鯛めしのレシピ。鯛漁師がすすめる、炊飯器を使った簡単なつくり方。

2016/08/30

塩焼き

愛媛県今治市の鯛漁師・渡辺幹也さんがすすめる、炊飯器で簡単にできる鯛めしのつくり方をご紹介します。

生の鯛ではなく、塩焼きにした鯛を使います。スーパーなどで買った塩焼きでもOKですから、本当に手間なしです。
しかも鯛を知り尽くした漁師さんがすすめる食べ方ですから、お味の方はお墨付きですよ。

(情報元:「ジョブチューン」2014年12月6日放映)

スポンサーリンク

鯛めしのつくり方

つくり方は、材料を炊飯器に入れて炊くだけです。調味料などは、お好みで加減してください。

材料
鯛の塩焼き



薄口醤油

ショウガ
昆布
木の芽
つくり方
  1. 米を研いで水・酒・醤油・塩・昆布を加える。さらに鯛の塩焼きを丸ごと入れて、ショウガを散らして炊き上げる。
  2. 鯛の骨を取ってよく混ぜる。皿に盛ったら、仕上げに木の芽を添える。できあがり。

情報元のテレビ番組で試食された方々は、皆さん、その味を絶賛されていました。
焼いた鯛を使うと、焦げ目の香ばしさがアクセントになってとても美味しいそうですよ。

生の鯛ではなく、あえて鯛の塩焼きを使うメリットがあるようです。私もさっそく試してみようと思います。

スポンサーリンク

画像引用元:20121222_上引水產_25_烤小鯛 by 挪威 企鵝

スポンサーリンク
鯛めしのレシピ。鯛の頭を使いました。

新鮮な鯛の頭を、大変安く購入することが出来ました。今日はそれを使って「鯛めし」をつくりました。一般的に鯛めしは、鯛を焼いてから御飯と一緒に炊...

鯛めしをふっくら美味しく炊きあげる方法。香ばしいおこげも楽しめます。

東京海洋大学客員准教授のさかなクンが出演するテレビ番組で、ふっくら美味しい鯛めしの作り方が話題になっていました。炊きあがりにひと手間かけると...

千葉・いすみの「たこめし」レシピ。人気の秘密は、生の真ダコをたっぷり使う。

千葉県いすみ市でつくられている、タコ飯の作り方をご紹介します。真ダコの水揚げで名高い、千葉県いすみ市。地元でつくられるタコ飯は、日本各地で開...

水島弘史シェフの、きのこの炊き込みご飯のレシピ。

フレンチのシェフ・水島弘史さんがすすめる、科学的にも理にかなった、美味しい「キノコの炊き込みご飯」の作り方をご紹介します。たった2つのポイン...

さんま漁師がすすめる、本当に美味しいさんま料理 4品。

日本でも屈指のサンマの水揚げ量を誇る、岩手県宮古港。今日は、宮古漁港のサンマ漁師さんの、おすすめサンマ料理を4品ご紹介します。漁に出ている間...