卵に添える鶏肉のレシピ。朝食のおかずです。

投稿日:2013年6月23日 更新日:

卵 鶏肉

鶏のムネ肉。
料理雑誌で、レシピ特集が組まれることが多い食材の1つです。
人気の理由は、やはりその安さでしょう。
家族の満足のいく食事を提供しつつ、なおかつ食費も抑えるには、手頃な価格で入手できるムネ肉のような食材は外せません。

今日はわが家でよく作る、鶏ムネ肉のおかずをご紹介します。

鶏むね肉で作る朝食のおかず

卵 鶏肉

鶏ムネ肉を使った便利なおかず、それは、ゆで鶏です。
まあ、正直、珍しくも何ともないおかずです。
酒と塩とこしょうをムネ肉にすり込んで、茹でたものです。

我が家ではこのゆで鶏を、目玉焼きに添えて朝の食卓に出しています。ハムやベーコンではなくて、ゆで鷄。

ハムとかベーコンって、たしかに目玉焼きととってもよく合いますよね。実際わが家でも、つい最近まで定期的に購入していました。

でも、気になるのは、それらに含まれる添加物。
まあ、神経質になりすぎると食べるものがなくなってしまいますから、わりとテキトーなんですが、食べなくて済むのなら、それに越したことはないなとも思います。

そこで、試しにゆで鶏を目玉焼きに合わせてみたら、意外と相性がよかったんです。
いろいろと試してみるもんですね。

材料【調理時間50分】
鶏むね肉 1枚
日本酒 大さじ2
小さじ1
こしょう 少々
500ml
作り方
  1. ムネ肉は観音開きにする。(厚みのある部分に切り込みを入れて厚さを均等にする。)
  2. ムネ肉に水以外の材料すべてを揉み込み、10分置く。
  3. 2と水を鍋に入れ、フタをして火にかける。
  4. 沸騰したらすぐに火を止め、そのまま30分置いたらできあがり。

工程2のムネ肉に調味料を揉み込む作業は、鍋の中でします。そうすると洗い物が一つ減って、チョットだけ得した気分です。

ところでわが家では、このゆで鶏だけではなく、シラスもよく目玉焼きに添えます。
地元でシラスが採れるのですが、それを目玉焼きのまわりに散らして、朝ご飯にすることもあります。
こちらもヘルシーなので、とても気に入っています。

関連レシピ