かぼちゃの塩煮のレシピ。レンジで簡単、浜内千波さんのかぼちゃの煮物。

投稿日:2016年7月19日 更新日:

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮の簡単レシピをご紹介します。

料理研究家の浜内千波さんが考案した、「かぼちゃの塩煮」です。

砂糖は一切使わず、電子レンジで作ります。

調理時間は10分です。

(一部情報元:TVKテレビ「デイリーキッチン」浜内千波のノンシュガーヘルシーレシピ 2016年7月15日放映)

レンジを使ったかぼちゃの煮物

かぼちゃの塩煮

「かぼちゃの塩煮」のレシピです。

調理のポイントは、2つあります。

1つは、カボチャのワタを取り過ぎないこと。
ワタの甘みをいかした煮物を作ります。

2つめは、カボチャを加熱する前に、1%の塩をして5分置くこと。
カボチャに塩を混ぜてしばらく置くと、中まで塩味がしっかり染みるので、カボチャの甘みが引き立ちます。

材料【4人分:調理時間10分】
カボチャ 1/4個(正味450g)
小さじ1弱(4.5g)※
かつお節 5g
白ゴマ 大さじ1

※塩の量はかぼちゃの重量の1%。

作り方
  1. カボチャのワタとタネをスプーンで掻き出す。ワタはあまりしっかり取らずに、少し残しておく。
    一口大に切ってボールに入れ、塩をしてよく混ぜる。そのまま5分ほど置く。
  2. 1を耐熱皿に並べ、ラップをして電子レンジ(600w)で5~6分加熱する。
  3. 2にかつお節とゴマを加え、よく混ぜる。
    皿に盛ったら出来上がり。

シンプルな味付けですが、カボチャの自然な甘みが引き立ちとても美味しいです。

ちなみにレシピと同量のカボチャ(正味450g)を、塩をせずにそのままレンジでチンすると、600wで9分(100gにつき2分)ほどの加熱時間がかかりますので、塩をして水分を出すと、3分くらい加熱時間を短縮することができます。

鍋で煮る場合とくらべ、煮崩れしないところもいいですよ。

ところで最後に、かぼちゃの煮物の時短レシピをあともう1品ご紹介します。
料理研究家の渡辺あきこさんが考案した「かぼちゃのそぼろあんかけ」です。
レンジでチンしたかぼちゃに、甘辛いそぼろあんをかけることで煮物風に仕上げた一品です。
調理時間は5分。
こちらもおすすめです。

関連レシピ