青パパイヤを、シンプルなサラダにして食べてみました。

投稿日:2010年2月10日 更新日:

青パパイヤ

先日、奄美の徳之島に住んでいる友人から、青パパイヤをいただきました。

青パパイヤで「ソムタム」を作ってみたいと、以前私が騒いでいたのを覚えていてくれたのです。嬉しいな。

ソムタム

青パパイヤの料理というと、私は真っ先にタイ料理の「ソムタム(上)」を思い出します。というか、青パパイヤに馴染みがない私は、それしか食べ方を知りません。

ちなみに「ソムタム」は、千切りにした青パパイヤ・干し海老・砕いたピーナッツ・レモン汁・唐辛子・ナンプラーをクロックという素焼きの鉢に入れ、サークというすりこ木のようなもので叩いて作ります。

ところで今回いただいた青パパイヤは3個。2人暮らしのわが家には、多すぎるくらいの量です。
ソムタムにするだけじゃモッタイナイと思いました。

そこで今日は、青パパイヤを千切り大根に見立てて、シンプルなサラダにしてみました。

青パパイヤのサラダ

青パパイヤ

上の写真が青パパイヤでつくったサラダです。

一見すると、ツナをトッピングしルッコラと生ワカメを散らした、大根のサラダのよう。
ごくありきたりのサラダに見えますが、実際食べて見ると、青パパイヤと大根はかなり違いました。

大根とくらべると青パパイヤは、よりしっかりとした歯ごたえがあり、味は、アボガドを彷彿とさせるようなコッテリ感があります。でもクセは意外と少ないので、どんなサラダにも合いそうです。

マスタードと醤油を加えて作ったマヨネーズソースをかけていただきました。

ちなみに友人によると奄美では、青パパイヤをサラダで食べたりしないそうです。
漬け物にします。瓜の漬け物みたいな感じになるそうです。食べてみたいな。

関連レシピ