やまでら くみこ のレシピ

簡単料理の作り方や話題の人気レシピなどを紹介。

ピクニック弁当のサンドイッチのレシピ。簡単お好みサンド3品。

投稿日:2018年5月3日 更新日:

ピクニック弁当のサンドイッチ

ピクニックや行楽にぴったりのサンドイッチ弁当のレシピをご紹介します。

料理研究家の飛田和緒さんが考案したサンドイッチ3品です。

メニュー
  1. 甘辛ビーフ&にんじんのサンド
  2. 手づくりツナ&きゅうりのサンド
  3. かぼちゃ煮のクリームチーズ&ハムのサンド

この3種のサンドイッチは、飛田さんのおすすめの具材を2種類ずつ挟んで作りますが、合計6種類の具材をパンとは別に持ち運び、出かけた先で手巻き寿司のような感覚で、お好みで挟んでいただくこともできます。

ピクニック弁当のサンドイッチ
6種類の具材は、左上から時計回りに「にんじんマリネ」「甘辛ビーフ」「手作りツナ」「かぼちゃ煮のクリームチーズあえ」「きゅうりマリネ」「ハム」です。
「きゅうりマリネ」以外はすべて作り置きできるので、お弁当を作る前日の夜に仕込んでおくこともできます。

「にんじんマリネ」と「きゅうりマリネ」は、レモン汁で風味付けした爽やかなマリネです。

また「甘辛ビーフ」は、甘辛味のこってりとした味わいの万人ウケする具材。8分で作れます。「にんじんマリネ」と合わせてマヨネーズをたっぷりかけると、食べ応えがさらにアップします。

そして「手作りツナ」は、めかじきで作る優しい味わいのシーチキンで、18分で完成します。「きゅうりのマリネ」と合わせると、甘辛ビーフとはまったく違った、さっぱりしたサンドイッチができます。

「かぼちゃ煮のクリームチーズあえ」は、チーズケーキを思わせるようなコクと甘みがあるかぼちゃペーストで、食事のあとのデザートのような感覚でいただけます。調理時間は18分。「ハム」と合わせるのが飛田さんのおすすめです。

ちなみにレシピの分量は、4人分くらいのお弁当を作るのであれば、十分間に合うと思います。
「甘辛ビーフ」の出来上がり量は4人分程度で、残りの具材はすべて、4人でも少し残るくらいできます。
どれも作り置きできますので、余ったら普段のおかずにしてください。

(レシピ情報元:NHK「きょうの料理」2018年4月30日放映)


甘辛ビーフ&にんじんのサンド

ピクニック弁当のサンドイッチ

まずご紹介するのは「甘辛ビーフ&にんじんのサンド」の具材2種類のレシピです。

「甘辛ビーフ」と「にんじんマリネ」の作り方をお伝えします。

甘辛ビーフのレシピ

ピクニック弁当のサンドイッチ

「甘辛ビーフ」のレシピです。

このお料理は、冷蔵庫で2日ほど保存できます。

材料【作りやすい分量:調理時間8分】
牛切り落とし肉 200g
にんにく(つぶす) 1かけ
牛脂(※) 1かけ
砂糖 小さじ2
醤油 大さじ1

※無い場合は普通の油で代用可。

作り方
  1. にんにくと牛脂をフライパンに入れ、弱めの中火にかける。牛脂が溶けてにんにくの香りが立ったら、牛脂とにんにくを取り出す。
    牛肉を入れ、ほぐしながら両面をこんがり焼く。
  2. 牛肉にある程度火が通ったら、砂糖と醤油を加える。汁気が飛ぶまで炒めたらできあがり。
    冷蔵庫で2日ほど保存できる。

写真をもとにレシピを説明します。
ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程1・2】
まずにんにく(包丁の背でつぶしたもの1かけ)と牛脂(1かけ)をフライパンに入れ、弱めの中火にかけます。

