染みやすくなります。

卵の殻には「気孔」と呼ばれる目に見えない小さな穴が空いているので、殻付きのままでも味が染みます。


塩水から取り出したら味付け卵の完成

【工程3】
一晩経ったら、卵を塩水から取り出します。
これで完成です。

出来上がりは、ほどよい塩加減です。
調味料を一切付けずに食べられるので、お弁当などの持ち運びに便利です。

味付け卵の日持ち

作り置きして、副菜にするのもいいですよ。
そのまま食べてもいいですし、刻んでサラダやサンドイッチの具材にしても美味しいです。

日持ちは、冷蔵で5日くらいと考えてください。

関連レシピ