やまでら くみこ のレシピ

短時間で簡単に作れる人気家庭料理を紹介。

しその実(穂紫蘇)の塩漬けのレシピ!あく抜きの方法や食べ方も紹介。

投稿日:2019年10月14日 更新日:

しその実(穂紫蘇ほじそ)の塩漬けのレシピをご紹介します。

しその実は、塩漬けにすれば保存がききますし、風味も良いので、ご飯のお供として重宝します。

アク抜きの方法は2パターン

生のしその実は、そのままだと少しアクがあるため、アクを抜いてから塩漬けにします。

アク抜きの仕方は、大きく2パターン。
さっと茹でる方法と、水に一日浸ける方法があります。

さっと茹でる
水に一日浸ける

さっと茹でてから塩漬けにした場合は、鮮やかな緑色が出やすいです。
一方で、水に一日浸けてから塩漬けにした場合は、見た目はやや茶色っぽくなりますが、比較的風味良く仕上がります。

アク抜きの方法による違いは、後ほど詳しくお伝えします。

しその実の塩漬けの食べ方

出来上がったしその実の塩漬けは、ご飯にのせて食べてもいいですし、料理の風味付けとしても活用できます。

また、おにぎりにして、お弁当に詰めるのもおすすめです。

塩漬けにすると保存もきく

しその実の収穫時期は、9月中旬〜10月中旬ごろ。
生のままだとすぐにダメになってしまいますが、塩漬けにすればある程度日持ちします。

冷蔵保存なら1ヶ月ほど。
もちろん、冷凍保存もOKです。

ストックしておくと便利ですよ。

穂紫蘇の塩漬けの作り方

「しその実の塩漬け」のレシピです。

材料【調理時間10分/アク抜きの時間を除く】
しその実 好みの量
しその実の10%※

※保存性をより高めたい場合は15〜20%でもOK。

作り方
  1. しその実を茎から外し、きれいに洗い、アク抜きする。(アク抜きの仕方は下の文中参照。)
  2. しその実の水気をキッチンペーパーでしっかり取り、塩をまぶす。
    保存袋に入れ、空気を抜いて保存する。冷蔵で1ヶ月ほど日持ちする。

写真をもとにレシピを説明します。


【工程1】
まず、しその実(好みの量)を茎から外します。

ちなみに、しその実は、穂先を指で軽く掴み、そのまま下ろすようにすると、簡単に取れます。


次に、しその実をきれいに洗います。

何回か水を替えながら、濁らなくなるまで洗ってください。


しその実のあく抜き

続いて、しその実のアクを抜きます。

しその実のアク抜きの仕方には、大きく2パターンあります。
「さっと茹でる方法」と「水に一日浸ける方法」です。

上の写真は、それぞれの方法で作った塩漬け。
漬けてから1週間ほど経ったものです。

さっと茹でると色鮮やか

「さっと茹でる方法」(左)でアク抜きすると、仕上がりの見た目がとてもきれい。
緑色が鮮やかに出るのが特徴です。

水に浸けると風味が残りやすい

一方、「水に一日浸ける方法」(右)でアク抜きすると、見た目は茶色っぽくあまりきれいではありませんが、比較的、しその実らしい香りや味が残りやすいです。

風味を優先するのなら「水に一日浸ける方法」、見た目を優先するのなら「さっと茹でる方法」と使い分けると良いと思います。

ちなみにですが、しその実を醤油漬けにする場合は、「水に一日浸ける方法」をおすすめします。
そうした方が、見た目がきれいで、なおかつ風味も良く仕上がります。

それでは、アク抜きの手順を説明します。


さっと茹でてアク抜き


茹でる方法では、たっぷりの湯を沸かし、湯1リットルに対して塩(小さじ1)を加え、しその実を30秒ほどさっと茹でます。


水に浸してアク抜き


一方、水に浸す場合は、しその実をたっぷりの水に入れ、ラップをかぶせ、冷蔵庫に丸1日置きます。


しその実を塩漬けにする


【工程2】
アク抜きが終わったら、しその実の水気をキッチンペーパーでしっかり取ります。

水気をきれいに取ったら、ここで、しその実の重量を計ってみてください。



そして、しその実の重量の10%程度の塩をまぶします。

塩の量はお好みで調整OK

塩の量はやや控えめになっています。
10%の塩をすると、冷蔵保存で1ヶ月くらい日持ちします。

15〜20%の塩をすると、さらに日持ちしやすくなります。

しその実の重量 塩の量(10%)
20g 2g(小さじ1/3)
50g 5g(小さじ1弱)


