ピーマンのしらす和えのレシピ。レンジで簡単!おろし生姜で美味しさUP

投稿日:2020年6月12日 更新日:

ピーマンとしらすのレシピ

ピーマンとしらすを使った和え物のレシピをご紹介します。

レンジを使った簡単レシピで、調理時間はたったの5分。
細切りにしたピーマンをレンチンして、しらすを加え、おろし生姜・ごま油・醤油などで味付けすれば完成です。

電子レンジで加熱したピーマンは、しんなりとしていて柔らか。

ピーマンのしらす和え
しらすと和えることで、優しい旨味が加わって、食べやすさが大幅にアップします。

また、おろし生姜とごま油の風味もいい感じ。
味にメリハリが生まれて、とても美味しくいただけます。

作り置きもオススメ

なお、この和え物は、冷蔵保存で2日ほど日持ちします。
保存できる期間はあまり長くありませんが、冷めても美味しいので、作り置きしておくと便利ですよ。

しらすピーマンのレシピ

ピーマンのしらす和え

「ピーマンのしらす和え」のレシピです。

材料【2〜4人分:調理時間5分】
ピーマン 1袋(150g程度)
しらす 50g
おろし生姜 小さじ1/2
白ごま 小さじ1/2
ごま油 小さじ1
醤油 小さじ1
少々

※ピーマン1袋はだいたい150gです。

作り方
  1. ピーマンを縦半分に切り、ヘタとワタを取り、細切りにする。
  2. ピーマンを耐熱容器に入れ、ラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱する。
  3. しらす・おろし生姜・白ごま・ごま油・醤油・塩を混ぜたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。

ピーマンを半分に切る

【工程1】
最初に、ピーマン(1袋:150g程度)を縦半分に切り、ヘタとワタを取り除きます。

ピーマン1袋は150程度

ピーマンは、4個くらいが小袋に入って売られていることが多いですけど、この1袋は、だいたい150g程度と決まっています。

ピーマン 1袋
150gよりもちょっと少なかったり多かったりすることはありますが、たいした違いはないので、そうした場合も、1袋すべて使ってしまって構いません。

ピーマンのヘタとワタの取り方


ピーマンを細切りにする

次に、ピーマンを、繊維に沿って縦に細切りにします。

縦に切ると苦味が出にくい

ピーマンの繊維は、ヘタを上にして置いた時に、縦方向に走っています。

ピーマンを細切りする場合は、この繊維に沿って縦に切るのがおすすめです。
そうすることで、ピーマン特有の苦みが出にくいうえに、シャキシャキとした食感が残りやすくなります。

ピーマンの苦味が出にくい切り方
ピーマンの細切りの切り方


ピーマンを電子レンジでチンする

【工程2】
続いて、ピーマンを耐熱容器に入れ、ラップをして、電子レンジ(600w)で2分加熱します。

耐熱ボールがない場合は、レンジで使える普通の器でも構いません。

ピーマンのレンジでの加熱時間


ピーマンにしらすと調味料を和える

【工程3】
2分チンしたら、しらす(50g)・おろし生姜(小さじ1/2)・白ごま(小さじ1/2)・ごま油(小さじ1)・醤油(小さじ1)・塩(少々)を混ぜたら完成です。


ピーマンのしらす和え

しらすと生姜の相性は抜群で、醤油とごま油ですこし味を補うだけで、立派なおかずになりえます。

今回は、しらす&生姜の人気コンビに、ピーマンをプラス。
しらすの旨味と生姜のピリッとした刺激が加わって、たっぷりのピーマンをペロッと美味しく食べられます。

箸休めにもぴったりな、ピーマンとしらすのおすすめレシピですよ。

関連レシピ