レンジで簡単!大根の下茹で。煮物を柔らかく味しみ良くする下ごしらえ。

投稿日:2015年11月29日 更新日:

電子レンジを使った大根の下茹で(下ごしらえ)

レシピ動画

レンジを使った大根の下ごしらえのやり方を解説します。
大根を下茹でして柔らかくする方法についてです。

大根をレンジで温めると、繊維が壊れ、柔らかくなってダシが染みやすくなります。
そのため、大根の煮物を短時間で効率よく作りたいのなら、電子レンジであらかじめ加熱してから調理するのがおすすめです。

大根をレンチンする方法は、大きく2パターンあります。

普通に加熱

大根の味をそのままいかしつつ、柔らかい煮物を作りたいのなら、普通に加熱するだけでOKです。
大根の味には個体差がありますが、苦味などが少ない個体であれば、レンジで加熱した後に煮るだけで、十分美味しく食べられます。

水と米を加えて加熱

ただ、クセが強い個体に当たると、それだけでは不十分なこともあります。

そこでおすすめなのが、水と米、もしくは米の研ぎ汁を加えて加熱する方法です。
この方法であれば、大根の苦味やエグミをしっかり抑えられます。
大根の味は実際に食べてみなければわからないため、時間があるのなら、この方法で加熱する方が安心です。

大根を普通に加熱

大根をレンジで加熱する

まず最初は、大根を普通にレンチンする方法です。
苦味やエグミが強くない大根であれば、この方法で十分な場合も多いです。

材料

大根 好みの量

作り方

  1. 大根の皮をむき、好みの大きさに切る。
    おでんやふろふき大根などで厚めに切る場合は、片面に隠し包丁(十字の切れ目)を入れると良い。
  2. 大根を耐熱容器に入れ、ラップをかぶせて、電子レンジ(600w)で100gにつき2分ほど加熱する。

皮は厚めにむくのがおすすめ

大根下ごしらえ(皮の剥き方)
皮を厚めにむく
大根の下ごしらえ(隠し包丁・面取り)
隠し包丁・面取り

大根の皮に近い部分は繊維質なので、長時間煮ても柔らかくなりにくいですし、苦味もあります。
そのため、大根を煮物にする場合は、皮は厚めにむくのがおすすめです。

また、大根を厚く切っておでんやふろふき大根を作る場合は、もうひと手間かけると仕上がりが良くなります。
片面に「隠し包丁(十字の切れ目)」を入れると味の染みやすさがアップして、さらに両面に「面取り(角をそぎ取る)」をすると煮崩れしにくくなります。


加熱時間は重量に応じて変える

レンジでチンした薄切り大根
薄く切った大根
レンジでチンした厚切り大根
厚く切った大根

大根のレンジでの加熱時間は、100gあたり600Wで2分が目安です。
薄く切った大根も、厚めに切った大根も、重さが同じであれば、加熱時間は基本的には一緒です。

ただ、大根の質によって若干変わってくるので、様子を見ながら微調整してみてください。


大根を米と水と一緒に加熱

大根をレンジで茹でる

続いては、米(米の研ぎ汁)と水と一緒に大根をレンチンする方法です。

こちらのやり方のほうが、上の方法よりも、苦味やえぐみを抑える効果が高めです。
米や米の研ぎ汁に含まれるでんぷんが、雑味のもとになるアク成分を吸着してくれるため、大根の食べやすさがアップします。

材料

大根 好みの量
A
生米 大根300gにつき大さじ1
適量
  • 米の研ぎ汁(かぶるくらいの量)でもOK。

作り方

  1. 大根の皮をむき、好みの大きさに切る。
    おでんやふろふき大根などで厚めに切る場合は、片面に隠し包丁(十字の切れ目)を入れると良い。
  2. 大根を耐熱容器に入れ、生米とかぶるくらいの水(もしくは米の研ぎ汁)を加え、ラップをかぶせて、電子レンジ(600w)で100gにつき4分ほど加熱する。

加熱時間は重量に応じて変える

レンジで茹でた薄切り大根
薄く切った大根
レンジで茹でた厚切り大根
厚く切った大根

加熱時間は、注いだ水の量や大根の質によって若干変わってきますので、100gにつき4分くらい加熱してみて、竹串がすっと通らないようであれば、もう少し時間をのばしてください。

なお、このレシピでは米もしくは米の研ぎ汁を使いますが、そのどちらも手元にない場合は、片栗粉(大根300gにつき大さじ1)で代用することもできます。


以上が、レンジを使った大根の下ごしらえのやり方です。

レンジを使う最大のメリットは、その手軽さです。

お湯を沸かす手間もかからず、レンチンするだけで作業終了。
忙しい時にはとても便利です。

下茹でした大根を使ったレシピ

このようにして下茹でした大根は、煮物やふろふき大根など、色々な料理に使えます。

調味料と一緒に煮れば「大根の煮物」が作れますし、だし汁と一緒に煮れば「ふろふき大根」が作れます。

それぞれの詳しい作り方については、リンク先を参考にしてください。

関連レシピ