最後に、保存袋に入れ、中の空気をしっかり抜きます。

2日後あたりから食べられます。

しその実の塩漬けの賞味期限

保存の際には、しその実をなるべく空気に触れさせないようにすると、日持ちしやすくなります。

しその実の塩漬けの保存期間は、空気をしっかり遮断したうえで、冷蔵保存で1ヶ月、冷凍保存で2ヶ月くらいと考えてください。



このしその実の塩漬けは、塩気が控えめなのでとても食べやすいです。

しその風味もいい感じ。
噛むと、しその香りが口の中にフワッと広がりますよ。


しその実の塩漬けの食べ方


しその実の塩漬けは、何と言ってもご飯との相性が抜群です。

おにぎりにしてお弁当に詰めてもいいですし、ご飯の上にパラッとかけるだけでも美味しいものです。

また、和え物やサラダに加えたり、肉や魚の料理の風味付けに使うのもおすすめ。
アイデア次第で使い方はいくらでも広がります。

ところで、当サイトでは、大葉(シソ)を使ったレシピを他にも紹介しています。

下の表は、保存食にもぴったりな大葉のレシピの一覧です。
大葉がたくさんあって使い道に困ったという時には、リンク先もぜひ参考にしてください。

関連記事

しその実(穂紫蘇)の醤油漬けの作り方!ご飯がすすむ簡単レシピ。

しその実(穂紫蘇)の醤油漬けのレシピをご紹介します。しその実の収穫時期は、9月〜10月中旬。生のしその実は、醤油などに漬け込むと、長期保存が…

しその実(穂紫蘇)の保存方法と保存食!おすすめは冷凍。乾燥もOK。

しその実(穂紫蘇)の上手な保存法をご紹介します。しその実(穂紫蘇)とは、しその花が落ちたあと、実が未熟なうちに、穂先だけを収穫したものことで…

しその実(穂紫蘇)の佃煮の作り方!甘さ控えめのシンプルレシピ。

しその実(穂紫蘇)の佃煮のレシピをご紹介します。しその実の風味をいかした、甘さ控えめの佃煮。優しいコクがあり、ご飯との相性も抜群です。作り方…

油あげの油抜き。レンジを使った30秒でできる裏ワザ。

電子レンジを使った、油あげの油抜きの方法をご紹介します。たったの30秒で完了します。ちなみに「油抜き」とは、油あげやさつまあげといった油で揚…

そばの実の美味しい食べ方。蕎麦の実の上手な茹で方と炊き方。

そばの実の美味しい食べ方をご紹介します。そばの実は、雑穀の中でもクセが少なく比較的食べやすいので、茹でたり炊いたりするだけで、ご飯と同じよう…

おすすめ記事

バナナマフィンの簡単レシピ。バナナ×レモンが美味しい!定番の作り方。

バナナマフィンのおすすめレシピをご紹介します。熟した甘いバナナをつかっ…

人参ケーキのレシピ。上品なコクと風味!しっとり食感のキャロットケーキ

人参ケーキ(キャロットケーキ)のレシピをご紹介します。人参の優しい味を…

蒸しパンのレシピ。人気のプレーン蒸しパン!基本の作り方を動画で解説。

蒸しパンの手作りレシピをご紹介します。優しい甘みとふわふわ食感が印象的…

かぼちゃスコーンのレシピ。かぼちゃたっぷり!簡単で美味しい作り方。

かぼちゃをたっぷり使ったスコーンのレシピをご紹介します。レンジで柔らか…

牛乳寒天の作り方。濃厚で柔らか!ミルク100%の水なし簡単レシピ。

味が濃厚で食感の柔らかい、美味しい牛乳寒天(ミルク寒天)の作り方をご紹…

ソーダブレッドのレシピ。くるみ&レーズンで満足度UP!美味しい作り方

ソーダブレッドの簡単で美味しいレシピをご紹介します。小麦粉に重曹とベー…

ささみフライのシンプルレシピ。少ない油で簡単!フライパンでささみカツ

ささみフライの作り方をご紹介します。鶏ささみを使ったカツレツの簡単レシ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

最新記事

ほうれん草と豚こまのマヨ醤油炒め。マヨネーズで簡単!コク旨レシピ。

ほうれん草と豚こまを使った簡単おかずレシピをご紹介します。ほうれん草と…

キャベツとじゃこの和風サラダレシピ。ごま油とおろし生姜で風味良く!

キャベツとちりめんじゃこを使った、簡単おかずレシピをご紹介します。ごま…

鯖の味噌煮の作り方。ふっくら柔らか!10分で作れる簡単基本レシピ。

鯖(サバ)の味噌煮のレシピをご紹介します。鯖を醤油や砂糖などと一緒に甘…

菜の花の辛子和え。ツンとした辛みがクセになる!簡単めんつゆレシピ。

菜の花の人気料理と言えば、やはり、辛子和えは外せません。菜の花の少しほ…

高野豆腐の煮物。ジュワッと旨い!含め煮のシンプルレシピ。

高野豆腐の煮物の作り方をご紹介します。高野豆腐だけを使った、シンプルな…