冷凍卵かけご飯のレシピ。冷凍すると黄身が濃厚でクリーミーに変化!

投稿日:2016年2月15日 更新日:

冷凍卵かけご飯

冷凍卵かけご飯のレシピをご紹介します。

冷凍卵で作る卵かけご飯。
タレントの友加里さんが考案した、「濃厚クリーミー卵かけご飯」です。

黄身が濃厚でクリーミー

黄身の食感はトロッとしていて、味も濃厚。
また、ご飯はフワッと仕上がります。

調理のポイントは白身と黄身を分けること

調理のポイントは、白身と黄身を分けることです。
冷凍卵をレンジで解凍した後に、まず白身だけをご飯に混ぜ合わせ、それから黄身をのせます。
そうすることで、冷凍した黄身の食感が損なわれません。


なお、記事の最後では、TBSテレビの「ジョブチューン」で話題になった、友加里さんの「クリーミー卵かけご飯」のレシピも合わせてお伝えします。


(一部情報元:日本テレビ「得する人損する人」坂上忍の家庭で役立つ得ワザ 2016年2月11日、TBSテレビ「ジョブチューン」2019年5月18日放映)

冷凍卵かけご飯のレシピ

冷凍卵で作る卵かけご飯

友加里さんの「卵かけご飯」のレシピです。

材料

1人分
1個
ご飯 1杯
醤油 適量

作り方

  1. 卵を保存容器に入れ、一日冷凍する。
  2. 1を耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ(500w)で50秒加熱し、解凍する。(常温にしばらく放置し、自然解凍しても良い。)
  3. 白身と黄身を分ける。
    茶碗に盛ったご飯に白身を加え、空気を入れるようによく混ぜる。
    ご飯の上に黄身を落とし、醤油をかけたらできあがり。

写真をもとにレシピを説明します。

卵を冷凍する
【工程1】
まず卵を、1日くらい冷凍庫に入れます。

卵を冷凍すると、中の水分が膨張し殻が割れてしまうので、容器などに入れて冷凍するといいですよ。


冷凍卵の中身
ちなみに冷凍した卵の中身は、上の写真のように、白身が半透明になります。


解凍した冷凍卵
【工程2】
次に、冷凍卵を解凍します。

耐熱容器に卵を殻つきのまま入れ、ラップをして電子レンジ(500w)で50秒加熱します。

ちなみに上の写真は、解凍し終えた卵を割ったところ。
白身は普通の生の状態に戻りますが、黄身は、丸く固まったままです。


卵の白身を混ぜたご飯
【工程3】
続いて、白身と黄身を分けます。

そして白身だけをご飯にかけ、空気を入れるように混ぜます。

【調理のポイント】
白身とご飯を先に混ぜると、ご飯がフワフワになります。

冷凍卵ご飯
白身とご飯を混ぜて、その上に黄身をのせます。
醤油を適量回しかけたら、できあがりです。


冷凍卵の黄身を崩す
黄身を崩しながら、いただきます。

黄身は、とろっとしたクリーミーな食感が特徴で、生よりも味が濃く感じられます。

また、白身を混ぜたご飯のフワッとした軽い口当たりも、なかなかいいですよ。
黄身のこってりとした味わいが、さらに引き立ちます。

逆に少し気になったのは、醤油が黄身に染み込みにくいこと。
そのため、まず黄身を崩してから、その後醤油をかけた方が、より美味しくいただけると思います。

また、ネット情報によると、冷凍した黄身を醤油漬けなどにしてもイケるそうです。


黄身が濃厚でクリーミーになる理由

冷凍卵
ところで、なぜ、生卵を冷凍すると黄身が濃厚でクリーミーになるのでしょうか。

情報元のテレビ番組によると、次のようなことが考えられるそうです。

卵の黄身には、旨味成分とたんぱ質がたくさん含まれており、それらは卵黄球という膜のようなもので覆われています。
しかし、卵を冷凍すると卵黄球が壊れ、中にある旨味成分やタンパク質が出てくるため、味や食感が変化するというわけです。

冷凍卵を使うと時短にもなる

なお、冷凍卵を使うと、調理の時短にもなるようです。
たとえば、目玉焼き。
黄身はすでに固まっているので、白身に火を通すだけで完成します。

クリーミー卵かけご飯のレシピ

最後に、友加里さんが考案した卵かけご飯をあともう1品紹介します。
TBSテレビの「ジョブチューン」で話題になったレシピ。
「クリーミー卵かけご飯」です。

こちらは、冷凍卵ではなく、普通の生卵を使います。

材料【1人分:調理時間10分】
1個
醤油 適量
ひとつまみ
ご飯 1杯分
作り方
  1. ご飯を茶碗に盛る。
    卵を白身と黄身に分け、白身だけをご飯にかけ、醤油を加え、箸で30秒ほどよく混ぜる。
  2. 黄身をボールに入れ、塩をひとつまみ加え、泡立て器でムース状にする。
  3. 2を1にかけたらできあがり。

当サイトではこちらは試していませんが、その名の通りクリーミーで、そのうえふわふわ食感で、とても美味しいそうですよ。

関連レシピ