みょうがの味噌汁レシピ。合わせる具材は絹豆腐!風味を活かすコツも紹介

投稿日:2020年7月3日 更新日:

みょうがの味噌汁

みょうがの味噌汁のレシピをご紹介します。

みょうがと絹豆腐を具材にしたお味噌汁で、作り方はとても簡単です。

だしと一緒に絹豆腐を加熱。

みょうがの味噌汁 火を弱めてから味噌を溶き入れて、刻んだみょうがをトッピングすれば完成です。

みょうがの加熱は控えめに

調理のポイントは、みょうがに火を入れすぎないことです。
そうすると、みょうがの風味が際立ちますし、また、シャキシャキとした食感も残りやすくなります。

一口飲むと、みょうがの香りがフワッと鼻に抜けていき、あとから、ダシの旨みがじんわりと広がります。
爽やかな朝にぴったりの一品ですよ。

みょうがの味噌汁

みょうがの味噌汁のレシピ

「みょうがの味噌汁」のレシピです。

材料【2人分:調理時間5分】
みょうが 1個
絹豆腐 150g(1/2丁)
味噌 大さじ1程度
だし汁※
和風顆粒だし 小さじ1弱
350ml

※鰹だしなど(350ml)でもOK。

作り方
  1. みょうがを縦半分に切り、縦に薄切りにする。豆腐をさいの目に切る。
  2. 水・和風顆粒だし・豆腐を鍋に入れ、豆腐を温める。
    火を弱め味噌を溶かし入れ、みょうがを加えたら出来上がり。

写真をもとにレシピを説明します。

味噌汁のみょうがの切り方

みょうがの味噌汁の切り方
【工程1】
最初に、みょうが(1個)を切ります。

手順は、まず、みょうがを縦半分に切ります。


みょうがの味噌汁の切り方
あとは、切り口を下にして、縦に薄切りにしたらおしまいです。


豆腐のさいの目切りの切り方
次に、絹豆腐(150g:1/2丁)をさいの目切りにします。
さいの目切りとは、1センチ角に切り分ける方法です。

手順は、まず、横に包丁入れ、豆腐の厚さを1センチくらいにします。


豆腐のさいの目切りの切り方
後は、端からそれぞれ1センチくらいに切れば、お終いです。

豆腐のさいの目切りのやり方


鍋でだしを加熱する
【工程2】
続いて、水(350ml)と和風顆粒だし(小さじ1弱)を鍋に入れます。

かつおだしの取り方 顆粒だしを使うと簡単にだしが作れますが、時間がある時は、ひと手間かけて、かつお節などを使うのもおすすめです。

味噌汁は、だしの種類を変えるだけで、まったく違った味わいが楽しめます。
だしの取り方は、下のリンク先を参考にしてください。

かつおだし
かつお&昆布だし
煮干しだし
煮干し&昆布だし
市販のだしパック


鍋に豆腐を加える
そして、豆腐を加えて温めます。

この工程は、グラグラと沸騰させ続ける必要はありません。
豆腐が温まる程度に火を入れればOKです。


鍋に味噌を溶かし入れる
豆腐が温まったら、火を弱め、味噌(大さじ1程度)を溶かし入れます。


味噌汁にみょうがを加える
最後に、みょうがを加えたら、すぐに火を止めます。

【調理のコツ】
みょうがは、風味が飛ばないように最後に加えます。

みょうがの味噌汁
みょうがへの加熱を最小限に抑えているので、みょうがの香りが消えずに残り、爽やかな風味を楽しめます。

また、みょうがと絹豆腐の相性も良好。
シャキシャキした食感と、ツルッと柔らかな食感が合わさることで、それぞれの良さが引き立ちます。

みょうがの風味と食感を味わうのにぴったりな、とても美味しいお味噌汁のレシピです。
忙しい朝でも簡単に作れるので、ぜひお試しください。

関連レシピ