ヨーグルトプリンのレシピ。牛乳の代わりにヨーグルトを使いました。

投稿日:2010年2月4日 更新日:

ヨーグルトプリン

ベーシックなプリンのレシピをアレンジして、プリンを作りました。
プリンの基本的な材料の1つである牛乳を、ヨーグルトで代用してみました。
また食感を面白くするため、リンゴを加えてみました。

甘酸っぱい味が楽しめるプリンで、ヨーグルトとプリンの間くらいの柔らかさに、リンゴの食感がアクセントになっています。

今回リンゴは、ひと手間かけて煮リンゴにしましたが、生のリンゴを加えてさっぱりといただくのもいいですよ。

リンゴが入ったヨーグルトプリンの作り方

ヨーグルトプリン

材料【直径8センチのココット2個分】
1個(50g)
ヨーグルト 110g
グラニュー糖 25g
バニラオイル 少々
ブランデー 小さじ1/2
煮リンゴ※
(もしくは生のリンゴ)
60g

※リンゴに、自然な甘みが引き立つ程度の塩を加え、水を一切加えずにさっと火を通したものを使いました。

作り方
  1. リンゴは薄くスライスする。
  2. 材料すべてをボールに入れ、泡立て器でよく混ぜる。
  3. ココット2つに1を入れ、さらにリンゴを入れる。ココットをオーブンの天板の上にのせる。
  4. オーブンの天板に、ココットの半分が浸るくらいの湯を入れる。150度に温めたオーブンで25分焼いたらできあがり。

煮リンゴと生のリンゴ、それぞれのプリンをくらべると、夫は、煮リンゴの方が美味しいと言っていました。私はさっぱりとした生のリンゴ入りの方が好きです。好みが分かれると思います。

関連レシピ