やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

ピーマンの切り方。苦くないコツは繊維に沿って縦切り!栄養面も解説。

投稿日:2019年7月16日 更新日:

ピーマンの苦くない切り方をご紹介します。

ピーマンを細切りにする場合、切り方は大きく2つに分かれます。

1つは、ピーマンの頭からお尻に沿って縦方向に包丁を入れる方法。
もう1つは、横方向に切る方法です。

縦切り
横切り
縦切りの方が苦味を抑えられる

ピーマンの苦味には加熱時間なども大きく影響しますが、同じ条件で比べれば、縦切りの方が苦味を抑えやすいです。

ピーマンには縦方向に繊維が入っており、それに逆らわずに切ることで、細胞に傷がつきにくくなります。
そのため、細胞の中から苦味成分が排出されるのを防げるというわけです。

丸ごとが最も苦くない
そして、苦味をさらに抑えたいなら、いっそのこと丸ごと食べるのもおすすめです。
ピーマンに包丁を入れないので、苦味成分の排出を最小限に抑えられます。
そのうえ、タネやワタには栄養が豊富。

記事の後半では、丸ごとのピーマンを使った、苦くないピーマンレシピもご紹介します。

ちなみに、丸ごとのピーマンは、包丁いらずなのでバーベキューの野菜にもぴったりですよ。

ピーマンの縦切り

まずは、ピーマンの縦切りから。

冒頭でお伝えした通り、縦方向に包丁を入れると、ピーマンの細胞が壊れにくくなります。
それにより苦味を抑えられますが、この方法には、他にもメリットがあります。

それは、ピーマンのシャキシャキとした食感を楽しめること。
ピーマンの繊維を断ち切らないことで、食感が残りやすくなります。

縦切りにしたピーマンを使ったレシピとしては、「チンジャオロース(青椒肉絲)」や「無限ピーマン」がおすすめです。

ピーマンの苦味成分

ちなみに、ピーマンの苦味成分は、「クエルシトリン」というポリフェノール。
この成分は、毒素排出や高血圧予防の効果があると言われています。

また、苦味を作る「ピラジン」も、血液をサラサラにし、頭皮の血行を良くしてくれます。

ピーマンの横切り

続いては、ピーマンの横切りについてです。

ピーマンを横切りにすると、苦味が出やすくなりますし、独特の青臭さが際立ちます。
ピーマン好きにはウケるかもしれませんが、子供は嫌がるかも。

ただ、この方法にもメリットはあって、火が通りやすいので、加熱すると短時間でしんなりします。
柔らかい食感がお好きな方には、横切りもありだと思います。

ピーマンのみじん切り

横切り以上に苦味が出やすいのが、ピーマンのみじん切りです。
細胞をガンガン傷つけるので、それだけ苦味成分も排出されます。

ですから、ピーマンを細かく切る場合には、しっかり加熱して苦味を和らげるのがおすすめです。

ピーマンの油炒め

少し話しは逸れますが、ピーマンを加熱調理するなら、油炒めにすると栄養面でのメリットがあります。

ピーマンに含まれるβカロテンやポリフェノールは、油と炒めると、吸収率が7倍にアップすると言われています。

また、栄養学のヒット本「その調理、9割の栄養捨ててます!」によると、ピーマンは加熱しても栄養価が減りにくいそうです。

ピーマンを切るのは栄養的には損

ところで、これまでピーマンの切り方を説明してきましたが、実は、味と栄養の両方の面で、最もおすすめなのは、ピーマンを丸ごと食べることです。

細胞を傷つけないので、苦味を抑えられるのはもちろん、ピーマンの栄養を逃さず摂ることができます。

ヘタ・ワタ・タネには栄養が豊富

捨ててしまいがちなピーマンのヘタ・ワタ・タネには、実は果肉部分の10倍もの栄養が含まれていると言われています。
また、ヘタやワタには、皮の10倍のポリフェノール・ピラジンが含まれていて、カリウムも豊富。

そのうえ、ピーマンを切ると、ピーマンに豊富に含まれるビタミンやミネラルが1/3ほど流失してしまうというデータもあります。

苦味成分が出にくい

ピーマンをワタやタネごと調理すると、苦味が出やすいと思うかもしれませんが、それは誤解です。
刻むことによる細胞のダメージがまったくないので、苦味成分は出づらくなります。
実は、とても美味しいです。

最後に、ピーマンを丸ごと食べるおすすめレシピをご紹介します。

ピーマンの丸ごとホイル焼き

農家直伝!ピーマンの丸ごとホイル焼き

こちらは、ピーマンの丸ごとホイル焼き。

ピーマンを切らずに焼くと、ピーマンの中に水分がたまります。
そのおつゆと一緒に果肉を食べると、ピーマンが甘く感じられますよ。

ピーマン農家の原秀吉さんのレシピ
8分
ピーマンかつお節醤油

作り方を見る

ピーマンの丸ごと炒め

ピーマンの丸ごと炒め

こちらは、フライパンを使ったピーマン丸ごと炒め。

醤油やごま油で味をととのえて、最後にかつお節をかけるだけで完成です。

ピーマンの苦さが消えて甘みが出るので、ペロッと美味しく食べられます。
ピーマンの果肉だけでなく、ヘタやワタまで一緒にいただけます。

作り置き
12分
ピーマンサラダ油ごま油みりん醤油かつお節

作り方を見る

ピーマンと手羽中の煮物

手羽中とピーマンの丸ごと煮

こちらは、丸ごとのピーマンを手羽中と合わせた煮物。

先に紹介した2品とくらべると、ピーマンの栄養が煮汁に流れやすいというデメリットはありますが、まろやかな味わいでピーマンがとても食べやすいです。

作り置き
料理研究家のコウケンテツさんのレシピ
18分
ピーマン鶏手羽中サラダ油ニンニクオイスターソース醤油みりん砂糖

作り方を見る

2品とも調理が簡単ですし、とても美味しいですよ。

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃプリンの基本レシピ。濃厚で旨い!オーブンを使った簡単な作り方

かぼちゃプリンのレシピをご紹介します。かぼちゃの美味しさが詰まった、濃…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ケチャップが隠し味!豚肉とパプリカ炒めのレシピ。片栗粉でトロッと旨い

豚肉とパプリカの炒め物のレシピをご紹介します。隠し味にケチャップを使う…

皮ごと使って風味良く!みかんジャムの作り方。マーマレード手作りレシピ

みかんジャムのレシピをご紹介します。外皮や薄皮も一緒に使った、風味豊か…

旬の風味を堪能!いよかんマーマレードの作り方。苦味を抑えた簡単ジャム

いよかんジャムのおすすめの作り方をご紹介します。苦味をすこし抑えめにし…

牛肉とエリンギ炒めのレシピ。にんにくでコク旨!かんたん甘辛おかず。

牛肉とエリンギの甘辛炒めのレシピです。ニンニクとごま油で風味付けするこ…

かぼちゃとひき肉の煮物レシピ。豆板醤とにんにくでピリ辛あんかけ風。

ひき肉とかぼちゃを使った、ご飯によく合う煮物のレシピをご紹介します。甘…