そして上の写真のように、牛脂が溶けて、にんにくがこんがり焼けて香りが立ったら、牛脂とにんにくを取り出します。

【調理のポイント】
牛脂を使うと、牛肉にコクが加わって美味しくなります。

牛脂はスーパーなどで無料で貰えますが、無い場合は、普通の油でも代用できます。
油を使うと、少しさっぱりした味に仕上がります。


ピクニック弁当のサンドイッチ
次に牛切り落とし肉(200g)を加え、ほぐしながら両面をこんがり焼きます。

そして牛肉にある程度火が通ったら、砂糖(小さじ2)と醤油(大さじ1)を加えます。(上の写真)

ちなみに砂糖と醤油を加える際に、フライパンの上に汁気がまったく無い場合は、いったん火を止めて調味料を加えるのがおすすめだそうです。そうすると、醤油が焦げずに済みます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
汁気が飛ぶまで炒めたら完成です。

こってりとした甘みのある、万人受けするサンドイッチの具材ができますよ。

にんじんマリネのレシピ

ピクニック弁当のサンドイッチ

次にご紹介するのは「にんじんマリネ」のレシピです。

このマリネは、冷蔵庫で5日ほど保存が効きます。

調理時間は、塩をして置く時間(30分)を除くと5分くらいです。

材料【作りやすい分量:調理時間5分】
にんじん 2本
小さじ1
レモン汁 1/2個分
作り方
  1. にんじんは皮をむき、少し細めの千切りにし、塩を全体に馴染ませて30分ほど置く。
  2. 1の水気を軽く絞り、レモン汁を混ぜたらできあがり。
    冷蔵庫で5日ほど保存できる。

写真をもとにレシピを説明します。
ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程1】
まずにんじんの皮をむき、少し細めの千切りにし、塩を全体に馴染ませて30分ほど置きます。

ちなみに「少し細め」というのは、マッチ棒くらいの太さだそうです。
あまり太いとパンに挟みにくいので、ちょっと細めに切ります。


ピクニック弁当のサンドイッチ
30分ほどすると、にんじんから水分が出ます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程2】
そうしたら、にんじんの水気を手で軽く絞り、レモン汁(1/2個分)を混ぜます。これで完成です。

ちなみにこのマリネをお弁当箱に詰める時は、もう一度汁気を切るといいです。
パンに挟む時には、汁気をしっかり取った方が、ベチャベチャにならずに済みます。

【調理のポイント】
レモンのフレッシュな風味をいかした、爽やかな味のマリネに仕上げます。

レモンが無い場合は、酢でも代用できるそうです。

にんじんの風味が引き立つ、どんな具材にも合わせやすいシンプルなマリネです。

サンドイッチの挟み方

ピクニック弁当のサンドイッチ

ここからは、すでにご紹介した「甘辛ビーフ」と「にんじんマリネ」を使った、「甘辛ビーフ&にんじんのサンド」の作り方をご紹介します。

材料【4人分】
甘辛ビーフ※ 全量
にんじんマリネ※ 適量
コッペパン 4個
バター 適量
マヨネーズ 適量

※上のレシピで作ったものを使用。

作り方
  1. コッペパンは縦に切り込みを入れ、断面にバターを塗る。
  2. 汁気をしっかり取ったにんじんマリネと甘辛ビーフを挟み、マヨネーズをかけたらできあがり。

