アボカドの食べごろと保存方法。冷凍・冷蔵・常温保存の仕方。

投稿日:2016年3月31日 更新日:

アボカドの保存

アボカドの食べ頃は、皮が黒っぽくなり、触って弾力が感じられるくらいが目安です。

食べ頃になったアボカドは、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。
丸ごと冷蔵する場合は、ポリ袋に入れて保管。
切ってから冷蔵する場合は、切り口にレモン汁(塩水でもOK)をかけ、ラップでぴったり包みます。

また、アボカドは、冷凍して保存することもできます。
その場合は、アボカドを一口大に切り、レモン汁をかけてラップをし、保存袋に入れます。

ちなみに、未熟なアボカドは、常温で追熟させたうえで、冷蔵や冷凍するといいですよ。

アボカドの保存方法を、写真をもとに、分かりやすく説明します。

アボカドを常温で追熟

アボカドを常温で追熟
まず最初に、未熟なアボカドを追熟させる方法をご紹介します。

冒頭でお伝えしたとおり、アボカドは、皮が黒っぽくなり、触って弾力が感じられるくらいが食べ頃です。

まだその状態になっていないアボカドは、常温(冷暗所)に置いて追熟させます。

追熟中の温度は、20度前後がベスト。
5度以下になると低温障害を起こし、また高温過ぎると傷みやすくなります。

早く熟させたい場合は、リンゴやメロンなどエチレンガスを発生させる果物と一緒にポリ袋に入れておくと、効果があります。

また、冬の寒い時期に早く熟させたい場合は、新聞紙に包んだ上で、こたつに入れたり、エアコンの近くに置くといいです。
日の当たらない暖かい場所に置くのがポイントです。

アボカドの冷凍保存

アボカドを冷凍
続いて、アボカドの冷凍保存。
完熟したアボカドは冷凍できるので、当面使う予定がなければ冷凍庫で保管するのもありです。

食べやすい大きさに切り、切り口が変色しやすいのでレモン汁(塩水でもOK)をかけ、ラップでぴったり包んでから保存袋に入れます。

アボカドを冷凍すると、2週間ほど日持ちします。

冷凍アボカドの使い方

アボカドを解凍する際には、冷蔵庫に移し、自然解凍するのが基本です。
急いで解凍したい場合は、レンジで数十秒ほど軽くチンしてもいいです。

解凍したアボカドは、生のままとくらべると食感がやや落ちるので、ディップやソースにするなど加工して食べるといいですよ。

ちなみに、ディップやソース以外だったら、味噌汁やスープの具材にするのがおすすめです。
アボカドは凍ったまま入れるだけなので簡単です。

また、目玉焼きなどを焼く際に、凍ったままのアボカドをのせて、一緒に蒸し焼きにするのもラクです。

アボカドの冷蔵保存

最後に、アボカドを冷蔵保存する方法をお伝えします。

アボカドを冷蔵するやり方は2つあります。

アボカドを丸ごと冷蔵

アボカドを丸ごと冷蔵
1つは、完熟したアボカドを丸ごと冷蔵する方法。
アボカドをポリ袋に入れて、冷蔵します。

アボカドを丸ごと冷蔵保存すると、3~4日くらい日持ちします。

アボカドを切って冷蔵

アボカドを切って冷蔵
2つめは、切ったアボカドを冷蔵する方法です。
アボカドが半分だけ余ってしまった場合などに使えます。

切り口にレモン汁(もしくは塩水)をかけ、ラップをして冷蔵庫に入れます。
種はムリして取らなくても大丈夫です。

切ったアボカドを冷蔵すると、2~3日くらい日持ちします。


アボカドのめんつゆ漬けのレシピ。変色を防いで簡単作り置き!

アボカドを冷蔵で保存しつつ、日持ちをさらに延ばしたいなら、めんつゆ漬けにするという方法もあります。

切ったアボカドをめんつゆに漬けて、空気を遮断する。
そうすると、アボカドが変色しづらいですし、日持ちも1週間程度にアップします。

リンク先では、アボカドのめんつゆ漬けの詳しい作り方をご紹介しているので、あわせてご覧ください。

料理研究家の遠藤香代子さんのレシピ

2分
アボカドめんつゆごま油

作り方を見る

関連レシピ