ピーマンとじゃこ炒めのレシピ。じゃこの香ばしさと旨味で美味しさUP!

投稿日:2020年6月16日 更新日:

じゃことピーマン炒め

ピーマンとじゃこを使った炒め物のレシピをご紹介します。

ピーマンを細切りにして、じゃこと一緒にフライパンで加熱。
じゃこが少しこんがりとするまで炒めて、塩こしょうで味をととのえれば完成です。

味付けはとてもシンプルですが、これがなかなかの美味。

じゃことピーマン じゃこの旨味と香ばしさのおかげで、たっぷりのピーマンをとてもおいしくいただけます。

ご飯にもよく合うので、ご飯にのせて、ピーマンじゃこ丼にするのもいいですよ。

作り置きやお弁当にもおすすめ

なお、この料理は、作り置きにも向いています。
日持ちは、冷蔵で2日くらいと考えてください。

また、時間が経っても水分が出にくいので、お弁当の隙間おかずにするのもオススメです。

じゃことピーマンのレシピ

ピーマンとじゃこ炒め

「ピーマンとじゃこ炒め」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
ピーマン 1袋(150g程度)※
じゃこ 30g
大さじ1
塩こしょう 少々

※ピーマン1袋はだいたい150g(4個程度)。

作り方
  1. ピーマンを縦半分に切り、ヘタとワタを取り、細切りにする。
  2. フライパンに油を入れ、ピーマンとじゃこを加え、火にかける。
    じゃこに少し焼き目がつくまで、中火で2〜3分炒める。
  3. 塩こしょうで味を整えたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。

ピーマンのヘタとワタとタネを取る
【工程1】
まず、ピーマン(1袋:150g程度)を縦半分に切り、ヘタとワタとタネを取り除きます。

ピーマン1袋は150程度

ピーマンは、4個くらいが小袋に入って売られていることが多いですけど、この1袋は、だいたい150g程度と決まっています。

1袋のピーマン 150gよりもちょっと少なかったり多かったりすることはありますが、たいした違いはないので、そうした場合も、1袋すべて使ってしまって構いません。

ピーマンのヘタとワタとタネの取り方


ピーマンの細切り
次に、ピーマンを、繊維に沿って縦に細切りにします。

ピーマンの切り方 ピーマンに、写真のように、縦方向に包丁を入れると、横に切った場合とくらべて、加熱してもシャキシャキした食感が残りやすくなります。
また、ピーマン特有の苦味が出にくくなります。

ピーマンの苦味が出にくい切り方
ピーマンの細切りの切り方


じゃことピーマンを炒める
【工程2】
次に、フライパンに油(大さじ1)を入れ、ピーマンとじゃこ(30g)を加え、火にかけます。

油の種類は、サラダ油がおすすめですが、お好みでごま油やオリーブオイルを使ってもいいです。


炒めたじゃことピーマンを塩こしょうで味付けする
そして、じゃこに少し焼き目がつくまで、中火で2〜3分炒めます。
じゃこが焦げそうになったら、火を少し弱めてください。

最後に、塩こしょう(少々)で味を整えたら完成です。


じゃことピーマンの炒め物

炒めたピーマンは、しんなりとしていて適度に柔らか。
塩こしょうを振るだけでも十分美味しくいただけますが、じゃこの旨味を加えることで、より味わい深く仕上がります。

じゃこの強めの存在感がいいアクセントになって、1袋分のピーマンを飽きずにペロッと食べられますよ。

ダイエットにもおすすめ

なお、このピーマンじゃこ炒めは、糖質がとても少ないのも特徴の一つです。
糖質制限ダイエットをしている方にもオススメのレシピになっています。

関連レシピ