パンの断面にはバターを万遍なく塗り、にんじんマリネの水気をしっかり取って挟むのがポイントです。
そうすると、時間が経ってもベチャベチャになりにくいです。

こってりとした甘辛ビーフにマヨネーズの風味が絶妙にマッチした、食べ応えのあるサンドイッチができますよ。


手作りツナ&きゅうりのサンド

ピクニック弁当のサンドイッチ

次にご紹介するのは「手作りツナ&きゅうりのサンド」の具材2種類のレシピです。

「手作りツナ」と「きゅうりマリネ」の作り方をお伝えします。

手作りツナのレシピ

ピクニック弁当のサンドイッチ

「手づくりツナ」のレシピです。

市販のツナ缶は、マグロやカツオといった赤身の魚が使われますが、このツナは、白身魚で作ります。魚はめかじきを使います。

めかじきは、加熱するとぼそぼそしがちですが、このツナはとても柔らかく、しっとりしていて食べやすいです。またお味の方は、さっぱりしています。

このツナは、冷蔵庫で4日ほど保存できます。

材料【作りやすい分量:調理時間18分】
めかじき(切り身) 4切れ
小さじ1
オリーブオイル 大さじ3〜4
作り方
  1. めかじきは一口大に切り、塩を振って10分ほど置き、水気をキッチンペーパーで拭き取る。
  2. 1をフライパンに重ならないように並べ、ひたひたの水を注ぎ、弱めの中火にかける。
    沸騰してアクが出たら取り除き、5分ほど煮る。
    5分経ったらフタをして火を止め、そのまま冷ます。
  3. 2を保存容器に移し、オリーブオイルを回しかけたらできあがり。
    冷蔵庫で4日ほど保存が効く。

写真をもとにレシピを説明します。

ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程1】
まずめかじき(4切れ)を一口大に切り、塩(小さじ1)を両面に振って、10分ほど置きます。

塩の量は小さじ1。少し多めにまぶします。


ピクニック弁当のサンドイッチ
10分経つと、めかじきから水分が出ますので、キッチンペーパーで拭き取ります。

【調理のポイント】
めかじきに塩をして10分置くと、臭みが取れて下味が付きます。

ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程2】
次にめかじきをフライパンに重ならないように並べ、ひたひたの水を注ぎます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
続いてフライパンを弱めの中火にかけ、沸騰してアクが出たら取り除き、5分ほど煮ます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
5分経ったらフタをして火を止め、そのまま冷まします。

加熱中はフタをしませんが、煮終えたら最後にフタをします。

【調理のポイント】
フタをしてゆっくり冷ますと、めかじきがしっとり仕上がります。

ちなみにここで、めかじきをすぐにフライパンから取り出すと、パサパサして硬くなってしまいます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程3】
めかじきを煮汁ごと保存容器に移し、オリーブオイル(大さじ3〜4)を回しかけたら完成です。

【調理のポイント】
オリーブオイルで漬け汁の表面をコーティングすると、乾燥を防ぐことができるので、めかじきがしっとり仕上がります。

ピクニック弁当のサンドイッチ
出来上がったツナは、煮汁に完全に浸かった状態で保存します。

しっとり柔らかくて優しい味わいのツナができます。

お弁当箱に詰める時は、漬け汁から取り出し、塊のままでもいいですし、市販品のように砕いてもいいです。

ちなみにこのツナのレシピは、別記事で「ツナ作り方」として紹介しています。飛田さんのおすすめの使い方も載せていますので、宜しければ合わせてご覧ください。

きゅうりマリネのレシピ

ピクニック弁当のサンドイッチ

次にご紹介するのは「きゅうりのマリネ」のレシピです。

このマリネは、冷蔵庫で一晩くらいしか日持ちしません。
あまり置くときゅうりから水気が出るので、なるべく早く食べ切るのがおすすめだそうです。
お弁当にする場合は、当日の朝に作るといいですよ。

材料【作りやすい分量:調理時間8分】
きゅうり 2本
小さじ1/3
レモン汁 1/2個分
作り方
  1. きゅうりは薄い輪切りにし、塩を全体に馴染ませてしんなりさせる。
  2. 1の汁気を軽く絞り、レモン汁を混ぜたらできあがり。
    一晩ほど保存できる。

写真をもとにレシピを説明します。
ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程1】
まずきゅうり(2本)は薄い輪切りにし、塩を全体に馴染ませてしんなりさせます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
しばらく置くと、きゅうりから水分が出ます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程2】
そうしたら、きゅうりの汁気を手で軽く絞り、レモン汁を混ぜます。これで完成です。

【調理のポイント】
レモン汁をかけると、きゅうりの青臭さが和らぎます。

このマリネも、先にご紹介した「にんじんマリネ」と同じく爽やかな味わいで、どんな具材にも合わせやすいです。

お弁当箱に詰める時は、もう一度汁気を切るのがおすすめです。
パンに挟む時には、汁気をしっかり取った方が、ベチャベチャにならずに済みます。

サンドイッチの挟み方

ピクニック弁当のサンドイッチ

ここからは、すでにご紹介した「手づくりツナ」と「きゅうりマリネ」を使った、「手づくりツナ&きゅうりのサンド」の作り方をご紹介します。

材料【4人分】
手づくりツナ※ 適量
きゅうりマリネ※ 適量
ロールパン 4個
バター 適量
マヨネーズ 適量
粒マスタード 好みで適量
粗挽き黒こしょう 好みで適量

※上のレシピで作ったものを使用。

作り方
  1. ロールパン(上の写真はコッペパンで代用)に切り込みを入れ、断面にバター・マヨネーズ・粒マスタードを塗る。
  2. 1に水気をしっかり取ったきゅうりマリネとツナを挟み、黒こしょうを振ったらできあがり。

ツナはお好みでほぐしてから使ってもいいです。

このサンドイッチは、きゅうりのシャキシャキ感とツナの柔らかい食感の対比が良く、お味の方はさっぱりしています。


かぼちゃ煮のクリームチーズ&ハムのサンド

ピクニック弁当のサンドイッチ

最後にご紹介するのは「かぼちゃ煮のクリームチーズ&ハムのサンド」の具材のレシピです。

ハムは買ってきたままの状態で使うので、「かぼちゃ煮のクリームチーズ」の作り方だけをお伝えします。

かぼちゃ煮のクリームチーズのレシピ

ピクニック弁当のサンドイッチ

「かぼちゃ煮のクリームチーズ」のレシピです。

このお料理は、冷蔵庫で3日ほど保存が効きます。

材料【作りやすい分量:調理時間18分】
かぼちゃ 1/4個(370g)
クリームチーズ 40g
砂糖 小さじ2
醤油 小さじ2
作り方
  1. かぼちゃはワタとタネを取り、皮をむいて一口大に切る。
  2. 1を鍋に入れ、ひたひたよりも少し少なめの水を注ぎ、砂糖と醤油を加え、中火にかける。
    ふつふつしてきたら紙ぶた(※)をして、弱めの中火で10分ほど煮る。
    煮汁がほぼ無くなったら火を止め、そのまま冷ます。
  3. 2の粗熱が取れたらフォークを使ってペースト状になるまで潰す。クリームチーズを混ぜたらできあがり。
    冷蔵庫で3日ほど保存が効く。

※クッキングシートで作った落し蓋。下の写真参照。

写真をもとにレシピを説明します。

ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程1】
まずかぼちゃ(1/4個:370g)のワタとタネを取り、皮をむいて一口大に切ります。

【調理のポイント】
かぼちゃは皮をむいて使います。

皮を取ると、口当たりがなめらかなペーストができます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程2】
次にかぼちゃを鍋に入れ、ひたひたよりも少し少なめの水を注ぎ、砂糖(小さじ2)と醤油(小さじ2)を加え、中火にかけます。


ピクニック弁当のサンドイッチ
煮汁がふつふつしてきたら、紙ぶたをして弱めの中火で10分ほど煮ます。

ちなみに「紙ぶた」とは、クッキングシートで作った落し蓋のことです。
鍋と同じ大きさの円形に切り、中央に空気穴を開けるだけで、落し蓋として使えます。詳しくは「落し蓋の作り方」をご覧ください。


ピクニック弁当のサンドイッチ
10分ほどして煮汁がほぼ無くなったら、火を止めます。そして紙ぶたをしたまま冷まします。

煮汁がまだ残っている場合は、いったん紙ぶたを取り、汁気を完全に飛ばします。


ピクニック弁当のサンドイッチ
鍋には煮汁がまったく残らない状態にします。

【調理のポイント】
ペーストが水っぽくならないように、かぼちゃの煮汁は完全に飛ばします。

ピクニック弁当のサンドイッチ
【工程3】
かぼちゃの粗熱が取れたら、フォークを使ってペースト状になるまで潰し、クリームチーズ(40g)を混ぜます。これで完成です。

かぼちゃの煮物の甘じょっぱさと、クリームチーズの優しいコクがマッチした、おやつ感覚で食べられるペーストができます。

ちなみにこのお料理は別記事で「かぼちゃクリームチーズペーストの作り方」として紹介しています。
リンク先ではこのお料理に関する飛田さんのエピソードなどもお伝えしていますので、宜しければ合わせてご覧ください。

サンドイッチの挟み方

ピクニック弁当のサンドイッチ

ここからは、すでにご紹介した「かぼちゃ煮のクリームチーズ」を使った、「かぼちゃ煮のクリームチーズ&ハムのサンド」の作り方をご紹介します。

材料【4人分】
かぼちゃ煮のクリームチーズ※ 適量
ハム 適量
コッペパン 4個
バター 適量

※上のレシピで作ったものを使用。

作り方
  1. コッペパンは縦に切り込みを入れ、断面にバターを塗る。
  2. かぼちゃ煮のクリームチーズとハムを挟んだらできあがり。

このサンドイッチは飛田さんのお気に入りで、「かぼちゃ煮のクリームチーズ」には、ハムを合わせるのが「ベスト」だそうです。

かぼちゃの甘みとチーズのコクとハムの塩気が良く合いますよ。

ピクニック弁当のサンドイッチ
これまで紹介してきた6種類の具材をお弁当箱に詰め、パンとバターとマヨネーズを添えたら、今日のピクニック弁当は完成です。

ピクニック弁当のサンドイッチ
とても簡単に作れる上に、みんなでワイワイ言いながら食べられる、行楽にぴったりのお弁当ですよ。

関連記事

サンドイッチのお弁当。具のバリエーション70品まとめ。

お弁当におすすめのサンドイッチの具の種類を70パターンご紹介します。普段のお弁当だけでなく、運動会やお花見や行楽のお供にもぴったりですよ。テ…

プロのお弁当 おかず簡単レシピ。112日分メニューまとめ。

お弁当の簡単おかずレシピを112パターンご紹介します。112品すべてが、テレビで話題の人気料理をベースにしたお弁当。名店のシェフやレシピ本の…

かぼちゃのサンドイッチの簡単レシピ。レンジを使って8分で完成。

かぼちゃを使ったサンドイッチの簡単レシピをご紹介します。料理研究家の枝元なほみさんが考案した「かぼちゃサンド」(写真の黄色いサンドイッチ)で…

かぼちゃペーストのレシピ。隠し味はクリームチーズで、パンと相性抜群。

パンやクラッカーに合う、かぼちゃペーストのレシピをご紹介します。料理研究家の飛田和緒さんが考案した「かぼちゃ煮のクリームチーズあえ」です。醤…

ホットサンドのレシピ。トースターで作るチーズとあさりサンド。

チーズとあさりを具材にした、オーブントースターで作るホットサンドのレシピをご紹介します。女優の木南晴夏さんが考案した「チーズあさりホットサン…

おすすめ記事

とうもろこしはレンジが一番。皮ごとチン、皮なしラップでチンが美味しいゆで方。

とうもろこしの茹で方は、レンジでチンが一番美味しいです。皮ごとならその…

とうもろこしごはんのレシピ。人気のバター風味!炊飯器で炊き込みご飯

とうもろこしごはん(とうきびごはん)のおすすめレシピをご紹介します。と…

とうもろこしスープの手作りレシピ。甘みを堪能!コーンスープの作り方

とうもろこしスープの手作りレシピをご紹介します。生のとうもろこしを使っ…

ピーマンのおひたしのレシピ。めんつゆで旨い!レンジで簡単お浸し。

ピーマンのおひたしのレシピをご紹介します。手軽さが人気のめんつゆレシピ…

梨のコンポートの簡単レシピ。柔らか食感が美味い!日持ちは3週間。

梨(和梨)のコンポートの簡単レシピをご紹介します。梨を砂糖と一緒に煮る…

桃スムージーのレシピ。おうちで作ると超美味しい!冷凍桃の活用法。

桃を使った美味しいスムージーのレシピをご紹介します。作り方はとても簡単…

しそジュースのおすすめレシピ。赤紫蘇シロップの作り方。

しそジュースのおすすめレシピをご紹介します。そろそろ梅雨入りかなという…

梅干しの作り方。初心者でも失敗しない簡単な漬け方。

梅干しの漬け方をご紹介します。私は10年ほど前から自家製梅干しを作って…

らっきょうの甘酢漬けのレシピ。ラッキョウの手軽で美味しい漬け方。

らっきょうの甘酢漬けのレシピをご紹介します。らっきょうの漬け方は、とて…

新生姜の甘酢漬けのレシピ。甘酸っぱくてクセになる!ガリの簡単な作り方

新生姜の甘酢漬け(ガリ)の作り方をご紹介します。お寿司屋さんでおなじみ…

そら豆の茹で方。茹で時間は3分が目安です。

そら豆を色良く茹でる方法をご紹介します。茹で時間の目安は3分くらいです…

枝豆を蒸し焼きにする方法。フライパンで簡単!栄養もムダなく取れる。

枝豆をフライパンで蒸し焼きにして火を通す方法をご紹介します。管理栄養士…

枝豆の美味しい茹で方!茹で時間は鍋で4〜5分。味と栄養面を解説。

枝豆の上手な茹で方をご紹介します。お伝えする茹で方は3パターン。それぞ…

糖質制限ダイエットの人気レシピ。低糖質なメニュー196品まとめ。

糖質制限におすすめの人気レシピ196品をご紹介します。どれも低糖質なう…

味噌汁の具材の組み合わせ人気100選。具だくさん味噌汁のアイデア集。

味噌汁の具の組み合わせを、一挙にご紹介します。人気の定番レシピから、変…

ゆで卵の作り方。茹で時間は何分?半熟や固ゆでの簡単基本レシピ。

ゆで卵の作り方を動画でご紹介します。鍋を使って作る、ゆで卵の簡単レシピ…

トルコ料理の有名メニュー大全!ケバブなどの特徴やおすすめレシピも紹介。

トルコ料理の有名メニュー42品の特徴やレシピを、現地からご紹介します。…

ギリシャ料理41品を現地から徹底解説!有名な食べ物をすべて紹介。

ギリシャ料理41品を、写真とともに現地から詳しくご紹介します。ギリシャ…

ムサカの本格簡単レシピ!ギリシャの人気料理を現地から徹底解説。

ムサカ(moussaka)の本格簡単レシピを、本場ギリシャからお伝えし…

レモン酢の作り方2パターン。効果・飲み方・料理に使う方法も紹介。

レモン酢の作り方2パターンと、効果や飲み方、料理に使う方法をご紹介しま…

作り置きおかずの人気レシピ。常備菜にぴったりな料理220品。

作り置きにおすすめの人気レシピを220品ご紹介します。当サイトでは、テ…

最新記事

大葉サラダのレシピ。豆腐&しらすと好相性!風味豊かな青じそサラダ。

大葉(紫蘇)をたっぷりと使ったサラダのレシピをご紹介します。豆腐を食べ…

みょうがの保存方法。冷凍は食感がイマイチ!短期なら冷蔵、保存食で長期

みょうが(茗荷)の上手な保存方法をご紹介します。みょうがは、一応、冷凍…

大葉(紫蘇)おにぎりのレシピ。青じそ&ごま油!風味豊かな簡単おむすび

大葉(紫蘇)を使ったおにぎりのレシピをご紹介します。おにぎりの具は、た…

みょうがの卵とじのレシピ。めんつゆで甘辛!ミョウガの人気おかず。

みょうがの卵とじのレシピをご紹介します。ミョウガを薄切りにして、めんつ…

えのきの肉巻きのレシピ。甘辛で濃厚!お弁当の人気おかずの作り方。

えのきの肉巻きのおすすめレシピをご紹介します。豚バラ肉でえのきをクルッ…